車を購入するときには、「言った言わない」ということで争いになることがあります。

 

そのようなときに、気になるのが口頭で約束したことについて、守る義務があるのかということです。

 

相手の捕らえ方や場の状況によって、購入を確定したような言い方になってしまったときは、とても面倒ですよね。

 

こちらでは、車を買うときに口頭での約束事は、守らなければならないのか、またこのときに内金や手付金を返却されるのか、ということについてみていきます。

損害賠償される可能性はある

まず、結論としてあなたが金銭的に損をする可能性があります。

 

口約束が契約になるかどうかは、のちにお話するとして、損害賠償される可能性があることは知っておくべきでしょう。

 

というのも、もしその車を購入することを前提として事業が進んでいた場合には、あなたが買わないことで事業的な損失が発生する可能性があるからです。

 

例として、その人しか使えない車や購入を前提として話を進めていて他に代用ができないような車である場合には、明らかに損害が認められる、または金額として図ることが可能です。

 

そのため、口約束で車購入をキャンセルできるかどうかということは別として、金銭的に損をするリスクが存在するということで紺が得ておくべきです。

口約束の法的効力について

口約束であっても契約は成立するのですが、裁判上の争いになった場合には原告側が、この口約束を証明しなければいけないために、実質的に契約の存在を証明することが難しい現実があります。

 

したがって、口約束の法的効力はあるのですが、争いになった場合には販売店が音声で録音をしているような状況が必要であるので、口約束での契約というのは難しいのです。

 

ただ、これは購入の契約というもので、損害賠償の場合はまた話は別になる可能性があります。

 

そのため、金銭的な損得で考えると結局は契約がどうかという点よりも、疑いがあるようなことを言わないように気をつけることが大切です。

 

金銭的な損得といえば、内金や手付金のお話もしておかなければいけません。

内金と手付金の違い

内金と手付金は商品の代金として事前にお金を払うという点について、性質としては同じですが、法的な取り扱いとしては両者は異なるので注意が必要です。

 

説明
内金 代金の一部
手付金 解約権の留保

 

このように、法的には変わってくる取り扱いですが、特に契約を交わす前の段階でお金を入れることでは、手付金と判断される可能性が高いので注意すべきでしょう。

 

というのも、書面による契約をしなくても事前にお客がお金を払うということは、内金としてお金を払ったといっても説得力が少なくなります。

 

口約束を羽子にして事前に払った金額について、内金として払ったという主張には多少無理があり、口約束上での解約権の留保をすることで契約を有効にしていると推定するほうが妥当でしょう。

 

契約をする前からお金を払ったり、また書面における内金・手付金の取り扱いについては、多少注意してもよいのではないかと思います。

口は災いの元!いらぬことは言わないが吉

昔から口は災いの元といわれていますが、これはあなたのみならず相手も同様です。

 

近年の状況としては、悪徳販売店という状況も皆無ではありませんが、顧客側から一方的に解約するようなケースも少なくありません。

 

明らかに裁判上に出して勝てるような状況では、損害賠償請求をされかねませんから、絶対買うなどということは安易に言わないというのは、自分のためにも相手のためにも気をつけたほうが良いでしょう。

 

最後に車を安く買ったり、良い車を買うためには販売店の協力が必要です。

 

交渉は相手との戦いのようなイメージがありますが、実は協力プレーであるということを意識すればこのようなことも少なくなるのではないかと思います。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】