車を購入するときには、買う車種をあれ程度決めて、その後にグレードを決めたら次はオプションを考えることになります。

 

オプションは様々な選択をすることがありますが、この種類の分け方が結構重要であったりします。

 

オプションによって値引きを引き出しやすいものとそうでないものがあるからです。

 

こちらでは、オプションの分け方とそれぞれの交渉方法についてみていきます。

製造時に付けるものと後付のもの

メーカーオプションとディーラーオプションの大まかな違いとしては、製造元や発注元が異なることがあげられますが、ユーザーとしては製造時につけるようなものと後付できるものという区分で問題ありません。

 

代表的なメーカーオプションは、サンルーフやサイドエアバッグなどで、ディーラーオプションではシートカバーやサイドバイザーなどがあります。

 

製造工程で付けるものと販売店で付けるものと分けられるのですが、値引きの点でユーザーにとっては扱い方が異なります。

メーカーオプションは値引きが難しい

メーカーオプションは、販売店のうまみが少ない商品です。

 

我々は販売店で値引き交渉を行うために、メーカーオプションについては値引きを引き出すのが難しいものになります。

 

販売店によっては、メーカーオプションの値引きは一切出来ないという場合もあります。

 

ただ、販売店にうまみが少ないメーカーオプションは、値引きが引き出すのが難しく、本当に値引きすることが出来ないこともあるため、せっかくお金を出しているのに酷い態度だ!なんて思わないようにしてください。

 

値引きを引き出すならば、ディーラーオプションを利用するようにしてください。

ディーラーオプションは値引きが引き出しやすい

販売店の利幅が大きいディーラーオプションは、値引きを引き出すものとして利用することが最適です。

 

一般に新車の値引きというのは範囲が決まっているので、それ以外の項目で値引き要素を引き出す必要があります。

 

よくあるのが、メンテナンスパックを無料にしてもらったり、割引してもらうといった方法があり、ある意味で販売店での最後の値引き交渉というのはディーラーオプションの交渉とするのが合理的でしょう。

 

そのため、最初からディーラーオプションを付けすぎないように気をつけることや、最後の段階で値引きは出来ないといわれたときにオプションを無料や割引にしてもらうのが望ましいでしょう。

オプションは種類を分けて交渉する

販売店の利益事情を考えると、オプションはメーカーオプションとディーラーオプションで分けて考えるべきです。

 

メーカーオプションでの値引きは諦めたほうが妥当であり、値引きを引き出すならばディーラーオプションを利用するべきでしょう。

 

ただ、最後に追い込み交渉をかけるときは先に封じられると後の交渉に影響しかねません。

 

そこで、フロアマットやシートカバーなどの比較的安価なディーラーオプションを選択しておいて、最後にボディーコーティングやメンテナンスパックを交渉すると良いでしょう。

 

なお、エアロ系のパーツなどについては値引きが難しい場合があるので、高いものは後回しと考えないほうが良さそうです。

 

高いものであれば、先に付けておいて最後に10%から20%ほどの割引を交渉するほうが妥当でしょう。

 

このように交渉は基本的に先出しで相手に封じられたり、不合理であるとなかなか難しくなるので、簡単ではないですが無理のない交渉をすることが一番良い値引きを受けることが出来るので、楽しみながらやってみてください。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

 

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】