現在、新車を買おうと考えるほとんどの方は、その車がどの程度環境性能が高いのかということを気にしますよね。

 

これは分かり易いものでいうとエコカー減税の影響もありますし、燃費を減らして少しでも維持費を節約できればなんていう思惑もありますね。

 

でも、それ以外に過去にあったエコカー補助金のようなものが現在も取得できることをご存知ですか?

ハイブリッド車はもらえないので注意

エコカーの代表格であるハイブリッド車は補助金がもらえないということを覚えておいてください。

 

誤解を恐れずに申し上げると、補助金をもらえるかどうかというところでいうならばハイブリッド車はエコカーではないのです。

 

もちろん、産業復興的な意味合いもあるのでこのように雑な言い方をしてよいのかどうかは考え物ですが、いずれにしても補助金はもらえません。

 

現在補助金がもらえるのは、次の4つの自動車です。

 

  • 燃料電池自動車
  • 電気自動車
  • プラグインハイブリッド車
  • クリーンディーゼル車

 

燃料電池自動車はトヨタMIRAIしか該当せず、高い車体価格もあってか補助金の量はなんと200万円オーバーと破格です。

 

それ以外のものに関しても車体価格が高いものほど補助金がもらえるという構図になっていると考えて問題ありません。

 

燃料電池自動車以外について詳しくみていきましょう。

プラグインハイブリッド車ってどうなの?

プラグインハイブリッド車というのは、ハイブリッド車でありながら充電可能な電気自動車よりの車を言います。

 

車の運用スタイルとしては、電気自動車がメインであって航続距離からガソリンエンジンとのハイブリッド化という性格が強くなります。

 

私の意見としては、それほどインパクトはないですが、燃費は確かに安く、対して車体価格がとても高くなります。

 

正直、プラグインハイブリッド車を公道で見つけるのは困難なほど流通していないのが現状です。

 

市場の反応からも分かるとおり、それほどオススメではありません。

電気自動車はまだ購入するには早すぎる

電気自動車は航続距離が短いことと電気ステーションの拡充の観点からまだ買うのは控えたほうが良いでしょう。

 

日産自動車と三菱自動車の両メーカーが日産リーフや三菱アウトランダーPHEVによって電気自動車を広めようとしていますがまだまだ不十分です。

 

最終的には電気自動車が車のメインジャンルとなるのは避けられませんが、今はまだその時では有りません。

 

したがって、技術的に使ってみたいという場合や、用途が限られているような状況で無い場合は選択すべきではないでしょう。

クリーンディーゼルはオススメだが補助金は少ない

クリーンディーゼルは軽油を利用して走るために、燃費の節約が期待できます。

 

軽油やディーゼルエンジンというと環境に悪いイメージがあると思います。

 

実際に過去のディーゼルエンジンは、環境に悪いために、首都圏や都市圏から追い出されたという経緯を持っています。

 

ただし、その環境負荷の影響を改善したのがクリーンディーゼルで、ガソリンエンジンと比較するとディーゼルエンジンは少ない燃料から力を引き出せることから、環境性能が高いといわれています。

 

ディーゼルエンジンはガソリンエンジンユーザーからすると独特に感じられますが、力強いエンジンというイメージで良いでしょう。

 

実際にガソリンエンジンとディーゼルエンジンを比べると、ディーゼルエンジンは2倍近いガソリンエンジンの排気量エンジンと同等のトルクを発生させます。(つまりは、ディーゼルエンジンは力が強い)

 

これらのことを考えるとかなり魅力的なエンジンに思えますし、実際にそうだと私は思っています。

 

ただし、注意しなければいけないこともあります。

 

それは車体価格の高さです。

 

例えばマツダCX-5においては、ガソリン車であれば250万円ほどであっても、ディーゼルエンジン車であれば350万円ほどになります。

 

車体価格が高いことは維持費を気にすることと反比例しますが、意外にもユーザーはこのことを話題にあげません。

 

つまり私が言いたいのは、車体価格が高すぎて全然節約になっていないということです。

 

そして補助金も、他のエコカーほど多くはありません。(マツダCX-5で10万円前後)

 

ですので、今現在はエコカーを選ぶなら最もお勧めではあるのですが、維持費を節約したいから軽油燃料のディーゼル車を選ぶというのはナンセンスであるとお伝えしておきます。

予算が無くなり次第終了するのでエコカーを買ったらすぐ申請をする

いずれにしても、エコカーを購入し登録したらすぐに補助金を申請してください。

 

予算が余っていたりすると、延長に延長を重ねていますが、それでも予算は有限です。

 

いつ終了するか分からないので、車を買って登録したらすぐに補助金の申請を行ってください。

 

なお、納期が遅れたりすると補助金がもらえなかったりするので、小額な補助金の車ならまだしも、トヨタMIRAIのような高額の補助金を取得できるようなケースには注意が必要です。

 

以上、車選びにお役立てください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】