車ローンを利用するてきにはできる限り低金利で借りたいですが、金利が低ければその分審査が厳しく、金利が高ければその分審査が甘い・ゆるいと言われています。

 

これは紛れもない事実ですが、実は「低金利で借りられるけど高い金利を払っている人がいること」を知っていますか?

 

こちらでは、審査が甘いと言われる車ローンについて次のことが確認できます。

 

  • 5秒で借りられるか簡単にわかる!
  • ディーラーと銀行はどちらが借りやすいのか
  • 審査に落ちる理由・特徴

 

では、さっそくですが低金利の銀行ローンが借りられるかをお話ししていきます。

 

まず銀行系ローンの仮審査が通るか確認

面倒な話抜きにして、まずはあなたが銀行系のローンが借りられるか、年収と借り入れ状況で確認してみましょう。

 

↓PCでの5秒診断画面↓

静岡銀行マイカーローン診断1

 

借入状況には「月々の支払額」を入力する点に注意してください。

 

⇒いくら借りられるか5秒診断をする方はこちら【無料】

 

意外に借りられる判定をもらえることが多いのですが、あなたはいかがでしたか?

 

実際にすべての方が希望通り借りられるとは限りませんが、銀行系の低金利ローンは思ったよりハードルが低いことを実感できたはずです。

 

ただ、これは簡単な判定ですから「診断では借り入れ可能だったけど実際のところはどうなのか?」というところが知りたいですよね?

 

このこともあって車を買うタイミングの親戚で実験しましたので結果を見てください。

 

↓仮審査申し込み完了のメール↓

しずぎん仮審査申し込みメール

 

親戚のスペック

  • 雇用形態:正規雇用
  • 会社規模:地方の中小企業(従業員30名以下)
  • 年収:250万円
  • 勤続年数:1年未満
  • 借入希望額:350万円

 

お世辞にも年収が良いとはいえず、勤続年数など考えれば普通に考えれば審査落ちすると予想していたのですが、意外に仮審査が通りました。

 

↓審査が通ったときの告知↓

しずぎんマイカーローン仮審査通過状況

 

ちなみに多くの場合、審査が通らないというのは仮審査で落ちていて、例えば嘘をついて仮審査申請をしたなどがなければ、多くの場合そのまま本審査を通せます。

 

また、仮審査が通ってしまったことに加えて、年利が最低の「2.4%」で借入できると返事がありました。

 

これって結構驚きではありませんか?

 

例えば金利が「2.4%から3.4%」とあれば、だいたいの場合は「3.4%」となることがほとんどですし、親戚のスペックを考えると(本人に怒られるかもしれませんが)、低金利で借りられるというのは難しいと考えてしまいます。

 

やはり「実際に審査してみないとわからないことが多かった」というのが正直な意見で、このことは低金利で借りられるのに、高金利でローンを組む人が多い人に気が付いて欲しい点です。

ディーラーと銀行:どちらが甘いのか

最初に言ったことですが、金利が高い場合は審査が通りやすいというのは事実です。

 

そうであるならば、比較的高金利のディーラーローンと低金利の銀行ローンでは、当然ディーラーローンのほうが甘いと言えますね。

 

ただし、ディーラーローンが「金利が高いことで審査が甘い」という理由で選ばれているわけではないことを知っていますか?

 

実は銀行系で借りられる方がディーラー系で借りているということも少なくありません。

 

この一番の理由は、銀行系ローンで借りるのは時間がかかるという点です。

 

つまり、ディーラー系のローンは金利が高い分、審査を通しやすい・落ちにくいということもありますが、多くの場合には銀行系で借りている時間がないというケースで利用されるのです!

 

このことはディーラーなど販売店側の事情もあり、販売店では特定の融資を決めると報奨金が入ってくるために、自分のところのローンをどうしても使ってほしいのです。

 

もちろん、担当者も低金利ローンが借りられるだろう人とわかっていても、そこはビジネスなので期間があまりないことや、手続きが簡単であることを理由に、また値引きなどの交渉材料を使って、高金利ローンを勧めているわけです!

