2016年において、日本の平均年齢は40代後半と高齢社会に突入しています。

 

今後ますます増えてくる高齢者について、一緒に生活する側としても気にしなければいけない状況というのもあります。

 

こちらでは、高齢者を乗せる車という観点から、車選びについて考えていきます。

 

なお、こちらでお話しているのは介護が必要になる前の高齢者であり、要介護の高齢者については介護用の車を購入するほうが望ましいでしょう。

乗り降りが楽かどうかが最大の焦点

高齢者は高さがある車に乗ることが難しくなっており、そのときにサポートなしで乗り降りできるかが最大のポイントとなります。

 

毎回サポートが必要であれば、手間も増えるだけでなく、介護が必要でない高齢者の自尊心を傷つけることになりかねません。

 

「自尊心とかそんな心配をしている場合ではない!」という意見もわかりますが、高齢者から見ると毎回手間をかけさせるというのは、とても辛いことかもしれません。

 

車椅子に乗ることを余儀なくされたならまだしも、まだ動けるのに面倒をかけたくないという気持ちも汲み取るべきでしょう。

 

つまりは、高齢者の自尊心を保ったうえで、安全を確保しなければいけないというちょっと難題を課せられているということを理解する必要があります。

車の高さとドア部分に注目

ドアの支柱にグリップがあったり、またはステップが低く設計されているかどうかというのは大切です。

 

ドア支柱にグリップがある車は、新しいミニバンでは備わっていることが多いのですが、中古車などでは備わっていないことも多いために、注意して確認する必要があるでしょう。

 

またステップが低く設計されていることも重要です。

 

二段構えになっているのま合格として、できれば一段構えであって、さらに高さがないステップになっている車を選ぶべきです。

 

あわせて、車の中が出来る限り平らであることも重要ですが、それにあわせて重要なのがドア部分のくぼみです。

 

この部分がフラット化されていれば降りるときに困ることは少ないのですが、出っ張りがある場合にはつまずいて怪我につながることも考えられるので、必ず確認すべきです。

シートの余裕もチェック

次にシートの余裕についてですが、前方に余裕があれば車のシートに着座しやすい点も確認すべきでしょう。

 

ミニバンを例にすれば、2列目シートに着座させる場合に、このシートが後方へ移動できるかどうかはとても重要なポイントです。

 

そうすることで、前方部分に余裕ができるために、着座を容易にすることが可能になります。

 

逆に車のサイズが小さいときには、ここに座らせるのが難しくなるために、助手席に座らせるような機会が出てきます。

 

一般に助手席は、ステップの高さが大きい場合が多く、乗り降りの点で難しい設計であるために、高齢者を乗せるための車はある程度、室内空間が広いということを要求されます。

 

どこに座らせるのかということをあらかじめ考えたうえで、車を確認するようにしたいものです。

要介護まで見定めた選択をする

最後に、人は年齢とともに老化していくというのは生物である以上、仕方のないことですから、これを見越して車を購入するべきです。

 

つまり、将来期間にわたって介護する必要性があるのに、そのときだけに適合した車を購入すると、後に買い替えを行わなければならないといった状況も出てくるということです。

 

買い替えができるような人ならばまだしも、そうでないと考えるならば現在から将来期間の車利用について、適している車を購入することは大切であると思います。

 

高齢者の自尊心を守りながら快適性や安全性を守るというのは、とても大変なことですが、自分がその状況に置かれたときにどうだろうかと想像しながら、高齢者の置かれている状況を考えてみるというのは大切でしょう。

 

そのために、車を選ぶことで解決できる問題については、解決できるようにしておくことが重要なのではないでしょうか。

 

以上、あなたの車選びにお役立てください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】