ローンが払えない状態になったら車を売ることを考えますが、「車がだれのものなのか?ということ」について大きな問題があります。

 

というのも、例えばローン契約で車を購入したなら良いのですが、クレジット契約であれば所有権は信販会社などであなたにはありません。

 

これはあなたのものでない車を勝手に売る行為になってしまいますので大きな問題があるということはあなたも納得できる事実でしょう。

 

こちらでは次の3つが分かります。

 

  • 車ローンが払えないときに車を売る方法
  • 残債があっても対応する業者はどこかわかる
  • 残債を残さないように車を少しでも高く売る方法

 

では、さっそく車ローンが払えないときにどのように売ればよいのかをみていきたいと思います。

車ローンがあっても車は売れる!

まず結論として車ローンが払えないときには、ローンの残りがあっても車を売ることが可能です。

 

ただし、あとで説明するのですが車を買うときの借入が本当の「ローン」なのか、それとも「クレジット」なのかによって状況が変わってきます。

※一般にお金を借りて車を買うものを「ローン」にまとめているが、ここでは所有権が関わってくるために、ローンとクレジットを分けて考える必要がある

 

このことは、車の所有権の取り扱いが異なるためで、ローンなら問題なくあなたに車の所有権があるので車を売ることができるのですが、クレジットの場合には所有権は信販会社などにあるので本来は車を売ることはできません。

 

しかしながら、クレジットであっても実質的に所有権は使用権を持つクレジット支払いを行っている人にあるといえなくもありません。

 

このことが根拠というわけではありませんが、クレジット契約で残債を支払えば所有権を返してくれる(所有権留保の解除)ことを利用してそれをしてくれる車買取業者を探す、ということでクレジット購入した車を売ることができるのです。

 

そのため、あなたの車がローンで買ったのか、それともクレジットで買ったのかを知る必要がありますが実は車検証の所有者を見れば一目瞭然です。

 

あなたの名前があればローンで買った車ですし、信販会社などであればクレジットで買った車です。

 

そして、いずれにしても車を売ることができるということは覚えておきましょう。

※ただし基本的には無いが契約ですべての残債を返済することで所有権が返ってこない場合には車を売ることは厳しい

残債があるときに売却対応できる業者

基本的に全国展開しているような大手買取業者ならば、ローンが残っていても車が売れますが、しっかりと明言している業者についてみていきますね。

 

ガリバーの場合には自前でコンテンツを持っていて、その一部で確認することができました。

 

↓ガリバー公式ページ:コンテンツ抜粋↓

ガリバー公式ページ:ローン中の車を売る

 

また、ラビットやアップルの場合には「よくある質問」の中に、ローン中の車でも売ることができるのかを確認できました。

 

↓ラビット公式ページ:よくある質問から抜粋↓

ラビット公式ページ:ローン中の車を売る

 

 

↓アップル公式ページ:よくある質問から抜粋↓

アップル公式ページ:ローン中の車を売る

 

車ローン中の車を売るときに、残債取り扱いを地方の中小買取業者が対応している場合もあればそうでないこともありますので、買取を依頼するときには大手業者を軸に交渉すればよいでしょう。

 

ところで、車ローンが残った段階では車売却金額がローン残りよりも多ければよいのですが、実際にはそうならないことも多いです。

 

そのため、車ローンが残っている段階で車を売るならば、少しでも車を高く売る必要があります。

車売却価格がローン残債を上回る場合

車を売った金額がローン残債を上回った場合には、残ったお金についてあなたが取得することが出来ます。

 

これを目指すべきであり、最も理想的な形といえるでしょう。

 

基本的に借金をなくしてお金を得ることこそ、車を売る主な目的であるはずですから、ある意味でこれは当然達成するべき目標なのかもしれません。

車売却価格がローン残債を下回る場合

残念ながら車を売った金額がローン残債を下回った場合には、残ったローンについては車買取店とのローン契約となります。

 

つまり、残債を減らした額についてまた新たに車買取店とのローン契約となるわけです。

 

本来はこちらになることを希望していないにも関わらずこのような状態になることは悪いことなのでしょうか?

 

実際は車維持費などの節約ができて借入額も減額できるので悪いことではありませんが、できればこのような状態になることは避けたいところです。

ローンが残らないように車を高く売る方法

車を高く売ることは手間が多少掛かりますが、それほど難しいことではありません。

 

もちろん、方法を間違えると大変難しくなるので出来る限り間違えないように実行してください。

 

車を高く売る方法は、車買取店同士を競争させることが前提です。

 

そして、重要なのは競争状態をあおることです!

 

あなたのもとへ無料出張査定を依頼しに電話やメールがきますが、これはあなたの車を買い取って利益を出す見込みがあるから行われることです。

 

無料で出張査定をするということは、営業マン1人を数時間使うわけですから、利益が出る見込みがないのに来るわけないですよね?

 

さらにその感情をあおる、これが重要です!