 

このように、販売店側にも高金利ローンを利用してもらう理由がありますので、何も考えないでディーラー系のローンをうっかり利用するなんてことは無いようにしたいものですね。

 

基本的には、ディーラーローンは金利が高いですからもったいないです。

低金利で借りられるのに高い金利を払う必要はない

あえて説明する必要もないと思いますが、高い利息を払う必要もないのにそれを払うのは完全な無駄金です。

 

というのも、利息は少なければ早くローン返済も終わりますから、さらに利息を少なくてよいわけで、あわせて月々の支払も減らすことができるなど、極力払う必要がないお金は払わないようにするべきです。

 

ここまで見てきた方ならわかると思いますが、銀行系のローンは仮審査に2週間から3週間と時間がかかるので、事前に準備することが大切で、それなしに車を買おうとすれば、当然販売店側の交渉にやられてしまいます。

 

実は現在、銀行系ローンでも事前審査をすることが可能になり、車を買う前から、もっと言えば車購入を考えたときから、先に仮審査を通しておけるようになりました。

 

このことで販売店で高いローンを勧められることはなくなりますし、仮にディーラーローンの金利が銀行系より低かったり結局ローンを使わなくても、仮審査を通しても面倒な手続きなく無料でキャンセルすることも可能です。

 

つまりは、車を買おうと考えたときに審査をしておくことが、「無駄にお金を払うことなく」また「いつ審査が終わるのか待たされる必要もない」というわけです。

 

仮審査の有効期限は1年なので、多くの場合には前もって審査を通しておいて足りないということにはならないでしょう。

 

もし、あなたが車を買う場合に無駄に多くの利息を払いたくないなら、できる限り早く審査を通しておくと良いでしょう。

 

車を買う段階になっていざ審査するといってもちょっと遅すぎますからね、時間は戻せません。

 

⇒まずは5秒診断で借りられるか確認したい方はこちら

 

⇒今すぐ仮審査を通しておきたい方はこちら【無料】

 

なぜ審査に落ちてしまうのか

私は銀行の中の人ではありませんから、一つの所感でしかありませんが、車ローンの仮審査通過率は35%から50%というところで、景気変動や時期、融資元のリスクをどのぐらいとるかで、多少の変動があります。

 

とはいえ、審査が通る人は通るのに、なぜか審査が通らない人もいるのです。

 

途中で説明したように、私の親戚は借り入れの条件として、勤続年数は1年未満だし年収も高くありませんから、銀行系の低金利ローンは通らないのではないかと思いきや、実際には良い条件で通することができました。

 

つまり、車ローンの審査が落ちる・落ちないについては、年収や条件など一般に言われている他に、もっと様々な要因があるということになります。

 

次に説明していくのは、年収と審査の基準、そして審査が通らない理由と、どういった人が審査に落ちてしまうのかをみていきます。

年収と審査の基準

ローンを借りる場合には当然ですが、年収は多ければ多いほうが返済能力が高くなりやすいですから、有利なのはいうまでもありません。

 

ここで年収というよりも返済能力が重要であるということを改めてお話ししておきます。

 

例えば600万円の借金をする人が年収1000万円であっても、来年には年収100万円になれば、返済能力はこの変動分も考慮しなければいけません。

 

反面、350万円の借金をする人が年収250万円でも、雇用契約が安定している場合には、ある程度返済計画を考えることが可能ですから、上の例よりも銀行側としては貸しやすいということになります。

 

つまり、銀行が貸し出しを考えるうえで返済能力を見る場合は、年収の数字というのはあくまでも一時的な返済能力であって、貸し出し期間内すべてで考えることがわかってもらえるはずです。

 

このこともあって、多くのローンでは年齢が70歳以上の場合にはローン契約がとても難しくなり、多くの場合に融資の条件で適用外にされています。

 

さて、ここまで例をあげて説明してきましたが、実際にどのような要素があるのか簡単にみていきたいと思います。

審査が通らない理由

車ローンの審査が通らない理由については、特定の条件があればそれを理由に審査落ちする場合もありますし、量的な判断をされる場合があります。

 

