新しく車を買い替えるときには今ある車は下取か買取かで処分する方がほとんどでしょうけれども、こんなときに困るのがスペアキーがないこと。

 

車のメインキーを無くすというのはあまり考えられませんが、実は予備の鍵であるスペアキーをなくしてしまうというほうが多いのをご存知ですか?

 

こんなときに車を売るとなれば、やっぱり査定額が低くなるのかどうか気になるもの。

 

出来れば車は高く売りたい、下取なら値引きを大きくして欲しいですよね。

 

スペアキーがないことが売値へ直接影響するのでしょうか。

 

こちらを確認していきます。

電子キーをなくすと査定額が不利

スペアキーを紛失したとしても、その鍵はどの種類の鍵なのかによって話は変わってきます。

 

ただの物理的な鍵ならば、実は無くすことについてそれほど問題は無かったりします。

 

本キーが無事ならそこからスペアキーを作れば言いだけの話ですから、若干のセキュリティ上の問題はありますが特に問題にならないケースがほとんどです。

 

ただ、電子キーの場合は減額も覚悟する必要があります。

 

というのも、電子キーは気前良くスペアキーを作ることが難しいからです。

 

物理的な鍵ならば、本キーからスペアキーを複製すればよいのですが、この場合には業者に依頼するかディーラーでスペアキーを作ってもらうほかありませんね。

 

特にイモビライザーなどが搭載されているならば話はさらに複雑になります。

 

セキュリティ的にも電子キーでは普通の鍵と違い、近くで解錠を試みることで実際に使えてしまう可能性が飛躍的に高まります。

 

と、ここまで厳しい話をしましたが、ならば査定額に影響はどの程度なのか?といわれれば実はたいしたことがないケースがほとんどです。

スペアキーの種類によって減額される幅が違う

まずは何の機能もついていない鍵ではスペアキーを紛失してもたいしたことはありません。

 

旧オーナーが意図的に窃盗でもしない限りは、鍵に対応した車を探すだけで大変でしょう。

 

複製するとしてもすぐに行うことができますから、特に問題とされない場合が多いのです。

 

次にイモビライザー付の鍵です。

 

イモビライザー付の鍵は、スペアキーなどでも扉の解錠は出来ても、エンジン始動は鍵内臓のIDと車側のIDが一致しないと出来ないというものです。

 

ちなみに車のエンジン始動が出来ないときにはもっと大事になっているでしょうから、この手の心配はしていませんがイモビライザー付の鍵を無くすと少しお金がかかるので気をつけてください。

 

最後にスマートキーです。

 

私は古い人間なので、これが鍵といえるのか?なんていう感想を持っています。どうみてもただのリモコンですが立派な鍵なのですね。

 

このリモコン鍵をなくしてしまうと、相当に査定減額されることを覚悟してください。

 

セキュリティ上の問題から別の鍵に取り替えるなんていうケースも、車の価格次第ではあるかもしれません。

車を売るときに無くした鍵を新しく用意する必要があるのか?

ここまで説明してきたように実はスペアキーをなくしても査定額への影響は軽微なことが多いですが、鍵の種類によっても異なるものであることはみてきたとおりです。

 

それならば、特に電子キーならば鍵を作り直したほうが査定額に有利なのでしょうか?

 

実際に査定額の減額は上がるでしょうけれども、支出した額を回収することは困難であると考えています。

 

そのため、鍵を作り直して体裁を繕うようなことは必要なく、そのまま査定に出せば結果として最もベスト、またはベターである場合がほとんどです。

 

もちろん鍵が無いよりは有ったほうがよいですが、わざわざ作るほどのものでもありませんし、ただの物理的な鍵なら新オーナーが勝手に作るでしょう。

車買取店の建前と本音

買取業者の立場からすれば今まで言ったことと矛盾しますが、実のところスペアキーなんて無くてもそれほど気にならないのです。

 

車買取店の関心というのは車を仕入れてすぐに転売して儲けることですからね。

 

そこにスペアキーが関わってくることはそれほどありません。

 

となるとなぜ査定額の減額なんていわれるのでしょうか?

