実は予算200万円~300万円では、大衆車が選び放題!というほどではないですが、かなりの選択肢があるボリュームゾーンとなっています。

 

というのも、100万円~200万円の予算の場合と異なるのは選択肢が増えていろいろな車が買える!、という期待を持っている方が多いのではないですか?

 

200万円ぎりぎりというよりも、300万円で済めばいいなぁ~なんて考えている方も少なくありませんし、ボーナス払いなどを使って300万円台の車を買う方も多いのです。

 

ただ、実はこの考え方は車を買うときに思ったよりも高くつく場合が多いので注意が必要です。

 

こちらでは大衆車を無理なく選ぶという方からちょっと無理をしちゃおうかなっていう方のためにお話していきます。

200万円から300万円は選べる車が多い

まず冒頭で申し上げたように、国産車を選ぶ場合には、200万円から300万円が一番選択肢が多く、良い車を選ぼうとすれば予算ぎりぎりに、安く済ませようと思えば安く済むなど、車以外にも選択肢はさまざまです。

 

代表的な車でいえば、グレードなどが高い大型の軽自動車とコンパクトカー、中型のミニバンにプリウスなどのエコカー、そして中型のSUVも該当します。

 

改めて該当する車をみてみると分かるのが、やはりこの200万円から300万円という予算は大衆車の予算であると納得します。

 

現在は、格差が広がっている社会なんていいますから、どんどんひとつのものさしで測るのが難しくなってくる日本国民のお財布事情ですが、車選びで中央の幅が分かってしまうような気がしますね。

 

ただ、車購入に使える予算が200万円から300万円というと、実際には200万円前半と300万円近くでは選べる車種が変わってきます。

 

次にその点をみていきましょう。

魅力がある車は価格設定が300万円

車メーカーもいやらしい価格設定をするなと思うのが、少し背伸びをすると300万円を超える支出になってしまうところです。

 

コレだけ見るとそれじゃ買えないだろうと思うかもしれませんが、実はローンであったりボーナス払いを駆使すると意外に手が届いたりするものです。

 

というのも、200万円台の車を買う方は大体年収が500万円ほどの世帯であることが多く、ローン審査なども意外に通るものです。

 

車ローンに不安があるならば、静岡銀行では審査の可否が数秒で簡単に判定できますので、確認してみると良いでしょう。

 

車ローンの可否を確認する方はこちら

↓↓↓

 

ですので、車メーカーとしてはこの層に多少無理をしてもらいたいという狙いもあって魅力的な車は少し高め、でも手を伸ばせば届くという設定になっているのです。

無難な選択は200万円半ばで中型ミニバン

私の中型ミニバンのオススメはトヨタヴォクシーであり、デザインが落ち着いたものがよいならトヨタノアを選べば良いでしょう。(ただし、中古車相場としてはヴォクシーのほうが強いらしい、トヨタアルファード・ヴェルファイアも同じくヴェルファイアのほうがリセールバリューは上)

 

そのような無難な車の選択が、200万円台半ばから300万円ほどの価格帯で設定してあります。(この辺は本当に車販売がうまいと関心します^^;)

 

先ほどのお話と組み合わせると、ヴォクシーやノアでいいという方には最適なプランを、もうひとつ上の大きさであるアルファードやヴェルファイアに背伸びしてみるという方には300万円超の車をというなかなかいやらしい、でも憎めない設定となっているわけですね。

 

車は好きでもないけれど、そこそこなものが欲しいというなら200万円半ばで手を打つのが得策でしょう。

少し無理も良いが計画性は必須

最後に少しだけブレーキを。

 

多少無理も出来る方が多い予算200万円~300万円のレンジですが、ディーラーが提示したからといって無理に高い車を買う必要は有りません。

 

別のページでもお話しましたが、車を無理に買ってお金が無いから節約のため外出しないとなってはせっかくの車が台無しです。

 

予算が100万円~200万円の方よりは無理が出来るという方も少なくありませんが、それでも一定の計画性は持つようにしてください。

 

ローンを使う場合には先に車保有期間における返済シミュレーションをしておきましょう。

 

返済や利用の計画が出来ているのなら、ディーラーで言われるがままにふらふらしながら決めるのも悪くないのではないでしょうか。

車選びは比較対象を多くすると良い

最後に車選びを行ううえで重要なことは、選べる対象を増やして比較するということです。

 

車を購入する場合には、多くの方は多少なりとも比較をおこなうわけですが、その数まで気にしたことはあるでしょうか。

 

というのも、車を選ぶときに比較対象を増やすということは、そのクラスでの最良な車の決定にも役立ちますし、逆にいえば高くて価値が低い変な車を購入する可能性を減らすことが可能です。

 

そのため、車を選ぶときには予算が一番重要な要素ではありますが、それで範囲を狭くしたうえでどの車を選ぶのかを比較することは大切なことなのです。

 

新車を購入するとしても中古車と比較することもあわせてみてみることで、視野が広がりますので新車しか考えていない方は中古車を、中古車しか考えていない方は新車の購入も検討してみるとよいのではないでしょうか。

 

以上、お役立てください。

 

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名ですが、この情報は全体の3割しか掲載できていません。

とはいえ、これは仕方ないことで掲載面にも限りがありますし、業界利益の保全も考えると素人の方に全てを見せるわけにはいかないのです。

ただ、希望する条件にあった情報だけであれば見せることも可能ですから、残り7割の情報も知りたいという方は続きを確認してください。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】