車所有者が死亡してしまったときには相続手続きをしてから車を売る必要があります。

 

さらにこの相続手続き、状況によってそれほど大変じゃないケースととても大変なケースがあります。

 

もし、あなたが所有者が死亡してしまった車を売ろうと考えているのならば、相続する人間が何人いるかどうかを確認してください。

相続手続きをしてから車の移転登録手続きで売却

順序としてはまずは死亡した所有者から相続をして所有権を移転します。

 

その後に車の登録自体を変更するという流れになりますが、車の登録変更については車を売った相手に委任することが可能です。

 

面倒な言い方を避ければ、相続手続きをすればあなたは車を売ることについて以後の手続きを車買取業者などに丸投げできるというわけです。

相続に必要な手続きと書類は状況で変わる

相続できるのはあなた一人ですか?それとも複数の人がいるでしょうか?

 

あなた一人であれば手続き自体はそれほど面倒ではありません。

 

書類自体は、

 

  • 戸籍謄本
  • 除籍謄本
  • あなたの印鑑証明書
  • 車庫証明書
  • 売却時に必要な書類(詳細はページ一番下)
  • 有効期限内の車検証

 

なお、車庫証明書はあなたと死亡した所有者の住所が同じなら必要有りません。

 

対して、複数の人がいると手間と面倒が発生します。

 

まずは手続き上の面倒が、相続できる可能性がある人間全員の実印(遺産分割協議書に押す)が必要です。

 

これは結構面倒で手間が掛かります。

 

次にたいてい遺産関連でもめている可能性がありますので、全員の同意が必要です。

 

最も同意が得易いのが売却代金を均等に分けるような方法ですが、それ以外では同意を得るのが若干面倒です。

 

つまり、遺産相続できる人が多いと遺産分割協議書に押す実印集めと遺産相続同意させる必要があるのです。

 

さらには全員の関係が確認できる戸籍謄本も用意しなければいけません。

相続後に車移転登録手続きのため陸運支局へ

これは車を売った相手に任せることができます。

 

そのため、車買取店が用意する「譲渡証明書」「委任状」に実印を使用して登録関連に関して委任することになります。

 

売る場合にはここは任せることが出来るので比較的楽ですね。

 

ここで車庫証明書が必要になる可能性がありますので、必要書類をまとめておきましょう。

 

手続きが面倒なのでせめてまとめて書類を取得する

死亡する前に車の所有権を移転しておくととても簡単ではありますけれども、いつ故人となるかは分かるときと分からないとき、またそれが適切でない場面もあるでしょう。

 

ですから、このように手間が掛かることは仕方無いことなのかもしれません。

 

その手間は普通に車を売るよりも多大に掛かるもの、というわけではないですが面倒なのは確かです。

 

出来る限り相続と車を売るときに使える書類で、何回も利用する書類については同時に取得するようにしましょう。

 

印鑑証明書は相続と車を売るときにどちらも必要となります。

 

車を売るときに必要な書類はこちらになります。

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 住所変更をしているなら住民票

 

相続人があなただけならまだしも、そうでないなら相続手続きは面倒なものになりますので、車を売る手続きをする前に終わらせておきましょう。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】