車を買うときにはあらかじめ決まっている場合や選択の余地がないときを別としてグレードやらオプションやらの選択に困りませんか?

 

なんだかかっこよさそうな名前がついててお金を出すと装備が豪華になっていくのはわかるけどいまいち違いがよくわからないものです。

 

でも、グレードやオプション選びはそれらによって車の仕様も大きく異なるので軽視することができません。

 

⇒車のグレードとオプション選択の仕方についてはこちら

 

そしてこれらにお得なものとそうでないものが存在していることをあなたはご存知でしょうか。

 

具体的にいうと、グレードを上げたときにかかる費用よりも装備内容が充実するというコストパフォーマンス的な考え方になります。

 

今回はこのようなグレード選びで得をしちゃおう、という観点からみていきます。

あなたが見てる中古車情報は3割だけ!
中古車を探すときはカーセンサーやGooを見ますが実はこれ、全体の3割でしかありません。
残りの7割は業者しか見ることはできないのですが、ネットを使うことでその一部を見ることが可能になりました!!
無料ということもあって多くの方に使われていますから、あなたも非公開情報から良い中古車を探しましょう!

7割の非公開情報を見たい方は今すぐ確認!【無料】

ズバット車販売バナー

車のお得のグレードは売れ筋モデルだとわかりやすい

車の各メーカーには売れ筋の車種が存在します。

 

例えば近年であれば、トヨタは「アクア」「プリウス」「ヴォクシー」など、ホンダであれば「フリード」「ステップワゴン」、日産なら「セレナ」といった具合です。

 

それぞれにいえることは、そのクラスの競争状態が比較的活発ということです。

 

というのも、トヨタアクアを例に取ればホンダフィットハイブリッドとの競争状態にありますし、日産セレナは5ナンバーミニバンのトヨタヴォクシーやホンダステップワゴンなどと競争状態にありますね。

 

このような売れ筋モデルに着目して、その車に似たような他メーカーの車を見てみると思ったよりも簡単に発見することができます。

 

そもそもなぜお得なグレードが存在するのか?

車を買う人の購入条件というのは車が気に入るかとあわせて、やはり車体価格は相当関心が高い要素ですから、ここでライバルに差をつけたら同クラス間競争が有利になりますよね。

 

このような状況下でお得なグレードが出てくるのです。

 

つまり、お得なグレードがなぜ存在するかといえばもっぱらメーカー間の競争状態によって発生するもので、積極的に売っていきたい車種にたいして他メーカーとの兼ね合いで登場するものとなります。

お得グレードの探し方は同クラス間比較が大切

競争状態からお得なグレードが出てくるならば、お得なグレードの探した方は簡単です。

 

あなたは車を買うときに絶対にこのメーカーの車がほしいと決める場合もあると思いますが、そういったときも必ずみているのが似たような車比較ではありませんか?

 

この延長線上で、グレードまで比較してみていくとどうも似たようなところで似たような装備のグレードを発見できるでしょう。

 

ここについては両メーカーも競争状態にあるので価格を競い合っている傾向があります。

 

具体的には、コンパクトカーであれば1.3リッタークラスで重量が1100kgから1200kgのグレードは売れるであろう範囲なので、ここに集中してメーカー側がしかけてくるような形です。

 

必ずしも重量と排気量で決まるわけではなく、プチバンならば1.5リッタークラスで180万円から200万円とミニバンとコンパクトカーとの相対的な価格で決まる例もあります。

 

つまり、安易な見方であれば同クラスを比較したときに、どうもここの価格帯に金額が集中しているな・・・なんていう直感に頼ってもらっても発見することは難しくないでしょう。

 

このように車選びの延長戦上でお得なグレードは発見することができるのです。

最高グレードと最低グレードは選ぶ理由を常に確認する

最後にグレードによって車の価格は結構変わってしまいますが、これを選ぶのもまた大変ですし見方を変えれば楽しいことでもあります。

 

さて、「どうせ車を買うならば最高グレードを」と販売店では薦められますがこれについてはよく考える必要があります。

 

たいてい、最高グレードはお得間はなく業者にとっては利益率が高いものだったりしますので、必要ない装備などを意味もなく買ってしまうことになりかねません。

 

それとは逆でお金がないから最低のグレードを選ぶのにも無理がある場合があります。

 

というのも、車種によって違いますが最低グレードは商用モデルであったり、競技用の車だったりするからです。

 

前者では、乗用ではないので内装が安かったり、後者ではエアコンやオーディオがついていないなんていう状況です。

 

私はトヨタ86が出たときに200万円台で購入できるなんてすごい!と思ったのですが、実際は競技用グレードであって、乗用では300万円ほどするので「そりゃそうだよな!」と変に納得したところがありました。

 

これは極端な例だとしても最高グレードと最低グレードで他との価格差が大きいときには特に注意したいところです。

 

以上がお得なグレードを探すときのお話になります。

 

あなたの車選びにお役立ていただけたら幸いです。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】