プリウスとともに日本のハイブリッド車市場を代表するトヨタアクアですが、現在はエコカーといっても他の車と比べて買いなのかどうか?という点は考えてしまいます。

 

例えば同じようなクラスの車としてマツダデミオがありますが、ディーゼル車なので軽油を使う分燃料代金は安くなりますね。

 

つまり、エコカーといっても現在ではハイブリッド車が全面的によいとはいえないわけです。

 

さらには、アクアの中でもさまざまなグレードがありますので、それらを有利に選ぶならばどれがよいのか分からなくなります。

 

こちらでは、アクアを購入した場合にかかるお金からライバル車比較、さらにはアクアのグレード間比較など、アクアを購入することを考えているならば、大体分かるようなページになっています。

 

そのため、あなたがアクアを購入しようと考えているならば、一読する価値はありますので参考にしてください。

 

なお、結論を言ってしまうとアクアはまだまだ「買い」であるといえますので、その詳細としてもみてください。

アクアを購入した場合のお金関連

まずこちらではアクアの一般的なグレード3つについて比較してみたいと思います。

 

  • G:上位グレード
  • S:中位グレード
  • L:下位グレード

 

グレードによる違いは付いている装備や選べるオプションに影響してきます。

 

そして、アクアの場合には下位グレードである「L」が最も燃費が良く、JC08モードで38.0km/lとなっているので、下位だからといって全面的に悪いわけではありません。

アクアグレード間の新車価格と燃費比較

グレード
価格 206.30万円 188.70万円 178.50万円
燃費 34.4km/L 34.4km/L 38.0km/L
排気量 1496cc 1496cc 1496cc
発売日 2017年6月 2017年6月 2017年6月

エコカー減税のスペックはそれほど変わりません。

 

車体価格が高いGが取得税についてちょっと得ということになっていますが、そもそも車体価格が高いわけですから損得で考えるのはあまり意味がありませんね。

 

発売日も2017年11月現在からすれば5ヶ月経過とそれほど経過していません。

税金比較

グレード
自動車税(軽)1年分 3.45万円 3.45万円 3.45万円
重量税3年分 2.25万円 2.25万円 2.25万円
取得税 6.00万円 5.00万円 5.00万円
消費税 16.50万円 15.10万円 14.28万円

※エコカー減税は将来期間も考慮

 

上でも見たように車体価格が少し高めなGグレードが若干ながら税金も高めとなっています。

 

こうやってみてみると分かるのが、税金として比べると一時の費用では消費税が当然に高くなり、年間の分で考えると自動車税もなかなか高額になります。

 

エコカー減税は確かに得ですが、無いよりはあるほうが良い程度に考えておくぐらいの影響ということを改めて確認できます。

 

次にローンで購入した場合どのぐらいの支出に差が出るかを見てみます。

ローンで購入した場合

グレード
新車価格 206.30万円
銀行系(年利2%) 216.96万円
残価設定型(年利4%) 237.76万円
ディーラー(年利6%) 239.30万円

※条件:60回払い、全額借り入れ、残価設定型は半分残価・満期日残額支払い、元利均等返済、端数処理等の違いで多少の誤差有り

 

残価設定型の融資を見てみると分かるのが、車体価格が高くなるとディーラーローンを使った場合とそれほど変わらないということになります。

 

ちなみに残価設定型クレジットと通常ローンの比較は次の表のようになります。

 

グレード
新車価格 206.30万円 188.70万円 178.50万円
通常ローン(年利4%) 227.96万円 208.51万円 197.24万円
残価設定型(年利4%) 237.76万円 217.48万円 205.72万円
差額 -9.80万円 -8.96万円 -8.48万円

※条件:60回払い、全額借り入れ、残価設定型は半分残価・満期日残額全額支払い、元利均等返済、端数処理等の違いで多少の誤差有り

 

ちなみに満期日に残りを再度融資を組むとなれば当然利息は増えますので、両者の差はさらに大きくなります。

 

5年で10万円ほどの差は、支払い金額を小さくした手数料が年額2万円と考えるとどの融資を利用するのかということをより良く考えることができるはずです。

アクアの維持費

グレード
年間の燃料代 3.84万円 3.84万円 3.47万円
税金 4.20万円 4.20万円 4.20万円
車検 15.00万円 15.00万円 15.00万円
メンテナンス 12.00万円 12.00万円 12.00万円
駐車場代 10.00万円 10.00万円 10.00万円
自動車保険料 7.00万円 7.00万円 7.00万円
合計 52.04万円 52.04万円 51.67万円

アクアの年額維持費をグレード別に見てみると燃費の分だけLグレードが若干安いぐらいです。

 

それぞれの項目は平均値で考えていますので、例えば駐車場代がかからない場合は臨機応変に計算してくださいね。

アクアの値引き方法

よく雑誌などでアクアの値引き金額の目安なんて出ていますが、あれは使えなくはありません。

 

ただし、実際は交渉をしっかりするかどうか、またはディーラー側の予算や在庫状況がかかわってきます。

 

順序としては、車種自体に交渉余地があるのか、あなたが交渉するかしないか、ディーラー側が受けられるかどうかといった具合です。

 

