軽自動車にしようか、それとも普通車にしようかと考える人は多いですね。

 

なぜかといえば、どうしたって車の維持にはお金がかかりますし、できれば安いほうが良い。

 

でも軽自動車は安全性に問題があるなんていうし・・・

 

というなかなか決めにくい、車を買うなら軽自動車か普通車かという選択でしょう。

 

今回は室内が広いダイハツタントのような軽自動車にするかどうかコンパクトカーにするか、さらに最近出てきたプチバンも混ぜてお話していきます。

 

そのため、100万円を切るような軽自動車とコンパクトカーどちらがという事に関してはあまりお話しません。

 

ただし、そうした場合も年間維持費が許せるかどうかで選んでもらえればよいのではないかと思います。

最近の軽自動車は車体価格が高くなっている

注目して欲しいのが最近の軽自動車の車体価格です。

 

一昔前は100万円を切るのが当たり前で、超えてもやはり普通車と比べれば安かったのです。

 

しかし最近は150万円前後になるような場合も多くなってきました。

 

こうなると軽自動車は安いという考え方が崩れてきてしまいます。

 

ハイブリッドカーで現在一番人気のトヨタアクアは180万円前後ですから、良く考えてしまいます。

実は維持費の違いは年間5万円前後

では維持費はどうかというと税金で考えれば大体年間5万円ほどの違いになります。

 

この差、大きいと感じますか?

 

もしそうならば、軽自動車を選ぶべきでしょう。

 

しかしながら、軽自動車を選ぶのが最初から嫌ということならばこの5万円を我慢すれば普通車に乗れることも意味します。

 

あなたにとってこの5万円は大きいものですか?

今の軽自動車は車内がコンパクトカーよりも広い

よくコンパクトカーと比較しますが、今の軽自動車を新車で買うユーザーはダイハツタントのような室内が広い軽自動車を買うことが多く、コンパクトカーと比較するのは実はナンセンスです。

 

なので、比較するときはプチバンと比較してください。

 

プチバンとは、中型のワンボックスを最近はミニバンといいますが、その小さいものでホンダフリードなどに代表される、コンパクトカーよりも室内高が高い車です。

 

トヨタシエンタというプチバンが車体価格としても180万円前後となりますので、こちらと比較してください。

必要な広さを決めて維持費5万円の差がでかいかどうか

今まで軽自動車とトヨタアクアやホンダフィットなど生活に利用する車と比較する記事は多かったですが、少し時代も変わってきているので、室内が広い軽自動車はプチバンと比較するようにしてください。

 

軽自動車と普通車は車体価格はほとんど変わらないぐらいになってしまいました。

 

そのため、結局年間維持費5万円の差が我慢できるかどうかで選べばよいと思います。

 

なお、当然ですが軽自動車に多くの人数を乗せたらターボ付で無い限りは、パワーが足りないので山が多い地域などでは普通車を選ぶ価値はあります。

 

利用人数やあなたの居住地域、そして維持費の観点で決めてみてください。

 

私は、普通車を選ぶことを前提に軽自動車を選ぶ理由をあげていって、結局は軽自動車を選ぶ積極的な理由がないなら普通車にすればよいという選び方がオススメです。

 

  1. 年間維持費5万円の差は大きいか
  2. 利用地域に山道が少なくや降雪は多くないか
  3. 乗車人数は少ないか

 

どの選択肢も「いいえ」を選択するならば普通車を選ぶ、どうしても決めかねているならやってみてください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】