低年式車とは「古い車」のことです。

 

例えば、新車登録から10年落ちの車は確実に低年式車といえるでしょう。

 

このような低年式車は査定0円となってしまって、高く売ることはできないなんていわれていますね。

 

そんな廃車確定と思われる低年式車を実は売ることができることをご存知ですか?

 

こちらでは、廃車するしかないと思っていた低年式車をどうしたら高く売れるのかをみていきます。

 

まずは、低年式車がどうして0円の査定となってしまうのかを確認します。

低年式車はなぜ査定0円になるのか?

古い車の査定額は0円になることが多いですが、全く車の価値がなくなるわけではありません。

 

動く車、使える車に価値はないということはありえるのかといえば、そんなことはありませんよね。

 

動く車なら安く欲しいという方もいるはずです。

 

ですから、査定額が0円というのは業者側の都合である場合もあります。

査定0円にしたい理由

高い金額で取引できなくても無料で引き取ってきたら確実に利益になりますよね?

 

実は古い車というのは需要自体はあるのですが、利益になるかどうかというところで不確実性が伴います。

 

ですから、お金を出して仕入れるというのは少し勇気が要る行為なのです。

 

実際に、低年式車も中古車市場に出ているのを確認できると思います。

 

gooやカーセンサーなどの中古車情報雑誌を見てください。

 

登録から10年経った低年式車や10万kmを超えた過走行車も50万円などの価格で掲載されていませんか?

 

つまり価値自体はあるのですが、引き取って売るとなるとどうなるかわからないことから査定0円というわけです。

 

このようなことを確認すると分かることですが、低年式車でも評価される車も存在するのです。

低年式車でも高く評価されるのはどんな車か

ずばり、一昔前の高級車と日常の足に使える車です。

 

高級車については説明が不要でしょうけれども、トヨタマジェスタやセルシオなんていうのは思い出買いする40代も少なくないのではないですか?

 

また、足に使える車というのは状態の良い安価なコンパクトカーや小さいミニバンなどです。

 

郊外には車が無いと生活できない地域がありますので、そういった場所ではある程度安定して動けばそれ以外は良し、安ければOK!という車を欲しがる層もいらっしゃいます。

 

ですから、低年式車はある程度の市場があるのも事実なのです。

 

そのため、値段さえつけてもらうことが出来るなら低年式車でも査定0円を避けることが可能です。

査定士に頑張って値段をつけてもらうコツ

査定士が取るリスクというのはお金を出して仕入れた車が利益にならないかもしれないということです。

 

これが理由で査定0円をつけるわけですね。

 

もうひとつが業務上の理由によるものです。

 

営利活動を行う以上、効率が求められます。

 

低年式車で捻出できる利益というのは小さいものになるので、特に売り渋りなどされると買取側からすれば面倒で低効率の業務となってしまいますね。

 

ここを協力してあげることであなたの車を評価する姿勢を変えてもらうのです。

 

出来ることはすぐに車を引き渡すこと。

 

洗車をすることやワックス掛けをすることではないのです。

 

すぐに車を引き渡せるなら、車買取業者としては引き取った車をすぐに業者オークションにもって行き、換金できますからそのリスクというのは小さくなりますね。

 

ですから、車をすぐに引き渡せるように準備することが、低年式車を出来る限り高く売るコツです。

出張査定に来ているということは価値がある証拠なので努力する

本当に価値が無い車については業者は出張査定にも来ません。

 

あなたは車を売るときには車種や走行距離に年式を情報として送信すると思いますが、行く価値がないなら来ません。

 

この辺は冷たいと感じるかもしれませんが、自分の車の価値を推し量るには良いのではないと思います。

 

ですから、出張査定に来るということはある程度利益になる見込みがあるということですから、0円査定を言われてもまだなんとかなる余地はあります。

 

業者間で競争は当然させたほうがよいでしょうけれども、それと同じぐらいすぐに引き渡せる準備をしておくことを心がけてください。

 

すぐに換金できるなら業者としてもリスク最小でその分査定額に反映させてくれるでしょう。

 

なお、すぐに引き渡すには書類を用意しておくことが重要です。

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 実印
  • 印鑑証明書

 

住所が変わっていたら住民票も用意してください。

 

印鑑証明書と住民票は役所に取りにいかないといけないので、多少手間がかかりますが数百円ですぐに取得できることと、車を売るときに最終的には必要になりますので先に取得しておきましょう。

 

そのほかは車の助手席前のダッシュボードポケットや家にあると思いますので、車検証のファイルに一緒にいれておきましょう。

 

低年式車も動く車ですから、価値がないということはありません。

 

ただ、方法を間違えるとやはり査定0円とされてしまいますので、注意して査定に臨んでください。

 

以上、低年式の車を高く売るコツをお役立てください。

あなたは下取査定が安すぎる!と感じたことはありませんか?

多くの方は車を買い替えるときは今乗っている車を下取に出しますが、残念なことに多くの方が実際の価値よりも安く車を手放しています。

なぜこのようなことになるかといえば、下取をするディーラーは競争する相手がいないからです。

あなたから下取した車は転売して利益を出しますが、できれば安く買いたいのが本音です。

そのため、競争相手がいないことやあなたが文句を言わないこともあって安く仕入れることができています。

損をしないためにはあなたの車の価値を知ることで解決

もしあなたが車の価値を知っていたら安く手放すことはありませんよね?

車と価値を調べる方法は簡単で、買取業者からも査定依頼を受けることです。

実は車の下取は新車の値引きに評価額が充てられますが、買取した金額を購入費用に充てても実質的には同じです。

下取をすると決めていたとしても交渉する材料になりますので、損をしないために車の価値を知っておいてください。

⇒車の価値を知るためのネット査定依頼はこちら【利用無料】

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】