ちなみに現在のアクアは交渉余地は若干ありますので、後にお話するライバル車との比較を確認して、各ディーラー回ってみると競争させて値引きを引き出せますので参考にしてください。

ライバル車との比較

車種 フィットハイブリッド アクア デミオ
価格 181.50万円 188.70万円 180.40万円
燃費 34.0km/L 34.4km/L 26.4km/L
排気量 1496cc 1496cc 1498cc
発売日 2017年6月 2017年6月 2017年4月
グレード XD

同じ車体価格や車体重量で比べてみました。

 

デミオはディーゼル車であるということが特徴でしょうか。

 

維持費についても見てみましょう。

 

車種 フィットハイブリッド アクア デミオ
年間の燃料代 3.88万円 3.84万円 4.17万円
税金 4.20万円 4.20万円 4.20万円
車検 15.00万円 15.00万円 15.00万円
メンテナンス 12.00万円 12.00万円 12.00万円
駐車場代 10.00万円 10.00万円 10.00万円
自動車保険料 7.00万円 7.00万円 7.00万円
合計 52.08万円 52.04万円 52.37万円

 

こうやって見てみると、燃料代はディーゼルのほうがやはりハイブリッドよりも不利であるといえますね。

 

動力性能などを比較すると一概に考えるのは難しいですが、数字上では不利であるということが確認できました。

 

この3車種はどれも魅力的ですが、トヨタ車は車を売るときに有利な金額である場合が多いために、この点を踏まえるとアクアがひとつオススメになるでしょう。

 

ちなみに発売時期の差異は少ないので、この点で選ぶ必要はありません。

オススメのグレード

話をアクアに戻すとオススメのグレードはずばりGです。

 

商用や特にこだわりがないというならば中間グレードのSやLでもよいかもしれませんが、乗りつぶすつもりで買うなら断然Gです。

 

このことは次の装備比較でお話したいと思います。

グレード装備比較

ここでお話しているのは、G・S・Lだけですが、実はアクアには最上位グレードのGソフトレザーセレクションというグレードがあり、これだとレザー調になっていたり、細かいところだとオートライトシステムが標準装備だったりと、最新の装備が付いてくるので上を狙いたいならばこれがよいのはいうまでもありません。

 

安全装備でいえば、プリクラッシュブレーキアシストがLやSでは標準装備ではなく、メーカーオプションになっています。

 

さらにLでは選べないオプションも数多くありますので、本当に足になればよい車という区分以外ならばLは選ぶべきではないでしょう。

 

燃費は確かによいですが、車は燃費のよさで選ぶものではありませんからね。

 

ほどほどに燃費が良いならばそれほど気にする必要は無いでしょう。

 

このように、グレードによって標準装備で付いてくる装備が変わったり、メーカーオプションで選ぶことができないような場合もありますので、乗用車として普通に使うならばG以上を選択するということをオススメしますよ。

納期

2017年11月1日現在、アクアの納期は1ヶ月待ちということになっています。

 

これはトヨタの公式サイトで確認した情報です。

 

⇒トヨタ公式サイト:アクアのページ

モデルチェンジ予想

まだフルモデルチェンジ情報は出ていませんが、アクアの初登場は2011年末です。

 

車は6年から8年で新しいモデルが出るということを考えると少し警戒をする時期になっていますね。

 

現行モデルに古臭さは感じませんが、古い車を購入することを決めたときに新しい車が出るというのは、特別に思い入れが無い限り残念に感じてしまいます。

 

ちなみに、ディーラーはモデルチェンジのときは1ヶ月前に告知義務があるようで、あまり長い期間ではありませんが参考にしてみてください。

アクア中古車情報

発売からすでに5年以上経っている車ですから、当然に中古車も流通しています。

 

人気がある車ほど中古車として流通量は増えますから、多くの条件を比較して探せることは大変嬉しいことです。

 

アクアの中古車を探す場合には比較材料は困りませんが、多くの情報から探すことが大変であればプロに中古車選びを任せるのも手です。

 

無料で使えるので気になる方は詳細を確認してみてください。

 

⇒非公開車両情報も含めて中古車情報を送ってくれるサービス詳細

アクアは買うべき?

さまざまな情報を見てきましたが、フルモデルチェンジが警戒する時期であること以外はまだまだアクアを購入してもよいという状況です。

 

特にライバル車と比較したときに、特別にこれが良いというわけでなければ、とりあえずトヨタ車を選ぶということは良い選択です。

 

トヨタ車は車を売るときに他のメーカーよりも高く評価される傾向がありますので、車乗り換えが有利に行えます。

 

もちろん、車の品質としても他メーカーが悪いわけではありませんが、やはりトヨタは良かったという経験がありますので、特に長く乗る場合には品質が良いトヨタ車をオススメしたいと思います。

 

そういったわけで、トヨタアクアを買うべきか?答えはまだまだ買っても大丈夫ということになるでしょう。

 

なお、値引きも昔ほど引き出すのが難しくありませんので、ライバル車との競合で交渉してみてくださいね!

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】