トヨタにはアクアがありますので、ヴィッツハイブリッドを購入するというのは変わり者しかいないのでは?なんて思われるかもしれません。

 

ただ、この車もそんな悪い車ではありませんし、良いところもあるはずです!

 

そう、今回はコンパクトエコカーのクラスでヴィッツハイブリッドを選ぶ理由を探しちゃいましたので、気になる方は確認してください。

 

そんなわけで今回はヴィッツハイブリッドを他車種と比較したり、良いグレード探しのために比較してみますので、あなたの車選びに参考にしてください。

ヴィッツハイブリッドを買うべきか?

そもそも、ヴィッツハイブリッドを購入する必要はあるのか?という点を考えてみると、実際は無いのかもしれません。

 

というのも、トヨタにはコンパクトエコカーのアクアがありますし、ホンダユーザーにはフィットハイブリッドがあります。

 

このような状況で、ヴィッツハイブリッドは買うべきなのかと考えてしまうわけですが、ちょっただけ待ってください!

 

このページを読み終わるまでは待ってください^^;

 

こちらでは憎きトヨタアクアやホンダフィットハイブリッドとの比較をしますからね。

ライバル車との比較

さて、ライバル車は当然ですがこの2台を選びました。

 

  • トヨタアクア
  • ホンダフィットハイブリッド

 

それぞれ、一般グレードで比較することにします。

 

それでは早速見ていきましょう!

新車価格と燃費比較

車種 ヴィッツハイブリッド アクア フィットハイブリッド
価格 187.90万円 188.70万円 181.50万円
燃費 34.4km/L 34.4km/L 34.0km/L
エコカー減税等 -11.34万円 -11.34万円 -10.34万円
排気量 1496cc 1496cc 1496cc
発売日 2017年10月 2017年6月 2017年6月
グレード F セーフティエディション

 

新車価格でグレードの高低をあわせています。

 

偶然にも燃費は似たり寄ったりですね。

 

排気量も同じと偶然なのかと思ったのですが、おそらく重量と燃費とを考えると一番都合がよいのはこの排気量なのでしょう。

 

どれもスペックを見る限りだと差がありません。

 

税金比較

車種 ヴィッツハイブリッド アクア フィットハイブリッド
自動車税(軽)1年分 3.45万円 3.45万円 3.45万円
重量税3年分 2.25万円 2.25万円 2.25万円
取得税 5.00万円 5.00万円 4.00万円
消費税 15.03万円 15.10万円 14.52万円
エコカー減税等 -11.34万円 -11.34万円 -10.34万円
合計 14.39万円 14.46万円 13.88万円

※エコカー減税は将来期間も考慮

 

税金比較もあまり差はなく、取得税に差がある程度です。

金利別ローン支払い総額

車種 ヴィッツハイブリッド アクア フィットハイブリッド
新車価格 187.90万円 188.70万円 181.50万円
銀行系(年利2%) 197.61万円 198.45万円 190.88万円
残価設定型(年利4%) 216.55万円 217.48万円 209.18万円
ディーラー系(年利6%) 217.96万円 218.89万円 210.53万円

 

グレードの高低を車体価格であわせているので当然に差はありません。

 

そのため、残価設定型の利用について、通常ローンとの差額でも見ておきましょう。

 

車種 ヴィッツハイブリッド アクア フィットハイブリッド
新車価格 187.90万円 188.70万円 181.50万円
通常ローン(年利4%) 207.63万円 208.51万円 200.56万円
残価設定型(年利4%) 216.55万円 217.48万円 209.18万円
差額 -8.93万円 -8.96万円 -8.62万円

 

5年間で9万円差ですが、少ない支払いで済んだという手数料が年間1.8万円ほどであり、残価部分をまた分割払いするならもっと利息を払うことになるでしょう。

維持費(年額)

車種 ヴィッツハイブリッド アクア フィットハイブリッド
年間の燃料代 3.84万円 3.84万円 3.88万円
税金 4.20万円 4.20万円 4.20万円
車検 15.00万円 15.00万円 15.00万円
メンテナンス 12.00万円 12.00万円 12.00万円
駐車場代 10.00万円 10.00万円 10.00万円
自動車保険料 7.00万円 7.00万円 7.00万円
合計 52.04万円 52.04万円 52.08万円

 

維持費も変わりません。

 

ここまで変わらないとある意味ではヴィッツハイブリッドを選ぼうがアクアを選ぼうが、個人の好み以上に差はなさそうです。

寸法・室内の広さ・最小旋回半径・地上高

車種 ヴィッツハイブリッド アクア フィットハイブリッド
全長 4,915mm 4,050mm 3,990mm
全幅 1,850mm 1,695mm 1,695mm
全高 1,895mm 1,455mm 1,525mm
最低地上高 165mm 150mm 135mm

 

ようやく個性が出るのはここですね。

 

そう、ヴィッツハイブリッドは車体が大きいのです。

 

地上高も他の車より大きいので、悪路などで楽な反面、スポーティーな印象は薄れます。

 

車種 ヴィッツハイブリッド アクア フィットハイブリッド
室内長 3,210mm 2,015mm 1,935mm
室内幅 1,590mm 1,395mm 1,450mm
室内高 1,400mm 1,175mm 1,280mm

 

車内の広さを見ても明らかでヴィッツハイブリッドは広いです!

ヴィッツハイブリッドグレード間比較

フィットハイブリッドのグレードは次の3つで比較しています。

 

  • Fセーフティエディション
  • ジュエラ
  • U

 

グレードの高低はU>ジュエラ>Fセーフティエディションとなっています。

 

グレード F セーフティエディション ジュエラ
価格 187.90万円 198.40万円 208.80万円
燃費 34.4km/L 34.4km/L 34.4km/L
エコカー減税等 -11.34万円 -11.34万円 -11.34万円
排気量 1496cc 1496cc 1496cc
発売日 2017年10月 2017年1月 2017年1月

 

まずはグレード比較表です。

 

注目するポイントは車体価格だけです(笑)。

 

もし他にあるとしたら発売日がFセーフティエディションは新しい点ですね。

 

維持費や税金についても比較したいのですがあまり変わらないということで、価格差は装備の充実度によるところでしょうか。

 

Uシリーズには、ASCD(オートスピードコントロール装置)が標準装備でついていたり、本革巻きステアリングだったりと他グレードとはちょっと装備が違うわけです。

 

つまりは、ヴィッツハイブリッドのグレードは装備で選ぶということです。

納期

2017年11月1日現在、ヴィッツハイブリッドの納期は1ヶ月以内です。

 

テレビCMまでしていたわけですが、売れ行きについてはとても多く売れて大変なことになった!というほどではないみたいですね。

 

年や年度の変わり目は納期について気をつけてください。

 

登録が必須の、例えばエコカー減税などについては適用ができないなんてこともありますからね。

モデルチェンジ予想

ヴィッツハイブリッドはFセーフティエディションが2017年10月に登場し、車自体も2017年1月に登場していますので、まだまだ先の話になりそうです。

 

小さいモデルチェンジはすると思いますが、どちらかといえばサブ扱いになってしまったトヨタのコンパクトカー扱いになったヴィッツを積極的にモデルチェンジするのかは考え物です。

 

このことから、マイナーチェンジもあまり頻度良く行わないのではないかと考えています。

中古車情報

ヴィッツハイブリッドの中古車はまだまだ出回っていない状況です。

 

コンパクトエコカーでは、アクアを探したほうが良い車が見つかりますし、良い車を探すのも楽でしょう。

値引き方法

ヴィッツハイブリッドの値引きは競合する車を比較すればよく、フィットハイブリッドと競合させるのが一番でしょう。

 

現在は、マツダデミオもクラスとしてはコンパクトエコカーとして比較対象に入れられるので、うまく値引きを引き出せば少し安く買うことが可能です。

 

交渉しなければ値引きしてくれませんので、めんどくさがらずにまずは比較して値引きしてくれるか聞くのがベターです。

結局ヴィッツハイブリッドは良い?悪い?

ここまで見てきたようにヴィッツハイブリッドは他のコンパクトエコカーと比べても悪い車ではありません。

 

どうしてもトヨタ車の同クラスにアクアがいるのでその存在感は小さいものとなってしまいます。

 

ただし、車のサイズでいえば同クラスで一番大きいことも確認できたように、アクアかフィットかという選択で車の大きさからフィットを選んでいたユーザーも、トヨタブランドで広さを求めて選ぶことが可能になりました。

 

つまり、ヴィッツハイブリッドを選ぶ理由は広いコンパクトエコカーが欲しいときに選ぶべきであり、その選択基準で選ぶならヴィッツハイブリッドは良い車ということになりますので、参考にしてください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】