福祉車両といえば、ハンディキャップがある方にとって生活を助けてくれる装備を搭載した車ですが、この装備については種類があることをご存知でしょうか?

 

多くの場合に車椅子をどうするかということがメインになってきますが、それ以外にも運転補助装置を搭載した車もあります。

 

こちらでは、ハンディキャップがある方が運転する場合を除いた、福祉車両の種類についてお話していきます。

車椅子に座ったままかシートに乗り換えるか

福祉車両の装備については、車後方に車椅子を格納する仕様のほかに、シートが飛び出して座らせるようなものがあります。

 

また、座席が動く機構については電動や手動があります。

 

当然電動で動く座席のほうが良く、特に椅子に座ったまま格納されるようなときには、手動ではそれなりに大変です。

 

豆知識ではありますが、電動で動く福祉車両装備は重量が重くなりがちで、エコカー減税は重量当たりの燃費となるので、ここで減税幅が変わるようなケースも少数ながら存在します。

ステップが出るタイプもある

福祉車両というと、車椅子をどうするのかというような車が多いですが、段差が大きい車においてステップが出るものも存在します。

 

福祉車両は税金の減免や非課税対象とされていて、その他低金利貸付などの優遇措置がありますが、これを悪用してステップが出るタイプの車をわざわざ買うケースもあるかもしれません。

 

ただ、減免税額や非課税対象についてはそれほど大きくないことに加えて、障害者が利用することを書類で証明する必要があるので、ちょっとしたテクニックは難しいでしょう^^;

 

なお、自動車税や自動車取得税は納税する必要があり、申請が行われてから返される流れとなります。

オススメはスロープタイプ

車椅子の福祉車両でのお話になりますが、車椅子を後方にセットするタイプの車でスロープタイプが一番良いでしょう。

 

他のケースでは、車椅子後方格納で脱着式リフトのものや、座席が動いて乗りやすくする場合も、結局車椅子をどこかにセットしなければいけないのです。

 

そのため、スムーズに乗り降りできるスロープタイプの福祉車両に軍配があがるということになります。

 

他方、椅子が飛び出すタイプの福祉車両であれば、手動は当然ながら大変なことも多いので、電動稼動の椅子のものを選ぶようにしたいものです。

 

特に中古車で探すときは動作をどのようにしているのかを確認するようにしてください。

 

このような心配事が無いのも、後方格納スロープタイプの福祉車両の利点かもしれませんね!

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたが見れる中古車情報は3割だけ!!
中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名ですが、この情報は全体の3割しか掲載できていません。
これは仕方ないことで残り7割の情報は流通前にもので業者しか取り扱えず、素人に全てを見せるわけにはいかないのです。
ただ、全部は無理ですが一部だけ見ることは可能で、最近は多くの方が非公開車両から車を選んでいます。
面倒な手続きもなく完全無料ですので、限定情報を知りたい方は今すぐ確認してください。
⇒7割の非公開情報を見たいならこちら【無料】