どんなに大事に車を使っていても多少のへこみは出来てしまいます。

 

例えば、ショッピングセンターに車でいけば隣の車にドアをぶつけられてしまうようなこともあるでしょう。

 

また、前方の車から石が飛んできてそれがボディーに当たってへこみを作るなんていうことも十分に考えられます。

 

普段気にしないようなへこみでも車を高く売りたいと考えたときは話は変わってきます。

 

このようなへこみ、査定額にどの程度影響するのでしょうか?

へこみが目立たないならそれほど気にしない

ちょっとへこんでいるぐらいでは大きな査定額の減額にならないでしょう。

 

さすがにこれは修理をしたほうがいいような、鉄を切ったようなへこみならばそれは相応の減額があると思ってください。

 

人それぞれ基準が違いますが、大きな減額があるようなへこみはさすがにこれを放置して乗ると恥ずかしいようなものです。

へこみを修理してから査定に出すと損

ではそのような大きなへこみがあったとして修理したほうが良いのかというと全然そんなことはありません。

 

もちろん、査定額は下がってしまいますが、大きなへこみを直そうとすると修理費用もそれなりに掛かります。

 

問題がかけた修理費用以上に査定額があがるかどうか。

 

実は基本的に修理費用を査定額上昇で回収することが難しいのです。

 

修理を自分で行うというならばまだしも、たいていは修理工場に依頼するでしょう。

 

このときに掛かる金額は一般の人が払う額ですが、車買取業者は自社内に修理工場をもっていたり、業者価格で修理を依頼することが出来ます。

 

つまりは、あなたが一般で修理依頼するのと、業者が修理依頼するのでは費用が異なるわけです。

 

業者が安く修理依頼できるのに、あなたが一般価格で修理してもこの修理費用を比べても損であることが分かると思います。

 

しかも、あまり考えたくないことですが、車買取店はそこまで素直に査定額をあげてくれません^^;

普通に車を利用していれば多少へこみがあるのは当たり前

生活に車を使っていれば、多少のキズやへこみが出来るのは当然です。

 

どんなに車を高く売りたいと考えてもそれほど気にする必要は無いでしょう。

 

しかも車のボディーの一部ならまだしも、バンパーなどにへこみが有る場合にはさらに気にする必要は無いでしょう。

 

なぜかといえば、言い方は変ですがバンパーとはぶつけてしまったときにへこませるような目的のパーツなのです。

 

つまり、何かあったときに真っ先にへこんでボディー部分を守る、それがバンパーです。

 

なので、見てもらえれば分かると思いますが、へこみ易いような部分にバンパーが付いていませんか?

 

ボディーがへこむ前にバンパーをへこませる、そんなパーツですから交換も容易なわけです。(フェラーリなどの車を除く)

 

でも、なぜへこみなどについて減額の査定をされるかといえば、実は車買取店の事情があります。

 

商売の基本は安く仕入れて高く売ることですから、あなたから車を安く仕入れた分だけ利益額が増えるのです。

 

ですから、粗探しというわけではないですが、あなたが納得して車の査定額を下げられるような点について指摘を行う、それが小さなへこみというわけですね。

 

高く売るためには確かにこんなことをされると難しいように思えますが、小さなへこみについては指摘を受けにくいような状況を作れば高く売ることも可能です。

多少へこみがあっても高く売ることは可能!

車を高く売るためには、何の欠陥も残したくないというのは良く分かります。

 

実際に、小さな減額が重なっていけば査定額を高くしようと努力したところで意味がありませんからね。

 

でも、へこみは車を利用していれば普通に出来ます。

 

人間のほくろと一緒です。

 

では、多少の減額は仕方がないのかといえば、そんなことはありません。

 

実は車を高く売る方法は業者にあなたの車を欲しくてたまらなくさせる方法。

 

欲しくさせたら当然競争状態を作ってあげて高く買ってもらうというわけです。

 

「そんなことできるの?」なんて思いますが、実はそれほど難しくないのです。

 

あなたも当サイトに来る前には車売却情報を見てきたので一度は見ているはずです。

 

多くの業者に査定を依頼して比較するという方法。

 

これは当たり前というか前提なのです。

 

重要なのは車を欲しくさせる必要があります。

 

ところで車買取業者は利益をあげるためにあなたから安く仕入れたいわけですが、そのほかにもさっさと転売して利益を上げたいという考えています。

 

どちらも直結するのは営業効率を良くすること。

 

余談ですが、サラリーマンである以上、ノルマは確実にありますから、効率よく営業をしてノルマ達成をしたらさらに上を目指すも良し、パチンコなどをして遊ぶも良しというのが営業の仕事ですね。

 

そこにあなたは協力をしてあげてください。

 

もちろん、車を安く売ってしまったら本末転倒ですから、それ以外のところで協力ですよ。

 

つまり、あなたが協力するのは早く車を売ってあげること。

 

今日査定を付けたら明日利益を出せるなら、多少利益が小さくても車を買い取ろうと考えます。

 

競争状態を作ったときにこれを行う必要があるのです。

 

簡単に利益を出せる車を前にしたら業者間で競争が起きますので、小さいへこみなど(もしかすると大きいへこみも)の減額査定なんて気にしていられませんね。

 

なお、すぐに売ることが出来ることを証明する意味でも、書類の用意はしておいてください。

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 住所が変わっていたら住民票

 

住民票と印鑑証明書は役所にいくと数百円で取得できます。

 

それ以外の書類については車の助手席前のポケットと家にあるはずですからまとめておきましょう。

 

そして、出張査定予約をするときと実際に査定をするときの前にすぐ売る準備があることと比較して高い業者に売るから勝負できる額をつけて欲しいと伝えてください。

 

これであなたの車を高く売る準備が完了しますので、あとは一番高い査定額をつけた業者に売ればよいでしょう。

 

なお、車をまだ使う用事があるから手放せないというときにも代車を無料で手配してもらえますので、車買取業者に「一番最後に」聞いてみましょう。

 

まとめると、へこみがあるのは仕方が無いので、修理などせずに査定に出し、高い査定額を付けてくれた業者にすぐ車を売るといって競争させて高く車を売ってください。

 

へこみがある車を高く売る方法については以上になります。

 

お役立てください。

あなたは下取査定が安すぎる!と感じたことはありませんか?

多くの方は車を買い替えるときは今乗っている車を下取に出しますが、残念なことに多くの方が実際の価値よりも安く車を手放しています。

なぜこのようなことになるかといえば、下取をするディーラーは競争する相手がいないからです。

あなたから下取した車は転売して利益を出しますが、できれば安く買いたいのが本音です。

そのため、競争相手がいないことやあなたが文句を言わないこともあって安く仕入れることができています。

損をしないためにはあなたの車の価値を知ることで解決

もしあなたが車の価値を知っていたら安く手放すことはありませんよね?

車と価値を調べる方法は簡単で、買取業者からも査定依頼を受けることです。

実は車の下取は新車の値引きに評価額が充てられますが、買取した金額を購入費用に充てても実質的には同じです。

下取をすると決めていたとしても交渉する材料になりますので、損をしないために車の価値を知っておいてください。

⇒下取りの見直しをするために詳細を確認する【無料】

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】