夏場に車エアコンが効かないと本当に地獄ですね。

 

もしデート中ならそれが原因でケンカしてもおかしくないぐらいの不快です。

 

でも車のエアコンが効くのか効かないのかというのは、割とあいまいなところで判断されてしまいます。

 

車を売るとき、明らかにエアコンが壊れているような例を除けば、エアコンが効きにくいような状況で査定に影響はあるのでしょうか?

エアコンが効かない車は当たり前?

実はエアコンが効かない中古車はそれほど珍しいものではありません。

 

いつそのような状況になるのかといえば、ある意味では神のみぞ知るようなものですが、なぜかと言われれば多くの場合にエアコンのガスが抜けてしまっているときに効きが悪くなります。

 

車というのは新車のときと整備後の状況を除けば、実はそれほど良い状態ではないのです^^;

 

エアコンに関しても問題が発生してようやく修理という流れになるでしょうから、状態としてはいつも悪い!(ちょっと乱暴)といっても過言ではないでしょう。

 

ですから、いちいちエアコンガスを売るためだけに補充などしなくても問題ありません。

エアコンを直す必要が全く無い理由

まずガスの補充だけなら1万円以内で出来ますが、この額が査定に反映されるかといえばそんなことはありません。

 

もしかすると評価されるかもしれませんが、多くの場合にはこれが原因で査定額があがるなんてことは無いでしょう。(褒めてはくれます^^;)

 

しかも明らかにエアコン送風がされないならまだしも、エアコンが効かないかもしれないという段階で査定減額をすることは結構難しいものです。

 

ですから、そんな不確実な項目に対してあなたがサービスをする必要はありません。

 

これがエアコンを直す必要が全く無い理由です。

素人にはどの部分が壊れているかわからない

エアコンは複雑な部品で作られていて、たとえ壊れてもどこが壊れているかわかりません。

 

先ほどの例と同じように送風されないような状態ならば、分かり易いですがエアコンが効きにくい状態ではどこが壊れているのか分かりませんね。

 

ですから、あなたが必ずしもエアコンが壊れているとは分からないし知らないということで、故障をしている箇所についての申告を避けることも出来るでしょう。

 

多少言葉遊びになってしまいますが、こういったことも重要になってきますね。

 

面倒な言い方をしましたが、つまりはエアコンが効きにくい程度では故障しているなんて言う状態までいかないのでずばり聞かれる以外は答えなくて良いでしょう。

エアコンが効かないことで強烈な査定減額にはならない

明らかな故障は例外として、エアコンが効かないことについては査定減額の項目にはならないので安心して車を売ってください。

 

夏場ならば分かり易いかもしれませんが、冬場などは結構判断が難しいですしね。

 

いずれにしても、わざわざエアコンを修理してから車を売るなんてことはしなくて大丈夫です。

 

多くのケースではエアコンガス補充だけで復活しますが、それ以外の故障となると高額修理となります。

 

さらにそれについて評価されないのではサービスの領域になってしまいますね。

 

ですから、車を売る上でエアコンを直してから売らないといけないだとか、効かないから車を売るときに不利だとかは大きな影響はありませんので安心してください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】