中古車を買うならばどうしても気になることが2つあります。

 

ひとつはこの車は事故車なのではないか。

 

そしてもうひとつはこの車の走行距離は改ざんされているのでは?ということです。

 

今回お話するのは後者の走行距離改ざんについてです。

 

せっかく車を買うのですから損をしないように気をつけたいところです。

玄人であっても完璧に見分けるのは難しい

犯罪と同じで、玄人がしっかり対策されて環境さえ整えば改ざんを完全に見破ることは難しいです。

 

ただ、そのように完全に対策することは結構大変で、数ある車をさばかないといけない中古車屋ですから、そのような行為はどこかしらでほころびがあるものです。

 

まずはその代表的な手順を確認してください。

メーターパネルごと交換される

これは悪意がなくても行われてしまうので必ずしも悪い状況ではないですが、こうなるともう走行距離がわからない走行距離不明車となります。

 

それが明らかならばいいのですが、つまりはカスタムメーターになっていたとしたらわかりやすい反面、純正メーターを交換してしまうと見た目では簡単にわからないので困った状況になります。

 

走行距離改ざんを見破る難しさはこのメーターパネル交換があるからが大きな原因であり、これが出来ないように出来るならば結構な問題が解決します。

少し昔の車だと物理的に巻き戻し

次にいわゆるメーター戻しという方法です。

 

近年ではデジタル管理されたメーターが増えたのでひょっとしたらデジタル情報にアクセスすれば出来るかもしれませんが、ここでは旧来のメーターでのお話になります。

 

これは素人でもやってしまう人がいるかもしれませんが、アナログで走行距離が管理されているメーターについて特殊な方法で距離を戻すのです。

 

ただ、誰でも出来る反面、その質にはとても大きな差が生じ、ほとんど全てのメーターは10進数で記録されていますが、この繰上げのときに数字がずれてしまうことがあります。

 

メーター戻しに関しては、うまくやらないとこのような現象が起きますので、なんだか変なずれがあるなんていうときにはメーター戻しをした可能性が高くなります。

経年劣化すべきところとの差があれば危険

最後に、走行距離を改ざんしたことについて素人でも見破るための簡単な方法をお伝えします。

 

例えば10万kmの車を9万kmぐらいに改ざんすると結構判別が難しいのですが、せっかく不正をするならば5万kmや譲っても7km程度にするでしょう。

 

通常、車をそれ相応の劣化が起こるものですので、そういった部品について矛盾する劣化があれば走行距離改ざんの疑いがあります。

 

これを見るならば次の部品を確認してください。

 

  • アクセル・ブレーキペダルのすれ
  • ハンドルのてかり具合
  • シフトノブのてかり具合
  • ドアノブの色抜け・日焼け
  • シートのへたり具合

 

他にもフロアマットなどありますが、これは交換が容易なのであまり参考にならないでしょう。

 

そして車について知り尽くしている人でなければ、これらについて調べるのは難しいと思うかもしれませんが心配要りません。

 

あなたは中古車を決めるときに何台か比較して実際に見て確認するでしょうけれども、複数の車を見ると不自然な消耗もわかるようになります。

 

もちろん、フロアマット同様に交換されたらそれまでですが、全部を対策するというのは難しいのでこのような比較で違和感を感じたらその車は買わないほうが良いです。

 

店舗に同様のメーカーで部品が同じような同クラスの車があればそれでも比較できますので、見比べてみてください。

 

最後に少し車に詳しい人だとタイヤの製造年月日から走行距離に矛盾があるなんていう判別をすることも出来ますので、出来る方は確認してみてください。(タイヤに刻印がある場合がある)

 

以上、あなたの車選びにお役立てください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】