例えば過去に返済が遅れたり自己破産をしている場合には、審査落ちする特定の条件ですし、他社借り入れを考えたうえで返済能力が厳しいと判断されるのは量的な判断ということになります。

 

それらの審査が通らない理由を簡単に解説していきます。

ブラックリスト

いわゆるブラックリストがあるのかどうかといえば、正式には無いと言われますが実質的にはもちろんあります。

 

というのも、貸金業や割賦販売など融資を行う業者同士が、顧客の貸し倒れリスク情報(返せないで自己破産・任意整理をする可能性)を共有するといったことをしています。

 

恥ずかしい話ですが参考にしてもらえたらと思い公開しますが、カードで買い物をしてキャッシングなどもたくさんした結果、ジャパンネットバンクから貸し出しの制限を受けました!

 

↓ジャパンネットバンクから来た限度額減額メール↓

JNB借入限度額減額メール

 

これはカードローンの話ですが、自動車ローンなどでもこのように顧客の貸し倒れリスク情報は共有されていて、過去に何かあれば何かしらの対処をするということがあります。

 

話はそれましたが当然、支払い遅延などの金融事故があれば、それを理由に融資を断る場合があるということを知っておきましょう。

 

ちなみに、業者間で共有している情報については年月が経てば消去されますが、支払い遅延などを受けた業者独自のリストは消去されずに残っているといわれています。

 

そのため、過去に金融事故を起こしてしまった場合の業者を利用するのは注意したいところです。

勤続年数

勤続年数については、融資側のリスクをどこまでとっていくのか、という姿勢次第で変わるものかと考えています。

 

また、車ローンの条件で勤続年数を条件にしている場合があり、原則的に条件で設定されていた場合にはあきらめるほうが無難です。

 

ちなみに、途中で話に出した親戚が行った車ローン審査は勤続年数1年ですから、当然通りにくい条件を満たしています。

 

問題なく審査が通ったことと提示された金利が低いこともあって、つまり勤続年数は多くの場合、致命的な条件にならないと考えられます。

 

もちろん、勤続年数が長いことは評価されますので、一般に言われる3年以上必要なんていうのは業者によるところなのかもしれませんね。

在籍確認

車ローンの審査を受けるときに在籍確認できない場合には、かなり不利であると考えたほうが良いです。

 

というのも、仮にあなたがビジネスとしてお金を他人に貸す場合、返せるあてがあることは必須条件だと思います。

 

返せない人にお金を貸すのは、よっぱど困っている友人や親せきに貸す場合だけでしょうし、貸さないとしてもそれは別に冷徹な人間という印象は受けないでしょう。

 

ただ、ビジネスであれば継続してそのことを行っていかなければいけないですから、返せないことで損害が発生しますし、次に貸すお金もなくなってしまいます。

 

こういったこともあって、在籍確認がない正規の融資というのはほとんどないと考えてよいはずですから、あまり無いと思いますが在籍確認ができない仕事の場合には相当不利であるという点は覆せませんね。

 

ちなみに在籍確認を嫌がる方もいますが、在籍確認を受ける勤務先の担当者に車ローンの審査都合で電話がかかってくることを伝えれば何も問題ありません。

 

ある意味では従業員の融資において、信頼情報を与えるのも会社の仕事ですから、その点で在籍確認で信用を得ることはあなたの権利でもあるといえますから、堂々と電話対応をお願いしたらよいものなのです。

住宅ローンと車ローン

住宅ローンがあると車ローンが通らないのではないかという疑問があります。

 

実際に他社の借り入れが多いと融資を断られることもありますので、住宅ローンも影響は当然あります。

 

しかしながら、一般の借り入れと同じように計算するとだいたいの住宅ローン持ちが融資を通すことができません。返済能力にはそれほど問題ないのにも関わらずです。

 

そこで、このことは車ローンを貸す側として客が減ることになりますので、一般の借り入れとは違う計算をしますので、返済能力に問題がないとしたら普通に審査を通して車ローンを借りることができます。

 

