車購入時にクレジットカードでの支払いが出来るのかという質問があります。

 

当然ながら、利用限度額内であれば使えるはずですが、ディーラーでは車体価格の支払いにおいては難しいようです。

 

今回は、車購入時にクレジットカードの支払いができるのかということと、その答えの理由についてお話します。

拒否される場合がほとんど

クレジットカードでの支払いについては、ディーラーで車体価格に対して利用しようとすると、拒否されるケースがほとんどでしょう。

 

ディーラーではクレジットカード加盟店として掲げているにも関わらず、このようなことが可能なのか?と考えてしまいますが、法的には問題ありません。

 

ただ、使えると掲げているのになぜ?という疑問は抱いてしまうはずです。

 

特に例えばディーラー系のクレジットカードであったり、さらに過去にその販売店で作ったものであればなおさらですよね。

 

次に車体価格の支払いでクレジットカードが使えないという理由についてみていきます。

 

なお、日産カードにおいては車体価格についての支払いが出来ないことを明記しています。

⇒日産公式ページ:お支払い方法についてのページ

なぜクレジットカードが使えないのか?

車体価格の支払いについて、クレジットカードが使えないのは、手数料の問題があるからです。

 

クレジットカードは決済した金額について、数パーセントの手数料を取っています。

 

車体価格はほとんどの場合、とても高い金額になりますので、この手数料も大きな金額になります。

 

そして、販売店では様々な名目で値引きを行っているために、そこからさらに手数料を払うといった場合には、利益が小さくなってしまうことが、車体価格をクレジットカードで支払うことを拒否する理由でしょう。

 

それでは、前にあげた日産カードなどのディーラー系クレジットカードはどういったときに利用するべきなのでしょうか。

どんな場面でクレジットカードを使う?

車体価格の支払いについては、クレジットカードの利用を拒否されるということはお話しましたが、それ以外のサービス面では利用することが可能です。

 

例えば車検整備や定期点検については、クレジットカードでの支払いが可能でしょう。

 

もっとも、車体価格は拒否されて、これらサービスについては取り組みをしてくれるのは、やはり利益率というところにありそうです。

 

利益率が高いものであれば、多少手数料を取られたとしても問題は無く、特に金額的な影響としても大きくないことが、クレジットカード払いを許可する理由になりそうです。

車を買うときはローンかメーカー系クレジット

車を購入するときは、一番得をしたいならば現金での購入がベストだと思います。

 

もちろん、小額について融資処理をしてディーラーにも利益を与えてあげるのも有効です。

 

ただ、融資を前提で購入するというのであれば、ローンかメーカー系クレジット、近年流行の残価設定型クレジットの利用をすることになりそうです。

 

クレジットカードでも手数料をカード側が負担してくれるような、最上位のブラックやプラチナであれば、販売店も許可するでしょうけれども、手数料を普通に取られるような場合には、クレジットカードでの車体価格支払いは拒否するしかありません。

 

これを考えると販売店も一定の利益を考えながら経営していて、結構目標利益すれすれで値引きしてくれているのかな?と考えてしまいますね。

 

ここで豆知識なのですが、誰かが高く買った、値引きをしないで買った分は、他の客に値引き分を回すそうですから、もしかすると営業マンや販売店単位で余裕があるときには、車体価格の支払いをクレジットカードで許可してくれることもあるかも?しれませんね。

 

まあディーラーの人間ではないので分かりませんが^^;

 

車体価格は、クレジットカードでポイントなどが付かないで残念ですが、普通に銀行系ローンやメーカー系クレジットで購入するようにしましょう。

 

以上、あなたの車選びにお役立てください。

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー