故障したりキズがあったりすると修理したほうが査定額が上がるような気がしますよね?

 

実は修理したほうが査定額が上昇します。

 

つまり、高い査定額を目指しているならば修理してから査定に出したほうがよいということになります。

 

しかしながら、修理をして査定に出すと金銭的の損になります。

 

「査定額が上がるのに損ってなんで?」と思いますよね?

 

当然査定額があがったほうがよいにはよいのですが、この上昇する査定額と修理にかかる費用について考えると、支出する額よりも査定額が上がらないことがほとんどなのです。

 

つまり、修理した費用を上昇する査定額で回収できないということになります。

 

こうなると金銭をより多く得たいから修理しているのに意味がないですよね。

 

今回は修理が必要な車について、金銭的な得をするならばどうすればいいかを確認していきたいと思います。

 

まずは、修理をして損をすることから詳しくみていきます。

車は修理せずに売りに出そう!

故障していたり、修理が必要でも現状のまま査定に出してください。

 

いや、気になるのは分かるのですよ。

 

それは誰でも同じですから。

 

故障していたり修理が必要な不完全な状態で出してよいのか?さらに査定も下がっちゃうでしょう?と思いますよね。

 

ええ、当然下がります。

 

でも修理費用まで考えていますか?

なぜ修理しないほうが良いのか?

修理費用も考えると損になります。

 

というのも、車買取業者は業者価格で修理を依頼できるケースも多く、また自社の工場を持っている場合もあります。

 

そのような場合には、あなたが一般価格で修理したとしても、業者としては業者価格で安く修理できるので、査定金額への反映が小さくなります。

 

つまり、あなたが払った額以上に査定額があがることが稀なのです。

 

そのため、修理費用まで考えると現状で査定に出したほうが良いということになります。

こんなときは多少補修したほうが良いかも?

 

今の車では珍しいですが、鍵を利用するような車の場合には鍵あとがボディーに付いたりしますよね。

 

これは研磨剤入りのワックスで綺麗に落ちる可能性があります。

 

このような小さなキズは簡単に取ることが可能なので、綺麗な状態で車を引き渡すことが出来ます。

 

ただし、こんな小さなキズを気にする業者は少なく、もし話題にあがるとしたら安く買うための口実に使うぐらいでしょう。

 

そのため、簡単に取れるキズを取りたいということなら、やってみる方もいるでしょうけれども私はオススメしません。

 

しかし、査定額が変わらない可能性があるのにリスクを取るのはどうかしているかもしれません。

 

なので私は推奨しませんし、やってみたい方は自己責任でやってください。(塗装への影響を目立たないようなところで確認してから行う)

大きな事故を隠して査定を受けると後々訴えられる可能性有り

普段、法律に関わっていない人にとっては消費者こそ保護されて最強!なんて思っている方が多いのですが、車買取においてはあなたは弱い立場に立たされているのをご存知ですか?

 

具体的にいうと後から分かった欠陥については、それを買主は売主に対して損害賠償をすることが出来るというものです。(売主の瑕疵担保責任:民法566条・570条)

 

よくあるのが修復暦がある車を、修復暦が無いとして売ってしまった後に訴えられるケースです。

 

査定士は万能ではありませんから、査定時にこのような欠陥を見逃してしまう可能性があります。(20回に1回は見逃すといわれています。)

 

ですが、なにも車の確認は査定士によるものだけではありません。

 

業者オークションの会場でも確認されますので、このときに発覚したとしたら取引が完了したあとでも訴えられるのです!

 

多くの場合、ばれてしまいますから嘘はつかないほうが気持ちの面でも楽ですよ。

 

もちろん、リスクを犯してまで何とかしたいというのなら止めることは出来ません。

 

そのための買主保護の訴える法律が完備されているわけですからね^^;

売る前に洗車はしておいたほうが良いのか?

これは人によってまちまちです。

 

車を買い取る側の立場で申し上げると、掃除してくれたほうが嬉しいです。

 

ただし、多くの場合は査定額への反映はありません^^;

 

というのも、洗車してあることが車の価値に影響しないのです。

 

結局、車の価値は業者オークション相場の影響を受けます。

 

業者オークション相場で評価される車の価値は、

 

  • 車の種類
  • 年式
  • グレード
  • 走行距離
  • 車の色
  • 修復暦の有無

 

これ以外にもあるといえばあるのですが、メインは6要素となります。

 

掃除してあったり、洗車してあっても変わらないですよね。

 

ちなみに買取業者側の意見です。

 

  • 「売主とコミュニケーションを図るときに褒めたりはします」
  • 「引き取った後、掃除する手間が省けて嬉しい」
  • 「キズを発見しやすくなるから助かる」

 

つまり、担当者個人としては助かる、それだけなのですね^^;

 

掃除や洗車したい方はすればいいのではないでしょうか。

 

ある意味で車を売る前の洗車や掃除は自己満足の世界です。

 

車を売るときには現状でOK!書類だけ用意しておこう

ここまで説明してきたように、車を売るときには特に修理や洗車、掃除しなくて良いです。

 

結局、修理費から査定額まで考えると損したり変わらなかったりとあまりいいものではありませんからね。

 

ただし、書類だけは用意しておくことをオススメします。

 

とはいっても、面倒なのは印鑑証明書と実印だけですけれどもね。

 

車を売るときに用意する書類は、

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書(領収書)
  • リサイクル券
  • 実印
  • 印鑑証明書

 

これを用意しておいてください。

 

売った後すぐに引き渡せる方はそれをアピールすることで競争状態では査定額はあがるでしょう。

 

なお、先ほど掃除は必要ないということでしたが、この観点からいうと車内の大きな荷物は下ろしておくと良いでしょう。

 

すぐに引き取れる車に対しては業者も査定額を頑張ってくれますので、ぜひ車を高く売るために知識をお役立てください。

 

なお、査定申し込みは電話でもネットでも出来ますが、サービス毎の特色があるのをご存知ですか?

 

その特色で査定申し込み後に過去実績から概算額がわかるサービスがあります。

 

概算額を事前に知っておくことで査定前に心の準備が出来ることのみならず、安く車を売る可能性が低下します。

 

もしあなたがこれらについて懸念があるならば、便利なサービスかもしれませんので詳細を確認してください。

 

⇒概算額が申し込み後にわかるサービス詳細【利用無料】

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたが見れる中古車情報は3割だけ!!
中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名ですが、この情報は全体の3割しか掲載できていません。
これは仕方ないことで残り7割の情報は流通前にもので業者しか取り扱えず、素人に全てを見せるわけにはいかないのです。
ただ、全部は無理ですが一部だけ見ることは可能で、最近は多くの方が非公開車両から車を選んでいます。
面倒な手続きもなく完全無料ですので、限定情報を知りたい方は今すぐ確認してください。
⇒7割の非公開情報を見たいならこちら【無料】