近未来の自動車といえば電気自動車でしょう。

 

私としてはハイブリッド車のほうが凄い技術力だ!と思うのですが、充電したバッテリーだけで車を走らせるには航続距離などの問題があってまだまだ実用できるシーンが限られていますね。

 

そんな電気自動車について、今買うのはどうなのか?という疑問に答えていきます。

まだあまり盛り上がらない電気自動車

冒頭でお話したようにまだまだ電気自動車は買い時ではありません。

 

問題は航続距離でしょう。

 

正直、ちょっとした買い物だけで使うならもうガソリン車よりも使い勝手がよくなっているのかもしれませんが、車の用途はそれだけに納まらないことがほとんどです。

 

レジャーに行けば数百キロ走行して帰ってこないといけませんし、毎回充電するのは律儀な人で無いと無理でしょう^^;

 

そして、航続距離を何とかしたとしても、ガソリンスタンドのように全国各地に電気ステーションが存在しているわけではありません。

 

電気自動車を持つユーザーが言うのは、遠出するときと充電を忘れたときは残りのバッテリーにびくびくしながら運転するしかないとのことです。

 

ガソリンが切れそうになったことがある方なら分かってもらえると思いますが、その数倍~数十倍はドキドキすると考えてください。

 

だって、ガソリンスタンドのように補充したらOKというわけでもなく、充電ステーションは数が限られていますからね。

 

このような事情でまだまだ普及が進んでいない実情となっています。

普及の鍵は航続距離と急速充電ステーション

日産リーフと三菱アウトランダーPHEVが登場して、少しは航続距離がマシになったと思います。

 

街中でこれらの車を極々稀に見かけると思いますが、我慢できる航続距離になったらからといっても過言ではないでしょう。

 

ただ、これら車の最大の弱点ともいえるのが自宅に充電ステーションを作れるかどうか。

 

最近はマンションに設置しているところも見かけますが、あれは共用なのでいつでも充電できるわけでは有りません。

 

そうなると充電設備を設置できる自宅を持った電気自動車に興味があるユーザーだけが導入している車なのかな~と思ってしまいます。

 

新しいことが好きな方はそろそろ導入してもよいでしょうけれども、あまり余裕がない方はまだ時ではないということになりますね。

なぜ日産と三菱は積極的に電気自動車を作っているのか

先に結論を言うと、トヨタとホンダにハイブリッド技術で置いていかれたためです。

 

このことからか分からないですが、日産と三菱は仲がよく、軽自動車でも日産デイズルークスと三菱eKスペースのように同じ車を共同開発しているようなところも見受けられます。

 

そんなわけでハイブリッド技術以外のところで戦っていこうと思って日産と三菱は電気自動車造りに積極的なのでしょう。

 

対して、マツダはガソリンエンジンを効率化したり、クリーンディーゼルエンジンを乗用車に積極的に搭載したりと、国内ではこのような構図になっています。

 

なお、余談では有りますが日産ディーラーと三菱ディーラーには電気自動車急速充電ステーションがあるのですが、数として日産ディーラーのほうが多く、急速充電ステーション施設の同時利用数にも限りがあるため、三菱の車で日産ディーラーで充電を依頼すると、日産リーフユーザーの反感を買うようですから、三菱の電気自動車を買おうとする方は肩身の狭い思いをするかもしれません^^;

まだ電気自動車は使いにくい!今のところは様子見でOK!

このようにまだまだ航続距離も長くなく、充電施設にも難があるので様子見で大丈夫です。

 

ただし、特にハイブリッド技術は過渡期のものであって、最終的には全て電気自動車系列が車の全てになるでしょう。

 

その時が来るのは2030年以降だとは思っていますが、将来は電気自動車だけということを考えるといまのうちになれておくという新しいもの好きなカーオーナーが居てもいいのかなと思っています。

 

車利用用途が限られていたり、セカンドカーとして、お金も土地もあるのならば導入を検討してみてはいかがでしょうか?(条件厳しすぎでしょうか^^;)

 

以上、車選びにお役立てください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】