「車は売りたいけれども、まだ使うかも・・・」

 

車の買い替えなどでは特に起こり得る悩みで、間の期間はレンタカーなどを借りなければいけないのかと考えますね。  

 

でも、車買取業者って代車を手配する用意できているのを知っていますか?

車買取業者には代車を無料で手配する用意がある

ガリバー、カーチスなどの大手業者では代車を貸し出す用意は出来ています。  

 

ただ、代車の数も限りがありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。 

 

大手業者では代車は基本的に期待して問題ありませんが、中小の車買取店では代車貸し出しをやっていないところもあるので注意してください。

代車を使える期間とは

代車が無料で使える期間は大方7日から14日となっています。   ここらへんは業者によって異なるのでしょう。

 

 多くの業者では2週間ぐらいが限界と考えておいて問題ありません。

 

なお、しっかりと保険に加入している場合が多いので、安心は出来ますが業者によってまちまちだと思うのでしっかりと確認してください。

代車を無料で使うときの交渉の仕方

大手車買取業者では当然に無料でやっているのですが、一部では有料の業者も存在するでしょう。

 

そこで、交渉によって無料にする方法をお伝えいたします。

 

事前に代車を出す用意があることはまず確認しておいてください。

 

最終的に査定額を比較したときに、最終段階で代車を無料にしてくれるならあなたのところに決めるといいましょう。

 

これを断るような業者はどうかしています^^;   このように最後に小さいお願いをする方法は交渉の世界ではよく使われますね。

 

代車無料貸し出しは車の買取額を上げて欲しいというよりも聞き入れ易いものですから、やってみてください。

2週間じゃ足りないという方のための裏技

多くの場合には2週間あれば、代車を使う用事が済みますけれども、納車延期などの関係でうまくいかないときがあります。

 

車が無いと生活できない、もしくは困難な地域もありますからね。   なくなってしまうことはとても困ってしまいます。

 

こんなときに倍の4週間+α代車利用ができる方法をお伝えします。

 

なお、この方法は車を買い替えることを前提としています。

 

まず車を売ったときは車買取店で代車を借りてください。

 

ここから2週間。   そして今度は車を買う業者から代車を借りてください。

 

なぜ代車は2週間貸し出しというのが一定の期間になっているようで、ここでも2週間借りることができると思います。

 

さらに、納車が遅れている理由が車を買う側にあるのならば、不当に遅れていることを主張して期間を延ばすのです。

 

過失があるのに突っぱねるのは難しいですよね。   この方法ならば1ヶ月弱は代車が使えるのではないかと思います。

 

期間が開いてしまって困ることがあらかじめ分かっているならば、使ってみてください。

代車利用を前提で車を高く売る

車は日々価値が下落していきます。

 

一部のポルシェなどの高級車を除けば、時間経過で車の価値は下がってしまいます。

 

さらに、車買取相場というのは業者オークションの価格を基にしています。

 

業者オークションは全国各地でほとんど毎日行われていますので、少しずつ下落していくというわけです。

 

さらにモデルチェンジ情報や新車発売情報によって、一気に相場が下落することもあります。

 

誰だってそうだと思いますが、新型が出るのに喜んで旧型を買う人はいませんよね?あなたもそうでしょう?

 

ですから、早く車の見積もりだけは済ませておくほうが、車を売ることで損をすることを防ぐことができるのです。

 

とはいっても、日常的に使う用事がある、ということならば代車をしっかり利用して、言い方は悪いですが業者をうまく使ってください。

 

情報をお役立ていただけたら幸いです。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】