私の周りにいる人を例に出すと、「住宅ローンで3000万円の借金をしましたが350万円の車ローンを利用することができました」から、金額的にはこのように問題ないことが確認できます。

 

ちなみに逆に、つまりは車ローンがあって住宅ローンを組むときには、住宅ローン融資審査で車ローンが不利になるので、ローンで買う場合は家が先で車が後のほうが望ましい判断と言えます。

他社借り入れが多い場合

他社借り入れが多い場合には、車ローンの審査で当然不利になります。

 

とはいえ、返済能力があるかどうかの計算がクリアできるならそれほど問題にならないですが、枠いっぱい借りると私のように悲惨な事態になります。

 

↓ジャパンネットバンクから通知された限度額減額メール↓

JNB借入限度額減額メール

 

つまり、借り入れがあるからという意味でも若干の審査落ちに影響はありますが、借り方についてのほうが審査落ちについてもっと大きな影響があるでしょう。

年齢

多くの車ローンは20歳以上で70歳未満を条件にしています。

 

20歳部分は業者によって、18歳で保証人などや親権者の同意書があれば借り入れ可能というケースもありますが、こんな場合にだいたい保証人となる親が借りることになるケースは多いはずです。

 

問題があるのは高齢な場合です。

 

70歳未満ということは69歳までということになりますがこれは条件であり、実際はもっと早い段階から返済能力について検討されることが多いはずです。

 

あまり言いたくはありませんが、どうしても高齢になると死亡リスクというものがかかわってくるので、死亡を持って貸し倒れということも現実的になってくるわけです。

 

業者も慈善事業ではありませんから、貸し倒れの可能性が高い人にお金は貸せません。

 

こういったこともあって、高齢であると死亡のよる貸し倒れの可能性が高くなりますので、年齢はかなり不利な条件といえるでしょう。

審査が通らない人の特徴

ここまでは審査が通らない理由についてみてきましたが、次には審査が通らない人という見方をしていきます。

 

当たり前ですが、いわゆる「社員」、つまりは正規雇用が非正規雇用より有利なのは、返済期間を考えたうえでの返済能力が高いことが理由でした。

 

ただ、2000年に入ってからは非正規雇用での勤務形態も、特に珍しいものではなくなってきており、業者としても返済能力が低いという理由で貸し付けを断ると、融資する先がなくなってしまうこともあって、収入が認められるならば貸し出しできるということも昔より多くなっています。

 

ここで重要なのはやはり返済能力というわけですが、その点においてそれぞれの状況をみていきたいと思います。

アルバイト・パート

アルバイトやパートが車ローンを借りられるかどうかといえば、特に問題なく借りられるという場合が少なくありません。

 

というのも、短期間に職を変えるという場合を除けば、非正規雇用であっても継続的に収入を得ている点は正規雇用と同じだからです。

 

つまり、これは実績がものをいうものだと考えていて、非正規雇用でも1年以上特定の場所から継続的に収入があれば、それは継続して得られるものと考えることもできます。

 

こういったことは業者によってもリスクをどれぐらいとるかで変わってくることですが、つまりはアルバイトやパートを理由に車ローンを絶対断られるということはありません。

個人事業主

車ローンの審査において、個人事業主はアルバイトやパート以上に厳しい可能性があります。

 

というのも、これも車ローンを貸す業者次第、あとは個人事業の状況次第ですが、個人事業というのは誰でもすぐに名乗ることができますので、何か証明するものがなければその実態はつかめません。

 

あなたが逆にお金を貸す立場ならば、実態がわからない人にお金を貸すでしょうか?

