福祉車両を売る場合にはどこに売ればよいのか、悩んでしまいますよね。

 

当然、使い古してある車ですから、「むしろ売れるのかなー」なんて考えてしまうかもしれません。

 

そんな方に朗報です!実は福祉車両はしっかりと売れるんです!

買取業者で普通に売れる

車を売るときには買取業者に対して査定を申し込みますが、福祉車両も同様に買取業者に依頼しましょう。

 

⇒福祉車両を買取する業者に査定を申し込むならこちら

 

つまりこれは、福祉車両が普通に一般で売れる車であることを意味しています。

 

普通に考えてみれば役立つ車に価値がないということは変な話で、必ず利用分の価値はあるはずです。

 

福祉車両は今後日本の社会を支える車として、自動運転の車が登場するまでは利用されますから、普通に需要があるということです。

高値の査定が出やすい福祉車両

やはり車を売るならばできる限り高く売りたいと考えますが、さすがに古い福祉車両だと売値もそれなりになります。

 

ただし、福祉車両においても再社から複利車両グレードとして購入した場合にはその価値は高く、後から改造するものよりも高値で売れる場合が多いです。

 

確かにもしあなたが福祉車両を中古で買おうと考えれば、最初から福祉車両として流通している車のほうが安心できますよね。

 

そんなこともあって、福祉車両で高く売れる車は最初から改造されている車ということになります。

 

とはいうものの、実際に売ろうとする車を選ぶことはできませんから、次にみていくのは少しでも高く車を売るためにはどうすればよいのかということを見ます。

売るまでにしたほうが良い準備

世間一般にいう車を売る前に洗車をしたほうが良いというのは半分正解で半分不正解です。

 

というのも、洗車することが車を高く売ることにつなげるわけではないからです。

 

車を売るならば洗車よりも書類をそろえておいたほうが良いです。

 

書類をそろえるうえで一番手に入れるのが面倒なのは印鑑証明書と住所が変わった場合な住民票です。

 

実は残りの書類については、車のグローブボックス(助手席前のポケット)に入っていますので、印鑑証明書と実印を用意すれば、紛失さえしていなければ、あとは簡単にそろう書類というわけです。

 

車を売るときの書類は次の6つです。

 

  • 車検証
  • 自動車税納税証明書
  • 印鑑証明書
  • 実印
  • リサイクル券
  • 自賠責保険証
  • 住所が変わっていたら住民票

 

他にも譲渡証明書や委任状も必要とありますが、買取店が用意しますので個人売買などでない限りは気にする必要はありません。

 

これらを用意しておくと車を売るつもりがある人と査定士が見てくれるので査定額を積極的につけてくれる可能性があがります。

 

引き渡し日が決まっていたら書類がそろっていることとその日を告げることで、しっかりと査定を出してくれる可能性が高まりますよ。

売る相手はしっかり比較して決める

最後に売る相手はしっかりと比較してから決めるようにしてください。

 

というのも車買取業者も実は車を安く買いたいと考えているからです。

 

車買取業者はあなたから買った車を業者オークションだったり店頭販売で換金しますが、車を安く買った分だけ利益が増えるので当然の行動ですよね。

 

ただし、この車を安く買うということができるのは、競争相手がいない場合やあなたがすぐに車売却先を決めてしまうときです。

 

競争相手がいる場合には相手に勝つために査定額を上げなければいけないので、自然に車を高く売ることができるということになります。

 

他にも車を高く売る方法としてはいろいろありますが実際に効果がある方法としては、すぐに車を高く売らないことと、査定額を比較してから車を売る業者を決めること、そして書類を用意して査定額を積極的につけさせることです。

 

なお、買取業者に依頼する場合にはネットから申し込むと便利なので、もしこれから福祉車両を売ろうと考えているならば詳細を確認してください。

 

⇒ネットから査定を申し込むならこちら【利用無料】

 

以上、「福祉車両は買取業者に売って良い?」でした。

 

お役立ていただければ幸いです。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】