新車を購入して一番嬉しい瞬間というのは納車されたときではありませんか?

 

ただ、そんなときに傷などを発見してしまったら気分も落ちてしまいますよね。

 

このような新車納車が行われたときにおいて、傷がついていた場合は保証されるのでしょうか?

 

こちらでは、車を購入してから納車後すぐに発見した傷について補償されるのかということをみていきます。

納車前についた傷ならば賠償を請求できる

納車前についた傷は補償されて当然ですが、納車前であることを必ず証明する必要があるでしょう。

 

納車を行う前の傷というのは、全面的に販売店側などが負うべき責任であり、これを補償しないとなれば取引という行為自体に疑いが出てしまいますよね。

 

そのため、あなたが関与できない納車前についた傷は補償されるべきであり、必ず補償を請求するべきです!

 

そのためにも、納車されてから傷などがないかを確認するべきであり、多くの場合相手側からその打診があるはずです。

 

大切なのは相手を全面的に信頼して大丈夫ということを言わないことであり、この後に傷などを見つけても言及することが難しくなります。

 

傷があることは形あるものである以上、完全に防ぐことは難しいですから、しっかりと補償されるようにこちら側の過失を作らないということは大切です。

 

次に納車からしばらくしてからの傷は補償されるのかをみていきます。

納車後は基本的に賠償されない

納車前についたということを証明できる傷についてはある程度補償されるということをお話してきましたが、納車後についた傷では補償されないでしょう。

 

納車後に気が付いた傷であって、それが納車前についた傷や欠陥であるというならば話は別ですが、納車後の傷まで補償していたら車屋はつぶれてしまいます。

 

重要になってくるのは、傷がついたのは納車前なのか、それとも納車後なのかという点です。

 

この前後を分けるのは、納車されたときですから、このときにしっかりと車の状態を確認しておかなければならないのは明白ですね。

 

そのためにも、車が納車されたときには傷がないかどうかは入念に確認しなければいけません。

 

さて、納車前ならば補償されるということですが、どのような補償を受けることができるのでしょうか。

補償は修理が一般的

納車前について傷について保証を受けるとしたら、現金による払い戻し、つまりは車体の値引きはとても難しい現状にあります。

 

そのため、何かしらのサービスでこの補償を代用するような状況になるでしょう。

 

良くあるのは付属品などですが、要らない付属品をもらっても仕方がないために、できればそれ以外のサービスで補償を受けたほうが得な場合が多いです。

 

もっとも嬉しいのは、無料で点検や整備をしてくれる権利などは販売店側の都合上もサービスし易いことや、車検の点検はほとんどの場合に出費になりますので、それを節約できれば実質的にはお金を節約できます。

現金の値引きはとても難しい理由

現金での値引きが難しい理由には、販売上のルールがあるためです。

 

新車を値引きするのは理由が必要で、一番大きな理由は競争状態にある場合に、値引きをすることで売り易くするというものです。

 

これの決済にはある程度範囲が与えられているものの、その範囲を逸脱することがとても難しいのです。

 

この範囲を超えるときには、上位の決済が必要であり、許可なしに値引きなどが出来ないという状況になります。

 

したがって、販売店では下取査定の評価をあげたり、または付属品をサービスすること、また車検や点検サービスなどによって代用することで、値引きを実現している現状にあります。

納車されたら必ず車の状態をチェック

最後に車を購入した場合に、納車されたときは車の状態を必ず確認するようにしてください。

 

少し厳しい言い方をすると、車の状態を確認して問題ないかを評価するのは購入者の義務です。

 

それを果たさずに後になって傷があったといっても、対応が難しくなるのは当然でしょう。

 

したがって、必ず車の状態は確認して、何か問題があったときには納車前に発生したものであることを指摘することはとても重要です。

 

その期間は限りなく短いので、忘れるということはないでしょうけれども、車は高い買い物なのでいつもより厳しくチェックするようにしてくださいね!

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】