車は法的に所有権が決められますので、売るとしたら書類が必要になります。

 

一般の物のように使用権の支配だけでは、所有したことにならないわけですね。

 

ですから、車を売るということは法的に定められているために、後々に書類が必要になってきます。

 

車を売るときに必要な書類について詳しくみていきましょう。

車を売るときに必要な書類は以下6つ

車を売るときに必要な書類は概ね6つですが、条件によって多少増えることや内容が変わることがあります。

 

なお、これら書類などは名義変更のときに利用されます。

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 実印
  • 印鑑証明書

 

これらは絶対に必要です。

 

紛失してしまったものに関しては再発行が必要です。

 

車検証というのは、自動車検査証が正式な呼び名ですが、いわゆる車検を行ったときに発行される書類で、運行する車には載せておく必要があります。

 

そのため、多くのドライバーは助手席前のポケットに入れてあるので、もしどこにあるか分からないなんて方は確認してみてください。

 

この車検証に多くの場合、同時にとじられているのは自賠責保険証明書です。

 

名前の通りで、自賠責保険の加入(購入)証明書です。

 

自賠責保険は車検時に購入するもので、国が定めている強制保険です。

 

自動車税は納税を行っていないと基本的に車を売ることが出来ません。

 

そのため、自動車税を納税したという証明書が必要になりますので、自動車税を支払ったときの領収書を用意しておきましょう。

 

なお、基本的に車を売ることが出来ないというのは納税していないと名義変更が出来ないためです。

 

ですので、どうしても金銭が無い状態での車売却などでは、車買取金額から自動車税分を差し引かれるなど、順序を入れ替えて徴収されるので、売ることが出来ないというわけではありません。

 

そのときには、自動車税納税証明書の代わりに、自動車税納税用紙が必要になります。

 

リサイクル券は、車を廃棄するときに掛かるリサイクル料金をあらかじめ支払っているという証明書でありますが、券自体に価値があるのでは無いので再発行が容易です。

 

基本的に車検証と一緒にとじられているはずですが、無い場合でもインターネットで取得した情報をプリントアウトするだけで問題ありません。

 

実印は車登録時に利用したものになり、それに対応した印鑑証明書が必要になります。

 

印鑑証明書は役所で数百円ですぐ取得できますが、平日の昼間しかやっていないので予定が付けられない方はご家族などに協力してもらいましょう。

 

これらが車を売るときに必要な書類となりますが、これ以外にも住所変更をしていたら住民票が必要です。

 

また、車を売るときには「譲渡証明書」「委任状」が必要になります。

 

譲渡証明書は売ることについての証明書、委任状については名義変更手続きを業者に委任することを証明する書類になります。

 

ただし、これらは車買取業者が用意します。

 

そして買取契約後に記入することになるために、ここで実印などを利用する機会が出てくるわけですね。

 

続けて、実はこの書類ですが先に用意しておくと査定が有利になる可能性があります。

なぜ書類を用意しておくと車が高く売れるのか?

車買取店としては車をしっかりと売ってくれる相手と取引したいと考えています。

 

「当たり前の話だろう!」と思うかもしれませんが、現在は車の価値を知りたいだけというユーザーも実は多いのです。

 

そのため、売ってくれないのに出張査定をしてしまうなんていうケースは多いと全体の4割もあるのです。

 

ですから、なんとかもしくは生活相談センターに依頼があるようなケースだと無理やり車を買い取ってしまうようなケースがあるのですね。

 

このような状況ですので、車をしっかりと売ってくれる相手は良い取引相手というわけです。

たくさん儲けたいと考える車買取業者の事情とは

車買取業者の担当者には当然営業目標があるので効率よく営業しなければいけません。

 

そのために出来ることは車を安く買って多くの利益をあげるか、取引の回数を増やすかのいずれかです。

 

車を高く売ることが出来るというのは、取引回数を増やすことに貢献することで達成できます。

 

当然だと思いますが、あなたはこのような事情を知って、車を安く売ってあげようなんて思わないでしょう。

 

そのために、査定額の比較をしたりするはずですね。

 

でも、そうはいっても車買取業者があなたの車を安く買えないなら別に買わないなんて思われるかもしれません。

 

これでは車を高く売ることは難しいですよね?

 

ですから、あなたの車を欲しがるような仕掛けが必要であり、そのための方法が車を早く引き渡してあげるということです。

後々絶対に必要なので査定に有利だし先に書類を用意しておく

ビジネス的にいうと車を早く引き渡してあげるということは、つまり業者にとって営業効率が良い案件を提示するということになります。

 

すぐに利益を上げられるのなら多少利益額が小さくてもかまわないと考えるわけですね。

 

書類を用意しておくとすぐに引き渡す車オーナーであることを証明するための材料になります。

 

いずれにしても用意しなければいけない書類ですから、先に用意しておいて車を高く売るために役立ててください。

 

なお、車を使う用事があってすぐに車を引き渡すことが出来ないなんていう場合でも、無料で代車の手配をする用意は大手車買取店は当然としても中小であってもありますので、売るときには相談してみてください。

 

まとめますと、車を売るために必要な書類で手間がかかるのは印鑑証明書の取得であり、先に用意しておくことと車をすぐに引き渡せるならば、車を高く売るために役立つということです。

 

どうせ最終的には必要になる書類なので、先に用意して車を高く売る材料に利用してみてはいかがでしょうか?

 

以上、お役立てください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】