国産の高級セダンといえば、トヨタクラウンやレクサスシリーズが思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。

 

どちらもトヨタ系列ですが、ある意味で日本の高級セダンといえばトヨタ関連であることが多く、一部例外を除けば多くの方のイメージもここに一致するはずです。

 

ただ、今の時代では日本はミニバンやSUV・ハイブリッド車を作ることに躍起になっていて、セダンを作るというメーカーも減ってきていますね。

 

事実、トヨタも人気のラインナップはハイブリッドカーアクアとミニバンヴェルファイアだったりヴォクシーだったりといった具合で、売れる車を作るというのは当然の選択ですから、セダンが売れないならば作られないのは仕方が無いことです。

 

そんな中で、セダンがメインとしている欧州ブランドと比較するとどうしてもそちらを買ってしまう方が多い中、実は国産の高級セダンも悪いないのでは?と考えている方もいますので、今回はその点についてお話していきます。

セダンは乗り手を選ぶ

昔は車といえばセダンというステレオタイプな見方がありましたが、現在ではミニバンや軽自動車、コンパクトカーとなっています。

 

セダンというのはどちらかといえばクラシックな味わいがある車となってしまったようです。

 

大変失礼な言い方で申し訳有りませんが、イメージとしては「おっさんの車」というところが正直なところではないでしょうか。

 

個性が無い年を取った人が乗る車が国産の高級セダンです。

 

これは仕方が無い面もあります。

 

日本には中流階級が多かったので、同じような趣向を持った(実は与えられていただけかも)人が多かったのです。

 

そのため、最初は中古のカローラ前後から始まって、最後は新車のクラウンを買いましょうね~という流れだったのです。

 

そうなってくると、どうしても壮年近くになってクラウンを買うから「おっさんが乗っている車」というイメージなのでしょう。

 

でも今は時代が異なりますので、このイメージに縛られないほうが良いでしょう。

 

ちなみに現在は、首都圏近辺では壮年層の車保有は軽自動車かコンパクトカーが多く、地方にいくほど車のクラスが上がっていくイメージです。

 

そして現在の国産高級セダンをマイカーに選ぶ方には、いわゆる車好きというような何か趣向がある方が多いですね。

現在のセダンを選ぶ人は車好きである

地域に一人はいると思いますが、国産高級セダンを購入している方は日ごろから車を洗車したりする車好きではありませんか?

 

現在の国産高級セダンは車好きが買うものとなってしまいました。

 

だって、走るだけなら軽自動車やコンパクトカーで十分で、しかもブランド価値を認めるような文化も昔ほどではありません。

 

そしてこれは私の周りだけかもしれませんが国産高級セダンを選ぶ方は、軽自動車はもちろんのこと、ミニバンなどの車はつまらない車であると考えている人が多く、人と同じ車に乗るのは嫌だ!と思っている方が多いように思えます。

 

つまり、車が好きという方が国産高級セダンを乗る傾向にあるようで、その選択趣向はステータスを求める場合や他人と区別するためのものとして選ぶ傾向があるとみています。

 

このことは、外車の高級セダンを選ぶ層がブランド価値で選んでいるのと相対しているのではないでしょうか。

昔はセダンを多くの人が乗っていたので逆に良い選択とは言えなかった

途中でも申し上げましたが、昔は選ぶ車というのはそれほど多くの選択肢を持っていませんでした。

 

似たような国民層が多かったこともあって、メーカーの戦略と日本人の国民性を利用して同じような車を欲しがらせる傾向にあったのです。

 

なので、そのときはほとんどの方は意識しなかったでしょうけれども、みんな同じような車に乗って大変つまらない状況だったのでは?と今から考えると思ってしまいます。

 

現在は昔に比べれば個性が許される時代ですし、実際に個性が出てしまうような経済格差も認められています。

 

そのため、昔では多くの方が選ぶ国産高級セダンでしたが、現在は車好きが選ぶ国産高級セダンとなっている、もしくはなってくるのではないかと思っています。

 

この辺は、かつてブランド価値が低いマツダが現在はスカイアクティブ技術によってブランド価値をあげた同社や、「audi」がドイツブランドの中では格下に位置づけられていたところから、技術力のメーカーとして認知されてきたことなど、新旧で抱くイメージが変わってきていることと同じようになると考えています。

少数派となった今こそ国産高級セダンを乗ろう!

ところでトヨタsaiという車は、まさにこの流れに乗ろうとして失敗したように思えますが、それも当然で現在はかっこいいセダンが欲しいわけではないということについて理解していなかったように思えます。

 

下手に主張の強いセダンを作ったところで日本では受けない車となってしまいました。

 

対して、マツダアテンザなどは派手な主張をしないセダンで成功していますね。

 

私としては別にトヨタsaiも悪くは無いと思いますが、実際に買うかといわれたらマツダアテンザのほうを選ぶと思います。

 

つまりは、結論として現在の国産セダンには主張性はそれほど必要とせずに、車好きの大人が乗る車としてセダンが選ばれているのです。

 

これは高級セダンになったとしても同じで、派手さやブランド性を主張したいなら外車のほうが良いでしょうし、国産車を選ぶ人はそれを求めていませんね。

 

こういったわけで、車自体にブランド性を主張したいという方なら外車のセダンを乗ったほうが良く、そんな主張するというのはダサいと思う方や目立つのはちょっと・・・という方には国産高級セダンがマッチするのではないかと思います。

 

ただし、レクサスは同社のイメージ戦略からか目立ちたがりが選ぶ車種もあるので、特に安価な車種に関してはご注意ください!

 

車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名ですが、この情報は全体の3割しか掲載できていません。

とはいえ、これは仕方ないことで掲載面にも限りがありますし、業界利益の保全も考えると素人の方に全てを見せるわけにはいかないのです。

ただ、希望する条件にあった情報だけであれば見せることも可能ですから、残り7割の情報も知りたいという方は続きを確認してください。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】