ローンを申し込むときには保証人を必要とするケースがありますが、車のローンでも必要なのでしょうか。

 

実は現在、車ローンを利用するときに保証人が必要なケースと必要でないケースがあり、このことは保証会社で変わってくることが分かりました!

 

こちらでは次の3つが分かります。

 

  • 車ローンに保証人が必要なのか
  • 保証人が必要になる場合
  • 保証人と連帯保証人の違い

 

では、さっそく車ローンに保証人が必要かをみていきましょう!

原則保証人は必要ない

車ローンでは保証人は原則として必要ありません。

 

不動産などのローンを除けは、最近は無担保融資が主流になってきていて、車ローンについても同様です。

 

このことは別途保証会社が付けるということですが、費用について特別に請求されるということはありませんので、保証人も要らないし費用も必要ありません。

 

このことについて、主要なローンについて調査しましたので、その一部をご確認ください。

 

↓イオン銀行:自動車ローン説明ページより↓

イオン銀行自動車ローン保証人資料

 

↓農協:JAのマイカーローン説明ページより↓

JAのマイカーローン保証人資料

 

↓三菱東京UFJ:ネットDEマイカーローン説明ページより↓

三菱東京UFJ銀行ネットDEマイカーローン保証人資料

 

↓静岡銀行:マイカーローン説明ページより↓

静岡銀行マイカーローン保証人資料

 

↓ホンダ:クレジット説明ページより↓

ホンダクレジット保証人資料

 

集めてみてわかったのは、メーカー系のクレジットはなぜだか商品概要(ローン・クレジットの説明ページ)を発見がなかなかできませんし、あっても相当短いということが確認できます。

 

ホンダについては発見することができましたが、それでも見つけやすさで銀行との差はかなりあります。

 

そもそも保証人のことも特に言及はなかったですし。

 

何か事情があるのか分かりませんが、銀行系とメーカー系のローン・クレジットについての差は金利以上に深そうです。

 

話はそれましたが保証会社による保証でビジネス上、問題が起きていないこともあって、現在の融資については無担保・保証人なしが主流で、これは車ローンにも言えることですね。

保証人が必要になるケース

現代の車ローンでは基本的には保証人は必要ありませんが、保証人が必要になるケースがあります。

 

↓武蔵野銀行:むさしのマイカーローン説明より↓

武蔵野銀行マイカーローン保証人資料

 

見てわかるように車ローンでは保証人は必要ないのですが、その保証会社が連帯保証人を必要とするケースがあるわけです。

 

次にその状況をみていきましょう。

信用力が必要な人

武蔵野銀行のローン説明で答えが出ているようですが、学生・パート・アルバイトなど、信用力に不安がある場合には連帯保証人を付けることが要求されます。

 

ちなみに、ジャックスを保証会社として利用するケースはほかの車ローンでもありますから、もしかするとローン説明には書いていませんが、ふたを開けてみると連帯保証人が必要になる可能性があります。

 

つまりは、武蔵野銀行は丁寧な書き方をしているということになるかもしれません。

未成年(制限能力者)

車ローンについては、20歳以上を対象にしている場合が多いですが、18歳でも融資を受けることができるローンがあります。

 

こんなときには親などの同意と連帯保証人を要求するケースが多いですがそれは当たり前のことです。

 

そして実際問題としては、未成年者が車を買う場合に親の信用力を利用したほうが有利な場合が多いですから、子供の自立を推奨している厳格な親でなければ、子供が車ローンを組むことは少ないかもしれません。

保証人と連帯保証人の違い

保証人と連帯保証人の違いを簡単にいえば、保証人よりも連帯保証人のほうが責任が重いということです。

 

というのも、連帯保証人は債務者に何かあれば債権者は債権者に要求するのと同じように債権の回収を主張できるからです。

 

それに対して、保証人ではまずは債務者に請求するように要求することができます。

 

ただし、債務者が結局車ローンを返せなくなれば結局同じですね^^;

審査が不安な人は簡単診断で確認

ここまで見てきたように近年の保証システムは完成されてきていて、昔のように保証人や担保を必要としなくなりました。

 

保証料も無料とありますが実際には車ローン融資側が負担しているために、その負担はかなり間接的にですが各企業でどこかしらからしっかりと徴収されています。

 

ただやはり保証人を立てなくてよいのはとても楽であり、わざわざ車を買うぐらいで親戚や親などに頭を下げるのは正直嫌なものなので助かります。

 

そして、一部信用力の面で難がある場合には、車ローンの会社からではなく保証会社から保証人が必要とする場合がありますので、一概にすべての車ローンが保証人不要ということにはならないことを知っておいてください。

 

保証人は不要だと思ったら審査する段階になって必要と言われるケースもあるということです。

 

個人的な所感としては、年収200万円あたりに一定のラインがあるように思えます。

 

これは時代や車ローンの会社、個人の債務状況、保証会社のリスクをどこまでとるかによりますが、一つの参考にしてほしいと思います。

 

そこで、車ローンで審査が不安な方は、まずは金額的に借りられるのかを試してみましょう。

 

意外に低金利で厳しいと思っていた人が借りられるというケースもありますからね。

 

わざわざ高い利息を払う必要はなく、車ローンを借りるときには審査が不安でも金利の低いところからチャレンジするようにしてください。

 

⇒低金利ローンが借りられるか5秒で調べたい方はこちら【無料】

 

以上、「車ローンに保証人は不要?必要なケースを話します」でした。

 

お役立ていただければ幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

なびくるバナー