【質問】自動車税を払う余裕がないのですが車を売ることが出来ないでしょうか?

 

車を売るときには自動車税納税証明書が必要だといわれています。

 

つまりこれは、税金を払うことを前提としていますよね?

 

そうなれば車を売ることが出来ないということになります。

 

だけどどうしても車を売ってお金にしたのです!

 

なんとか車を売る方法は無いでしょうか?

自動車税は最終的に買取金額より差し引かれて精算される

【回答】自動車税未納状態であれば、自動車税は最終的に車買取金額より精算することになります。

 

つまり、現在自動車税を払っていない状態であっても、車を売却することは可能です。

 

車を売るときには自動車税納税証明書の代わりに、自動車税納税用紙を用意することになります。

 

自動車税の未払い分を買取金額より精算するというのは、車の査定額から税金未納分を差し引いて代金を受け取るということになります。

 

このように税金が未納であっても車を売却することは可能ですが、実際には買取業者が立て替えるような形での売却となりますので、やはり税金未納状態では車を売ることは原則的にできません。

なぜ自動車税未納だと車を売ることが出来ないのか?

車は所有権を法的に定められていますから、この法的な処理をしてはじめて車を売買できるということになります。

 

普通の物品のように物品を支配していることが直接所有権に関係するのではなく、自動車登録に関わる部分で所有者となっているものを変更しなければいけません。

 

これを名義変更手続きといって、この手続きを行うことで車の所有権を移動し、法的にも車を売却したという状態になります。

 

そのため、名義変更手続きには納税をしていることが要件となっていますので、これが出来ないと車を売ることが出来ないという構造になります。

 

そのため、原則として車を売ることができないわけですが、実質的には買取業者の立替で車を売ることが可能になるのです。

税金は自己破産しても逃れることが出来ないので払うほうが良い

余談ではありますが、自動車税に限らずに全ての税金は自己破産しても免除されることは出来ず、絶対に払わないといけないものです。

 

延滞利率も高く、放っておいてもいいことはありません。

 

手に出来る買取金額が目減りするのは大変残念ではありますが、それでもこの機会に処理できるということで全くの無駄ということもありません。

 

特に車を利用していないのに税金だけかかるようなことはもったいないですから、税金だけかかっているけれども売るために未納の税金があるようなケースではこちらの情報も参考になるのではないでしょうか。

自動車税は車買取店が精算するので手元にお金が無くてもOK!

車を売るためには、自動車税を納税されている状態であることが条件ですが、車買取店が精算してくれるとするならば、自動車税未納状態であっても車を売ることが出来ます。

 

車買取店としては、車を売ってくれればよいのでほとんどの業者が対応してくれると思いますが、このような買取金額からの立替払いに対応していない業者もいるかもしれませんのであらかじめ確認しておきましょう。

 

また、稀なケースとしては買取金額が自動車税の滞納分に満たないとされた場合には当然ながら売却は出来ない可能性があります。

 

滞納期間が長かったり、滞納利息が多く付いているケースでは注意してください。

 

自動車税が未納でも車を買取店に売ることは可能ですので、車売却金額と自動車税滞納額との兼ね合いがありますが、車買取店に確認してみましょう。

 

以上、自動車税を払っていない車を売ることについての質問でした。

 

⇒自動車税未納でも車を売却したい場合の詳細

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

なびくるバナー