ローンが残っているのに車を売ることなんてできるのでしょうか?

 

という質問がありますが、基本的には大丈夫であるといえます。

 

もちろん、残価設定型クレジットなどの場合にはあなたに所有権がありませんので、通常の方法でというわけにはいきません。

 

しかしながら、法外な方法やグレーな手続きを行うわけでもないので、ローン残債が残っているときにうまく車を売ってお金にしたい方は続きを確認してください。

ローン残債がある状態で車を売るとどうなるか?

どのような状態になるかといえば、あなたに所有権があるかどうかで変わってきます。

 

所有権については車検証の「所有者」欄を確認してください。

 

使用者に関してはあなたの名前が記載されているはずです。

 

あなたに所有権があるときには、別に売ることについて制約はありませんので、すぐにでも売ることが出来るでしょう。

 

それに対して、あなたに所有権がないときには、多少手続きが複雑になります。

 

というのも、残念ながら車はあなたのものではありません。

 

ですから、普通に車を売るとしたら勝手に他人のものを売ってお金に換える行為になりますので気をつけてください。

 

あなたに所有権が無いときには車買取業者が間に入る形になります。

 

具体的には、ローン残債について車買取店が一括で払うことになります。

 

ここで車の売却額とローン残債との関係が非常に重要になってきます。

車売却価格がローン残債を上回る場合

車を売った金額がローン残債を上回った場合には、残ったお金についてあなたが取得することが出来ます。

 

これを目指すべきであり、最も理想的な形といえるでしょう。

 

基本的にこの目論みがあるからこそ、車を売っているわけですからね。

車売却価格がローン残債を下回る場合

残念ながら車を売った金額がローン残債を下回った場合には、残ったローンについては車買取店とのローン契約となります。

 

つまり、残債を減らした額についてまた新たに車買取店とのローン契約となるわけです。

 

本来はこちらになることを希望していないにも関わらずこのような状態になることは悪いことなのでしょうか?

新たに借入をしてまで車を売るのはよくない?

人それぞれの意見がありますので、ここは私の意見です。

 

残債があるうえに、所有権があなたに無い車を換金しなければいけないほどお金に困っている状況では、確かに今すぐ手元にお金が必要でしょう。

 

ただし、これはローンなどの支払いによる家計の圧迫というものもありますし、ケースによっては車の支払いも出来ないから売るという場合もあるでしょう。

 

このときに、車を手放すことで残債を減らし、月々の支払い負担を減らすことが出来るものと考えればあながち悪いものではないといえるでしょう。

 

仮に車のローン残債について支払うことが出来なければ、車を取り上げられることもあるわけで、そこまで極端なことが起こるとは限りませんが、状態としては悪いものになりますね。

 

確かに車を売って新たに借金を組みなおすなんていうことは誰も望んでいませんが、結果としてそうなってしまったのなら仕方の無いことといえます。

 

あなたはどうでしょうか?

ローン残債を残さず完済してお金を得るなら車を高く売る

このような状態にならないように出来るだけ高く車を売るようにしてください。

 

車を高く売ることは手間が多少掛かりますが、それほど難しいことではありません。

 

もちろん、方法を間違えると大変難しくなるので出来る限り間違えないように実行してください。

 

車を高く売る方法は、車買取店同士を競争させることが前提です。

 

「そんなこと、他のサイトでも見た」

 

なんて思いますよね?

 

しかし、これは前提なのです。

 

重要なのは競争状態をあおることです。

 

具体的にいうと、車買取業者にあなたの車をどうしても欲しいと思わせることが重要なのです。

 

「そんなことできるの?」

 

車買取店が少しでも利益が出ると認めた車なら出来ます!

 

あなたのもとへ無料出張査定を依頼しに電話やメールがきますが、これはあなたの車を買い取って利益を出す見込みがあるから行われることです。

 

無料で出張査定をするということは、営業マン1人を数時間使うわけですから、利益が出る見込みがないのに来るわけないですよね?

 

つまり、元々あなたの車が欲しいという感情があるのです。

 

さらにその感情をあおる、これが重要です!

 

どのようにするかといえば、ずばり車を早く引き渡してあげること。

 

車買取店が利益を出すのは車を安く買って高く売ることと、早く引き取ってきてさっさと横流しすることです。

 

車を高く売りたいと考えているあなたが安く売ることは無いでしょうから、早く引き渡してあげるようにするのです。

 

車買取店は営利企業ですから、利益を効率的にあげないといけません。

 

いつ車を売ってくれるか分からない人に対しては、取れるだけ利益を取りたいと思いますが、すぐに売ってくれる人に対しては多少利益を小さくしてもすぐにお金が儲かるなら査定額をあげてきます。

 

つまり、こういうことです。

 

あなたは多くの業者に、査定額を比較して高いところに車を売るけれども、車は今日すぐに引き取ってもらってかまわないということを主張するのです。

 

あなたが業者で利益目標があるときに、目の前にすぐ引き取って明日にでも利益になる車があるならば欲しいと思いませんか?

 

ネットでよく主張されている多くの業者に競争させるのは、前提でしかなく当たり前のことで、重要なのはこの「あおる」ということなのです。

 

ですから、あなたはすぐにでも車を売れるように準備をしなければいけません。

 

そのための準備とは、書類を用意しておくこと。

 

すぐに車を売ってあげるなんていうことは誰でも主張できますが、信用できる証拠が必要ですね。

 

車をすぐに売るために必要な書類とは、

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 住民票(住所が変わっているときには必要)

 

住民票と印鑑証明書は役所で数百円で取得することが出来ます。

 

それ以外の書類については基本的にあなたの車の中と家の中にあるはずですので、出張査定が来る前にまとめておきましょう。

 

無料出張査定を依頼するときと実際に車を査定する前には必ず言って欲しいことがあります。

 

  • 査定額を業者間で比較して一番高いところに売ること
  • 査定を比較した後ですぐに車を引き渡せること

 

車を高く売ることは難しいことでしょうか?

 

多少手間がかかるとは思いますが、方法さえ間違えなければ誰でも簡単に出来ますよね?

 

まとめると、あなたの車を高く売るためには、複数の業者に見積もりを依頼して、すぐに車を売る準備をし、それを材料に車買取業者の競争状態をあおるというものになります。

 

あなたの車を売って、残債を完済して手元に多くの現金が残るように出来るよう、お役立てください。

あなたは下取査定が安すぎる!と感じたことはありませんか?

多くの方は車を買い替えるときは今乗っている車を下取に出しますが、残念なことに多くの方が実際の価値よりも安く車を手放しています。

なぜこのようなことになるかといえば、下取をするディーラーは競争する相手がいないからです。

あなたから下取した車は転売して利益を出しますが、できれば安く買いたいのが本音です。

そのため、競争相手がいないことやあなたが文句を言わないこともあって安く仕入れることができています。

損をしないためにはあなたの車の価値を知ることで解決

もしあなたが車の価値を知っていたら安く手放すことはありませんよね?

車と価値を調べる方法は簡単で、買取業者からも査定依頼を受けることです。

実は車の下取は新車の値引きに評価額が充てられますが、買取した金額を購入費用に充てても実質的には同じです。

下取をすると決めていたとしても交渉する材料になりますので、損をしないために車の価値を知っておいてください。

⇒車の価値を知るためのネット査定依頼はこちら【利用無料】

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】