水没車とは、水に浸かって(つかって)しまった車のことをいいます。

 

このような車は売れないのではないかと思いますよね?

 

大雨が降った中で半分ぐらい車が浸かっていても走っているニュースなんて見ますけれどもあれも部分的に水没車といえるでしょう。

 

実はそのような車も普通に流通していますので、どこまでが水没車であるという定義や基準も考える必要があります。

 

というのも、水没車でないのに安く売ってしまってはもったいないですし、その逆では訴えられる可能性もあるからです。

 

このように水没した車としてもうっかり判断を間違えるとトラブルに巻き込まれることもありますから、水没車またはその可能性がある車の取り扱いには十分に気をつけなければいけません。

 

こちらでは、水没車を売る場合にはどのようなことを気をつけたほうがよいのかという点や、できる限り高く売る方法についてみていきます。

 

水没車の定義

冒頭にお話したように水没車かどうかの定義は査定に出すことを考えると、日本自動車査定協会から見てみるのがよいでしょう。

 

こちらでは、「水没車は室内フロア以上に浸水した車、または浸水の痕跡が複数確認される車」と定義されています。

 

これをもっと簡単に見てみるとまず室内フロアに浸水してしまった場合には水没車になるということです。

 

また、それ以外においても浸水の痕跡が複数確認される車ということで、エンジンルームなどの電気系パーツなどにダメージが及んでいる可能性があれば水没車となるでしょう。

 

後者の定義があいまいではありますが、少なくともフロアまで浸かってしまった場合には水没車であるということは間違えなく、そうでない場合でも水没車として評価される可能性があります。

 

一定の基準というのは難しいですが、私としてはドアを開けたら室内に水が入ってくるような状況まで浸かってしまったら水没車になるかもしれないという基準が分かりやすいのではないかと判断しています。

 

なお、川を走ることが前提の本格SUVなどでは浸水しないようにパーツが守られている場合がありますので、これは例外として考えてください。

エンジンが生きているならそれなりの評価が得られる

水没することは車機能に重大なダメージが及びますが、水没して一番困るのはエンジンの中に水が入ることです。

 

このような状態でエンジンを回すと水を圧縮してしまうことで、エンジン内部が壊れる可能性があります。

 

エンジンの中では空気と燃料を混合して圧縮して爆発させていますが、空気も燃料も圧縮したところで問題はありません。

 

しかし、水の場合には圧縮しきれずにエンジン内を壊す可能性があるのです。

 

また、圧縮以外にもエンジンは金属部品の集合体ですからサビについても深刻な影響を及ぼします。

 

このように、水没車というのはエンジン関連に多大な影響を与えるので、逆にいえばエンジンさえ問題なければ水没した車であってもそれなりの評価が得られるのです。

水没車の価値が低くなる理由

あなたが日常の足に車を使うとしたらどんなことを重視しますか?

 

多くの方は、「車がとまらないこと」や「頻繁に壊れないこと」これが重要ではありませんか?

 

仕事に行く途中で止まってしまう、1ヶ月に1度は修理が必要では日常の足に使うなんてことは出来ませんよね。

 

このことから、国内でそのまま流通を考えているような車についてはどうしても価値が低くなりやすいという状況があります。

 

それに対して、パーツ単位で価値があるような輸出向けの車ではあまり価値変動が無い、またはまったく影響しない場合もあります。

 

このように水没した車であっても流通経路によってかなり価値が変わってくるものであり、基本的に国内流通がメインになるような日常で使う乗用車は大きく価値を下げることが考えられます。

水没した場合の損傷状況について

車は鉄の塊であり、機械部品の集合体です。

 

鉄は非常にサビ易いので当然コーティングなどをしていますが、それでも水に浸かってしまったとあれば話は変わってきます。

 

なぜかといえば、普段水の接触がないような部分にまで水の浸食があるからです。

 

すぐに水分を何とかすればよいですが、基本的になかなかそんなことは難しいですよね?

 

そのため、全く無防備な部分が水に犯されるために、普段問題にならないような部分についてサビが発生してしまうなんていうこともあるのです。

 

特に車の骨組み部分(モノコック構造)は一度壊れてしまうと交換が効きません。

 

エンジンが壊れてものせかえることが出来ますが、骨組みを交換することは出来ず、もしそれをするとしたら別の車になってしまいます(笑)。

 

ですので、水没車は程度によりますがある意味では修復暦車と同じような扱いになってしまうこともあるでしょう。

 

今のは骨組み部分の話で、エンジン部分や電気系統にも当然ダメージが及んでいる可能性があります。

 

どこからどこまで劣化しているか分からないところも水没車の価値が下がる原因です。

嘘を付くと後々損害賠償される可能性有り

水没車であるという事実を知っているのに、これを告知しないとしたら虚偽の報告になります。

 

おそらくは車を売るときには事実関係の確認について同意することになりますが、それ以外にも売主の瑕疵担保責任というもので後日損害賠償される可能性があります。

 

この瑕疵担保責任を正確性を犠牲にして簡単にいうと、売主は買主に対して売ったものに対して隠れた瑕疵、つまりは欠陥について損害を補償する義務を負うというものです。

 

つまり、後々になって車買取店などから損害賠償を受ける可能性があるというわけですね。

 

このようなリスクを一般の人が負うべきではありません。

 

そのため、水没したことが査定額に影響があるからといって、後々になって損害賠償をされるより良いでしょうから、嘘偽りなく報告したほうが精神衛生上好ましいです。

 

なお、ちょっと水に浸ったぐらいであれば水没車といわないケースもありますので、ここは難しいところではありますが明らかでない場合には査定士に判断してもらったほうが良いケースもあります。

 

その時にはくれぐれも買い叩かれないように注意してください。

 

他の買取業者と査定の機会を分けてセカンドオピニオンを得るという方法もありますね。

 

水没車であることがばれるのは、車内に水が入ってきたらシートベルトの最後部分に浸水後が出来ていたり、その他に普段水に犯されない部分に痕跡が残ることが多いようです。

 

中古車を買うときはシートベルトを最後まで引っ張るとなにかヒントが出てくるかもしれませんね^^;

水没車だからといって高く売れないことは無い

最初に申し上げたように水没車というのは程度の問題もあり、絶対に高く売れないということはないでしょう。

 

もちろん、車体全部が川に落ちてしまって数日間ほったらかしなんていうときはもう絶望的ですが、少しの時間や水没した範囲によっても変わってくるものです。

 

特にエンジンを回しながら水没したときにはエンジンへのダメージが寛大ですが、そうでないならエンジンは生きているケースがあります。

 

ですから、水没車=高く売れない車と諦めるのはやめましょう。

 

それよりも、車がどのように評価されているのか、これを多くの業者で比較することで車の価値が見えてくるでしょうから、1社のみに査定を受けずに様々な業者の意見を聞いてみてください。

 

まとめると、水没車だからといって高く売ることを諦めずに、多くの業者の意見を聞いて正当な価値はどの程度なのか調べてみてください。

 

その中で一番高く買う業者に満足いく価格なら売るということが一番良い選択です。

 

以上、お役立てください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】