【質問】車を売ろうと思ったのですが、リサイクル券が見当たりません。

 

こんなときは再発行をしなければいけないでしょうか?

 

もし、再発行やリサイクル券の処理について注意点があれば教えてください。

 

よろしくお願いします。

リサイクル券は車を売るときに必要なので再発行しなければいけない

【回答】リサイクル券は車を売るときに必ず必要です。

 

そのため、再発行しなければいけません。

 

車を廃車するにしても売るにしても必ず必要になるので、リサイクル券を紛失してしまったら必ず再発行を行うようにしましょう。

再発行の手順は本当に簡単だがプリンターが必要

多くの書類と異なり、リサイクル券は支払いが終わっているときにはインターネットなどで確認することが出来ます。

 

そしてインターネット上から書類を確認して、そのままプリンターで印刷することが可能です。

 

これはリサイクル券自体に効力があるわけではなく、車両自体にリサイクル料金を拠出されていることが重要である表れでしょう。

 

それならリサイクル料金の券はいらないじゃないか!と思うかもしれませんが、それとこれとは違うようです。

 

ここでは、リサイクル券の再発行は容易であることがあなたに役立つというところで考えをとどめておくほうが良いでしょう。

 

なお、自宅にプリンターがないならば、現在はコンビニエンスストアのセブンイレブンでコピー機をプリンター代わりに利用することも出来ますので合わせて確認してみてください。

 

⇒リサイクル料金の拠出確認と再発行はこちらから

 

⇒セブンイレブンのネットプリントはこちら

車を売ったらリサイクル料金は査定額にプラスされて評価される

ところで車を売ったときにリサイクル券はどのような取扱になるかご存知ですか?

 

実はこれ、廃車をしたときの費用を前払いしていますので、払い戻しを受ける権利を有しています。

 

つまり、あなたが払ったリサイクル料金は戻ってくるのです。

 

ただし、売るときにはたいていは査定額の中に含まれて評価されているケースがほとんどです。

 

業者によっては、うまくごまかして取得してしまう可能性がありますので、査定額の項目にリサイクル料金の払い戻しや評価がないならば、必ず質問をしてください。

 

あなたには正当にリサイクル料金の払い戻しを受ける権利がありますが、権利は主張しないと効力が無い場合がありますので気をつけてください。

車を売ると決まったら手早く再発行をしてしまおう

途中でお話したように、車を売るにしても廃車するにしても絶対にリサイクル券が必要になります。

 

券自体はそれほど重要ではなく、再発行が容易なのは大変ありがたいことです。

 

いずれにしても必要ならば、手間が取れるうちに再発行手続きをしておきましょう。

 

そして、再発行したら今度は紛失しないように車検証と同じファイルに入れておいてください。

 

なお、自動車税納税証明書(いわゆる領収書)も車を売るときに必要で、思ったよりも紛失が多いのでこちらも車検証にまとめておくと良いでしょう。

 

以上、車を売るときにお役立てください。

あなたは下取査定が安すぎる!と感じたことはありませんか?

多くの方は車を買い替えるときは今乗っている車を下取に出しますが、残念なことに多くの方が実際の価値よりも安く車を手放しています。

なぜこのようなことになるかといえば、下取をするディーラーは競争する相手がいないからです。

あなたから下取した車は転売して利益を出しますが、できれば安く買いたいのが本音です。

そのため、競争相手がいないことやあなたが文句を言わないこともあって安く仕入れることができています。

損をしないためにはあなたの車の価値を知ることで解決

もしあなたが車の価値を知っていたら安く手放すことはありませんよね?

車と価値を調べる方法は簡単で、買取業者からも査定依頼を受けることです。

実は車の下取は新車の値引きに評価額が充てられますが、買取した金額を購入費用に充てても実質的には同じです。

下取をすると決めていたとしても交渉する材料になりますので、損をしないために車の価値を知っておいてください。

⇒下取りの見直しをするために詳細を確認する【無料】

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】