普通の方があまり気にすることではありませんが、時々中古車でメーター交換した車が売りに出ています。

 

「あー、メーターをカスタムしたのね!」ぐらいに考えないでください。

 

実はメーターを交換するとそれまで進んでいた走行距離が0になるのです。

 

こちらでは、車を売るときにメーター交換がただのカスタムと判断されるのではなく、査定額を下げる要因になるということをお話していきます。

メーター交換すると走行距離が分からなくなる

最新鋭のメーターなら違うのかもしれませんが、ほとんどのカスタムメーターは交換したらそこから距離を刻むことになります。

 

ですから、車の価値を測るときには走行距離で考えるケースは多いのですが、それが出来なくなります。

 

これがどういうことかというと、走行距離が短くなったから価値アップ!というわけではなく、距離が不明だから査定額を下げるということになります。

 

ただ、時と場合によってその影響は大きくも、また小さくもなるでしょう。

 

次にどのような場合にメーター交換をしたら悪く評価されるのかをみていきます。

どんなときにメーター交換が不利になるのか?

どの車でもメーター交換をした場合にはそれなりに悪い評価を受ける可能性はありますが、一番もったいないのは新しい車のメーター交換でしょう。

 

走行距離が進んでいないことが車の価値になるのに、それが不明となればとてももったいないですし、このことが価値を下げる原因となれば、さらに悪い状況になります。

 

つまりは、走行距離を走っていない状態の新しい車では、メーター交換は相当不利になります。

 

走行距離を走っていないと主張したところで、カスタムメーターでは交換する前にどの程度走っているのか分からないからです。

 

ですから、新しくて価値のある車の場合にはメーター交換が一番不利になるわけですが、だからといって古い車ではよいのかといえばそんなことはありません。

 

なぜかといえば、車を売ることが出来ない、または0円査定となってしまうからです。

 

絶対とは限りませんが、業者側のリスクを考えると仕方ないと思います。

 

古い車にはどうしても査定額を付けにくいという状況がありますから、それに加えて走行距離不明ではこのようなことになるのも致し方なしといえます。

走行距離不明車を買い取る業者側のリスクについて

車買取業者はあなたから車を仕入れてそのまま業者オークションに転売してしまいます。

 

この転売したときの価格が安定しているからこそ、買取業者としてはビジネスを安心してできるわけですが、ここで価格が定まりにくい車を仕入れるととても大きなリスクになります。

 

業者オークションの価格というのは、車種やグレードに年式と走行距離、車の色などである程度価格が分かるのですが、走行距離不明となれば一番低いところで評価される可能性もあるでしょう。

 

そのため、どうしたって査定額を安くするしかない、こういった事情があるのです。

 

ちなみに、外車においても同様のことがいえ、安定した市場が存在しないような車については安い価格で仕入れるしかない、つまりリスクを大きく評価して仕入を行うということになります。

 

逆に考えると安定した市場があるならば、リスクを小さく評価できることで高い金額で買取できるとも考えられます。

特に中古車を買うときにはメーター交換という項目に注意!

売るとき以外にも買うときには気をつけて欲しいのがメーター交換されている車です。

 

別に乗る分には気にしないよ、という方も売るときには困るケースがあります。

 

特に、意図していない事態、つまりは、メーター交換がここまで車の価値を落とすと知らなかったのに後で気が付いたケースなんていうこともあります。

 

冒頭のように、ただメーターを交換してカスタムしたんだな、ぐらいには思わないようにしてください。

 

本当にただカスタムするためだけでメーターを交換していたとしても、その影響はあなたも負うことになりますからよいことはありません。

走行距離が不明としても高く売れる車は問題ない

最後に走行距離に関係なく高く売れる車も存在します。

 

それは海外で人気がある車種です。

 

海外では日本ほど走行距離を気にするユーザーがいません。

 

日本では走行距離10万キロを超えたとしたら、もう最終的には廃車するしかないなんて思われますけれども、海外ではあまり気にしないのです。

 

実際に10万キロを超えただけですぐ壊れるわけでもないですし、海外ユーザーはパーツ単位でも価値を見出すため、日本ほどシビアではないということです。

 

残念ながら軽自動車は海外での需要がありませんので、売るときに苦労するというのは仕方ないことですね。

 

しかしながら、普通車のSUV(いわゆるRV車)などオフロード系は、海外輸出も想定して査定額が付くのでかなり有利になります。

 

最近は普通車であれば、日本車の信頼性の高さもあって、海外でよく流通していますから、メーターを交換したようなケースであってもある程度期待をもって査定に臨めるのではないでしょうか。

 

ですので、走行距離不明となるメーター交換車は多少の覚悟が必要ではありますが、価値がないということはありませんからぼったくられないように気をつけてください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】