 

どのようにするかといえば、ずばり「車を早く引き渡してあげること」で、車買取店が利益を出すのは車を安く買って高く売ることと、早く引き取ってきてさっさと転売することなのです。

 

車を高く売りたいと考えているあなたが安く売ることは無いでしょうから、早く引き渡してあげるように協力することで、両者の利益はある程度確保できます。

 

このことは、車買取店は営利企業ですから、利益を効率的にあげないといけませんから、あなたから車と安く買うか早く買って転売して利益を得るか、そしてできればそのいずれも行いたい思惑があります。

 

いつ車を売ってくれるか分からない人に対しては、取れるだけ利益を取りたいと思いますが、すぐに売ってくれる人に対しては多少利益を小さくしてもすぐにお金が儲かるなら査定額をあげてきます。

 

つまり、あなたは多くの業者に、査定額を比較して高いところに車を売るけれども、車は今日すぐに引き取ってもらってかまわないということを主張するのです。

 

あなたが業者の立場であれば、目の前にすぐ引き取って明日にでも利益になる車があるならば欲しいと思いませんか?

 

ネットでよく主張されている多くの業者に競争させるのは、前提でしかなく当たり前のことで、重要なのはこの「あおる」ということなのです。

 

ですから、あなたはすぐにでも車を売れるように準備をしなければいけません。

 

そして、そのための準備とは書類を用意しておくことです。

 

すぐに車を売ってあげるなんていうことは誰でも主張できますが、信用できる証拠が必要ですね。

 

次に車をすぐに売れるようにするための書類をみていきます。

車をすぐに売るために必要な書類

車の査定には言い方は悪いですが業者にとって冷やかし客は少なくなく、その反面しっかりと売ってくれる相手とわかれば、業者も無駄足にはなりませんので、しっかりと査定を付けてくれます。

 

車を売るオーナーと見てもらうには書類を集めるのが一番で、車を売る書類は次の7つが必要です。

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 住民票(住所が変わっているときには必要)

 

住民票と印鑑証明書は役所で数百円で取得することが出来ますが、準備が面倒な書類というのはこれだけです。

 

それ以外の書類については基本的にあなたの車の中と家の中にあるはずですので、出張査定が来る前にまとめておきましょう。

 

無料出張査定を依頼するときと実際に車を査定する前には必ず言って欲しいことがあります。

 

  • 査定額を業者間で比較して一番高いところに売ること
  • 査定を比較した後ですぐに車を引き渡せること

 

車を高く売ることは難しいことでしょうか?

 

多少手間がかかるとは思いますが、方法さえ間違えなければ誰でも簡単に出来ますよね?

 

まとめると、あなたの車を高く売るためには、複数の業者に見積もりを依頼して、すぐに車を売る準備をし、それを材料に車買取業者の競争状態をあおるというものになります。

 

あなたの車を売って、残債を完済して手元に多くの現金が残るように出来るよう、お役立てください。

 

⇒借金を残さないために車を高く売るならこちら【無料】

 

車を売ったのに借金が残るのは悪いこと?

残債があるうえに、所有権があなたに無い車を換金しなければいけないほどお金に困っている状況では、確かに今すぐ手元にお金が必要でしょう。

 

ただし、これはローンなどの支払いによる家計の圧迫というものもありますし、ケースによっては車の支払いも出来ないから売るという場合もあるでしょう。

 

このときに、車を手放すことで残債を減らし、月々の支払い負担を減らすことが出来るものと考えればあながち悪いものではないといえるでしょう。

 

仮に車のローン残債について支払うことが出来なければ、車を取り上げられることもあるわけで、そこまで極端なことが起こるとは限りませんが、状態としては悪いものになりますね。

 

確かに車を売って新たに借金を組みなおすなんていうことは誰も望んでいませんが、結果としてそうなってしまったのなら仕方の無いことといえます。

 

あなたはどうでしょうか?

車ローン中でも売ることはできるができれば高く売ること

ここまで見てきたように車のローン中でも車を売ることは可能ですが、実際には様々な面倒もあります。

 

その一番大きい点は、せっかく車を売ったのにローンが残ってしまうことで、多少残るならまだしも車を売ったのに多くの借金が残るのでは正直たまったものではありません。

 

もちろん維持費などが節約できることから、全く無駄ということはありませんが、せっかく車を売るならば借金を返して手元にお金を残したいものです。

 

そのため、車を売ることについて高く売る努力を普通以上にしてほしいと思います。

 

残債が残った場合には再度ローンを組むことになりますが、そこで組むローンは金利が低いとは言えません。

 

また、結果的に残債があったとしても少なければ金利が高くても問題は小さいということになります。

 

つまりは、車を少しでも高く売って借金を残さずにお金を残すべき、という話です。

 

せっかく車を売ることはできても借金だけ残るのではあまり良いものではありませんからね。

 

もし、あなたが借金を残さずに車を売りないならば、業者間での競争をさせるようにしてくださいね!

 

なお、業者間の競争には地域の買取業者へ査定依頼できるサービスを使うと、業者間の競争が簡単にできますので、特に借金を残したくない方は詳細を確認するようにしてください。

 

⇒借金を残さないために業者間を競争させる方はこちら【無料】

 

以上、「車ローンが払えない場合:残債があっても売る方法」でした。

 

お役立ていただければ幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

なびくるバナー