車買い替えを行うと車庫証明の手続きを行う必要があります。

 

この手続きはただ車両を入換えればいいというものではなく、今登録している車両がなくなったことと新しく車を取得したことも合わせて証明しないといけいないという面倒なものになっています。

 

ただ、手続き自体は簡単ですので、車を買い換えたときにどんなことをするのかをみていきます。

あなたが見てる中古車情報は3割だけ!
中古車を探すときはカーセンサーやGooを見ますが実はこれ、全体の3割でしかありません。
残りの7割は業者しか見ることはできないのですが、ネットを使うことでその一部を見ることが可能になりました!!
無料ということもあって多くの方に使われていますから、あなたも非公開情報から良い中古車を探しましょう!

7割の非公開情報を見たい方は今すぐ確認!【無料】

ズバット車販売バナー

代替車両引渡しと引渡し顛末(てんまつ)書が必要

通常の車庫証明手続きにあわせて、旧車両がどうなったのかを証明する「引渡し顛末書」、対して新車両を取得したことを証明する「代替車両引渡し書」が必要になります。

 

駐車場スペースが大きいならばまだしも、1台分しかないとしたら前の車が処分されたことに加えて、新しい車が来たことを証明しないといけません。

 

つまり、この分だけ普通の手続きと比べると面倒になってくるということになります。

最初に車庫証明を取得するときと同様のことをする

面倒といってもそれほど難しいことではなく、ただ書類を用意するだけです。

 

それ以外については普通の車庫証明に同様の手続きになります。

 

車の入替だけを行って完了するものではないので、それを期待していた方にとっては面倒なものでしょう。

車買い替えで車庫証明手続きに必要な書類

通常の手続きでは4種類(軽自動車は3種類)の書類に加えて、車買い替えでは2つ追加されますので、次の6つを用意する必要があります。

 

なお、車庫証明に必要な書類は4枚つづりの複写式になっています。

 

  • 保管場所提出書類
  • 土地の所有者の承諾書
  • 保管場所の地図
  • 周辺地図
  • 引渡し顛末書
  • 代替車両引渡し書

 

そのほか、認印や印紙を買うためのお金が合計で2500円前後必要になります。

手続きが面倒なので販売店に無料でやってもらう方法

ここまで見てきて結構面倒だなと思った方は販売店で無料でやってもらうように交渉しましょう。

 

交渉とはタイミング次第で大きな効力を発揮するもので、購入時の最終段階、契約書にサインや印鑑を押すちょっと前に交渉するのです。

 

もちろん全てがこれでうまくいくわけではありませんが、もうすぐ決まりそうな交渉で小さいことは気にしないという気持ちにもっていければ交渉成立するでしょう。

 

なお、車庫証明を販売店に任せると1万円から2万円かかりますから、最初から任せるつもりでも最終段階で交渉するとちょっと得できますよ。

 

対して、細かいことにしっかりしているような担当者では、うまく決まらないこともあるのでそういうときにはあきらめましょう^^;

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】