2015年現在、ミニバン市場は成熟しつつあります。

 

5ナンバーや3ナンバーという草分けやメーカーによる性格の認知、さらにはプチバンなど各メーカーはユーザーニーズを満たす車を投入してきています。

 

まさに、一昔前のコンパクトカー市場のように群雄割拠に状態になっているわけです。

 

こんな状況で気をつけないといけないことを2つにまとめてみました。

 

  • 必ず完成度が高い車種を軸に比較する
  • ハイブリッドモデルを選択している理由

 

これらについては後に詳しく述べるとして、まずは概要からどうぞ!

2016年にはトヨタエスティマが登場する影響

ミニバン市場にはサイズの違いこそあれ、各社得意不得意問わずに新型をリリースしています。

 

2015年中にはホンダからステップワゴンが、2016年には同社よりフリードが投入されます。

 

この中で特に注目して欲しいのが、2016年中にリリースされるエスティマでしょう。

 

エスティマは長らくモデルチェンジをしていなかった車ですが、トヨタを代表するミニバンのひとつとして現在でも売れ続けている背景があります。

 

エスティマの位置としては3ナンバーミニバンになりますから、トヨタのラインナップとしてはアルファードやヴェルファイアと市場がかぶるように思えるなか、実はかぶらないという不思議な車となっています。

 

エスティマファンには失礼な言い方かもしれませんが、さすがにモデルチェンジをしてこなかったこともあって、現在では地味な外観ですがそれでも売れている現状がありました。

 

これを現代風にアレンジするとどうしてもトヨタ3ナンバーミニバンとバッティングしてしまう、という状況も考えられるのです。

 

ここで懸念されるのはミニバン全体の市場価値への影響です。

 

似たような車が増えると、どうしたって全体の価値は下がりますし人気がある車の相場は維持してもそうでない車の相場は酷いものになります。

 

つまり何が言いたいのかといえば、決して安くない高級路線になっているミニバンの買う時期について慎重にならなければいけないということです。

 

価値下落は特に高級車路線の車では著しいのです。

 

相場下落の可能性について考えながら車も選ばなければいけない、これが近年の高級路線になっているミニバン選びの注意点になります。

 

このことを、先ほどあげた2つのポイントで見ていきます。

完成度の観点からトヨタを軸に考える

まず、車を中古車として売るときにはトヨタ車が有利であるという背景があります。

 

ホンダも日産もいい車であるとは思うのですが、売るときに有利なのはトヨタです。

 

この価格は結構正直で、車種やクラスによる違いはあれど、やはりトヨタ車の完成度はとても高いものとなっています。

 

ミニバンについても同様であり、5ナンバーミニバンでも3ナンバーミニバンでも、トヨタが他よりも頭がひとつ抜けている印象です。

 

物事を比較してよいものを選ぶということをするならば、良いものを基準に比較すべきであり、特にミニバンについてはトヨタ車の完成度は高いものとなっていますので、試乗で比べたりするときもまずはトヨタへ足を運んでください。

ハイブリッド選択に潜む影について

次にハイブリッドのミニバンについてのお話です。

 

ハイブリッド車はかなり強気の価格設定で、なんとトヨタヴェルファイアは600万円近くするのですね!

 

一昔前では考えられませんが、今はミニバンも高価格路線です。

 

高価格の車はフェラーリなどを除けば価格下落も激しいのが特徴で、特にハイブリッドがここまで高いことについては何かあったときの下落もすごいのではないかと考えています。

 

ハイブリッド技術は過渡期の技術であり、最終的には電気自動車や水素系自動車に移行するものと考えています。

 

もちろんまだまだハイブリッド車は優勢で、電気自動車には航続距離の向上と充電設備の拡充という課題があります。

 

ただ、そう遠くない時期にこれを解決する技術革新があった場合には、かなりの価格破壊を起こす可能性があります。

 

ただでさえ、高級路線の車は価格変動が激しいのに合わせてハイブリッド技術の陳腐化の二重効果とあっては、相場変動も厳しいものになるでしょう。

 

とはいえ、まだまだ予想の域を出るものではありませんが、車買い替えを考えているならばこういったリスクも存在するという点は覚えておいて損はありません。

買うタイミング次第で損得が大きいので注意

近年のミニバンは高級路線になっているために、買うタイミングを間違えると下取りなどが不利になったり買い替えで苦労するなどの点が顕著になっています。

 

いくらなんでもミニバンで600万円の価格は高すぎるだろう!と思ってしまう私ですが、そう思う人が増えればやはり査定額にも影響がありそうです。

 

さらに技術的な追い込みもあったとしたら目も当てられませんね。

 

なお、電気自動車の改善については日本では日産が積極的で、2020年までには実用的な段階まで持っていくと発表しています。

 

また、現在でもテスラモーターは高価格であるけれども実用に耐える電気自動車を製造販売していますので、場合によってはこのプランは早まる可能性もあります。

 

そのため、高い価格を出して買うというリスクについて冒頭では新しい車、途中ではトヨタ基準やハイブリッド車が高すぎることをいってきましたが、十分に注意して購入して欲しいと思います。

 

最後に小さい点ですが、ミニバンを支持しているのは30代から上の世代で、20代でも欲しいようですが予算が厳しいようです。

 

ただ、価格帯としては若年層向けの外観のほうが好まれるそうで、下取り価格や価値下落を考えている場合は気をつけてください。

 

トヨタヴォクシーは、ノアとは外観以外同じ車両ですが、ヴォクシーのほうが査定額では有利となっています。

 

同じく、ヴェルファイアとアルファードでは、若年層向けのヴェルファイアのほうが有利という状況です。

 

細かい点ですが参考にしてみてください。

 

以上、あなたの車選びにお役立てください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】