eKワゴンのネーミング由来は「良い軽ワゴン」のようですが、私としてはそれほど良い車だとは考えていません。

 

もちろん悪い車ではないのですが・・・

 

軽自動車のワゴンタイプは一昔前のトレンドであり、スズキとダイハツでしのぎを削って洗練されているクラスなのです。

 

これらのメーカーの完成された車と比較するとどうしてもeKワゴンが見劣りするということになります。

 

こちらでは、どうしてeKワゴンが他メーカーの軽自動車よりも見劣りするのかということについてお話していきますので参考にしてください。

なぜ他メーカーの車より見劣りするのか

車を選ぶときにあなたはどんな基準で選びますか?

 

内装?それとも走行性能?

 

一番重要なのは価格であるということは多くの方で共通ですが、その出した金額に対して車性能が妥当なのかを見ますよね。

 

性能が同じならば安い金額で車を買いたいですし、金額が同じならば高い性能の車を買いたいということは、支出したお金に対して得られる効用などを最大化したいということもあって、つまりは得られる価値を最大にしたいという思惑があるはずです。

 

eKワゴンの中古車市場は、他メーカー軽自動車よりも若干安くなっていますが、これは性能が悪い分だけ相場が低くなっているともいえなくもありません。

 

ここでeKワゴンの性能をどのように見ていくか、ここが重要なので次はその見方についてみてみます。

 

このことを大きく分けて考えてみると、内装と走行性能、また見た目も重要なわけ方になります。

 

ただ、見た目に関しては他社においてもこのワゴンクラスは派手さがなくなってシンプルにする傾向がありますので、あまり差がなくなっていますから、必ずしもそうだと考えるのは安易過ぎます。

 

そのため、内装と走行性能で他メーカーの軽自動車と比べてみてみることが妥当だということで、次にそれらを詳しくみていきますね。

内装は他と比較しても申し分ない

性能的に内装にこだわるしかなかったのかもしれませんが、この車の内装で大きな特徴があるとしたら、タッチパネル式のオートエアコンです。

 

他メーカーでは採用されていませんからね。

 

さらに、シートの質感であったり内装の総合的な質は悪くない内容でした。

 

つまりは、他メーカーとの差がないということですが、これは悪いことではありません。

 

ある意味でいえば、内装については後からでも多少何とかなるような部分であり、設計などで勝負できないからこそ悪くない、または他よりも良くしておくということも競争状態では重要なのでしょう。

 

このように、内装は他メーカーとの差は見られず、むしろ良い位置にいるといえます。

 

ならば、なぜ価値が低い状況なのでしょうか?

 

それは車の本質的な部分による違いです。

走行性能は他と比べると残念

eKワゴンの他メーカーとの差について問題がなかった内装と比べると問題だらけなのは走行性能です。

 

スズキとダイハツは17年近く、このクラスを作り続けていただけに、経験の差があるなかで比較して評価するのは酷ですが、ちょっと完成度が足りない印象です。

 

加速がもたつくような感じがすることや、アクセルを踏んでももっさりするような、出力なのか動力伝達なのかわかりませんが、これが気になるならば他のメーカーで買ったほうがいいということになります。

 

ちなみに私なら、ワゴンタイプの軽自動車を買うならば、スズキかダイハツを当然に選びますが、これは走行性能による違いです。

 

別に軽自動車の乗用利用でスポーツをするというわけではありませんが、日常的に利用する車だからこそ利用状況にこだわりたいのも事実。

 

靴の性能が低ければ歩くのが辛いということと同様に、車についてもしっかりと使える性能は求めたいものです。

総評:内装「良」燃費「普通」走行性能「劣」

燃費については説明していませんでしたが、JC08モードでリッターあたり30.0kmと、それほど悪いものではありませんでした。

 

他の同クラス軽自動車で比較すると次のようになります。

 

  • スズキワゴンR:33.0km
  • ダイハツムーヴ:31.0km
  • 三菱eKワゴン:30.0km
  • ホンダN-WGN:29.4km

※JC08モードでリッターあたりの燃費

※情報は2015年末のもの

 

内装に関してはよくいえばエアコン操作パネルの分を評価すれば良、走行性能は散々お話したように劣となっています。

 

ところで車の車体価格は他メーカーの車よりも安めに設定されていて、127万円ほどで値引きもそれなりに期待できますが、私は多少安くても他メーカーの軽自動車にしたほうがよいと思います。

 

とはいえ、この車に責任があるわけでなく、スズキとダイハツがこのクラスは強すぎるので、そちらで選ぶほうが賢明であるということになります。

 

三菱の軽自動車が特別に好きであったり、長く付き合いのあるディーラーで購入するならばまだしも、そうでないならば積極的にこちらの車を購入する理由はありません。

 

どうしてもということであれば、必ずスズキやダイハツの同類クラスを比較したうえで、どちらが良い車なのかを判断してほしいと思います。

 

eKワゴンを選ぶとしても特に試乗をしっかりとして、走行時の感覚による違いを確かめたうえで検討することをオススメしますよ!

 

以上、あなたの車選びにお役立てください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】