 

このことから、個人事業主は実態が把握しづらいという点で融資が難しいことに加えて、貸し倒れリスクも大きくなっています。

 

事業を始めて5年後にはほとんど(業種にもよるが5割から9割)が廃業しているという事実を考えると、そのついでに自己破産されたのでは貸し出した業者としては損害を被ります。

 

個人事業主が車ローンを借りる場合には、事業の損益計算書や貸借対照表、または事業者の前年確定申告、また事業計画書なども必要になるかもしれません。

 

いずれにしても、事業が儲かっている状況証明する必要があって初めて融資ができるものと考えるほうがよく、かなり融資が厳しい属性であると言えます。

専業主婦

こちらでいう「専業主婦」とは、現在収入がなく返済能力を考えたうえで0円と評価される場合をいい、パートなどは含まないものとしています。

 

専業主婦については多くの場合に世帯全体として評価されるか、またこの場合主婦の配偶者が融資を受けたほうが早い場合があります。

 

配偶者に頼ることができない難しい状況だからこそ専業主婦が車ローンを組みたいと考えるかもしれませんが、実際には返済能力があるかどうかを考えれば厳しい状況といえます。

 

かなり極端な例ですが、専業主婦でも医師免許があるなど、お金を生み出す能力が証明される場合は話は別かもしれませんが、全く返済能力がない場合は難しいということになります。

大学生

大学生であることを理由に車ローンの融資を断られるということはないでしょう。

 

重要なのはやはり返済能力があるかどうかで、例えば最近はビジネスをしている大学生も少なくありませんが、こういった場合に返済能力を証明できれば問題なく審査が通る可能性もあります。

 

逆に返済能力がないのにも関わらずお金を借りることはできず、こういったことをできるのは奨学金ぐらいと考えてください。

退職・転職

退職や転職は車ローンを借りるうえで不利になります。

 

というのも、退職は返済能力が下がることを意味しますし、転職については勤続年数の点でマイナスにはなりませんが、プラスの材料がリセットされるということになります。

 

これは推奨しているわけではありませんが、融資を受けるための審査は退職や転職前に済ませておくというのは、生涯雇用慣習が無くなり転職をすることが当たり前になったことに、融資の審査基準が追い付くまで常識になっているのかもしれませんね。

派遣

派遣、つまり非正規雇用であることを理由に車ローンを断られることはないでしょう。

 

ここでも重要なのは返済能力があるかどうかで、非正規雇用の場合にはその実績を求められることが多いです。

 

つまり、勤務して1か月ではさすがに車ローン融資も難しい場合がありますが、1年を超える場合には非正規雇用であることが極端にマイナスの評価を受けることはないと考えています。

フリーター・無職

アルバイト・パートとほとんど同じ意味合いですが、こちらは特にアルバイトで生計を立てているということでのフリーター・無職となります。

 

フリーターや無職を理由に車ローンを断られるということは業者によるところはありますが、実際には返済能力を見ることが多いために、フリーターや無職であるから車ローン審査をそれだけで落ちるということはないでしょう。

 

ここでも勤務している年数や、ある程度継続して収入を得ていると認められる場合には、車ローンが通ることもありますからね。

 

今後はフリーターで生計を立てるという人も特に都市圏では増えるものと考えていて、業者としてもリスクを適切に評価できるようになれば、フリーターや無職では車ローンは借りられない、ということも一般常識から変わってくるものと考えています。

低金利ローンから借りられるか試す

重要なことは、審査が厳しいと考えていたが試してみたら意外に低金利ローンが通るという方は実際は多くいるということです。

 

ただし、低金利ローンは主に銀行での融資となりますが、審査期間に2週間から3週間と長めにかかる特徴があります。

 

つまり、いざ車を買おうとすればその時にすぐに用意できるものではありません。

 

このことがディーラーでの高金利ローンを利用する理由になり、せっかく低い金利で済むのに高い利息を払うことになるのです。

 

したがって、車を選んでいる段階から車ローンを考えておくことが、無駄に高い利息を払わずに済む秘訣となります。

 

今は車を購入する前から仮審査までを事前に通して、「1年間利用を保留」にでき、「使わなくても特に面倒な手続きもなく無料でキャンセル」できます。

 

もしあなたが車を買ううえで少しでもお金で損をしたくないと考えているならば、今すぐ仮審査だけでも通しておくようにしてくださいね!

 

⇒仮審査を先にできる低金利ローンの詳細【無料】

 

以上、「車ローンで審査が甘いのはここ!通らない人でも銀行系で借りる方法」でした。

 

お役立ていただければ幸いです。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】