 

実は本音を言うと安く仕入れるためなのですね。

 

仕入額が安ければその分だけ利益額が大きくなりますので、車買取業者としてはそれを狙いたいわけです。

 

そのために、例えば最初は高い査定額を言わないで努力しているフリをするなんていうことや、言い方は悪いですが粗探しをして仕入値を安くしているわけです。

 

この後に書いていますが、スペアキーがないことによる防犯上の問題はなぜだかそこまで大きく取り上げられません。

 

つまりスペアキーがないことについてはそれほど、場合によっては全く問題にならないわけです。

 

ケースによっては買い取った車についてスペアキーが無くても全く影響なく車を売るなんてこともあるでしょう。

 

つまり、建前上ではスペアキーがないことについて大変困った問題とするうえで、本音では全くどうでもよく「値引きできる項目が一個増えた!」ぐらいなものなのです。

なぜ鍵の紛失をここまで容認されるのか

ここで不思議なことがありますよね?

 

車の鍵を無くしてもなぜそれほどシビアにならないのか。

 

つまりこういうことです。

 

あなたが家を引っ越すときに合鍵をなくしてしまった場合には、かなりシビアになるはずです。

 

場合によっては次に入る人のために鍵交換費用を請求されるでしょう。

 

普通はこのぐらい当たり前ですよね。

 

でも車はどうかというと実は合鍵を無くしてしまったとしても全然問題にされないのです。

 

もちろんセキュリティー面でいえばかなり大問題でしょうけれども、実際のところは誰も気にしない、新オーナーも気にしないなんていうことがほとんどです。

 

もっと気にしたほうがいいのでは?と思うのですが、鍵をなくした車オーナーからするとありがたいですね。

 

もちろん、途中で書いたように普通の鍵よりも電子キーのほうが車に対して接触を試みる必要が無いわけですからセキュリティ上は危険ですが、はたしてそのようなことをわざわざやる人がいるのかといえば疑問ですから、特に気にする必要はないでしょう。

 

日本は今日も比較的平和ですね^^;

防犯上の問題はなぜかそれほど大きくない

マンションなどでスペアキーがなくなると鍵自体を交換する必要があります。

 

これは住居における資産の保全性と安全性を確保することについて、無くしたスペアキーによる犯罪のリスクが小さくても無視できないためでしょう。

 

逆になぜだか車はそれほど問題になりません。

 

鍵の種類については冒頭にお話したとおりですが、スマートキーなんて近くにいたらすぐに車をどうにかできるのになぜだかあまり問題にされませんね^^;

 

日本の国民性もあるのでしょうけれども、スペアキーを無くした中古車なんて良くありますし、スペアキーとしてもらう鍵がコピーキーだったり、驚きのマスターキーがコピーキーなんていう場合もあります(笑)。

 

これらの車はスペアキーや マスターキーを無くしたものであることを示唆しますが、車を買うときにこれで値引きを受けたかというと全然そんなこともありませんでした。

 

つまり、使う側では鍵がなくなっていたとしても全然気にしないわけですね(笑)。

 

それなのに売るときに減額というのは、お話したような事情があるのです。

車の査定減額される口実に利用される恐れはある

ここまで鍵をなくしても大丈夫ということでお話してきましたがほとんどの場合に問題になるほどではありません。

 

しかしながら気をつけないといけない点がひとつだけあります。

 

それは車買取業者による査定の減額です。

 

「いや、合鍵がないのだから仕方ないのでは?」

 

と思うかもしれませんが、多少影響はありますがそうではないのです。

 

実は、車買取業者はあなたの車を出来る限り安く買いたいと考えています。

 

そのため、あなたが納得してくれる減額項目には積極的にアプローチしてくるでしょう。

 

鍵が無いということはまさにその典型例であり、車買取業者は査定減額を必要以上に行う可能性があります。

 

車の属性や鍵の種類にもよって減額幅は変わってきますが、一つだけいえることは適切な査定額かどうかは判断が難しいということです。

 

これを回避するためには、売ろうと考えている業者以外にも査定をしてもらうことが効果的であり、いわゆるセカンドオピニオンを得るということは重要になってきます。

 

車を高く売るために査定額の比較をすることは多いですが、価格自体が納得できないようなときや妥当なのか判断するときにも役立ちますので、ネットの車査定を活用してください。

鍵だけで車が売れなくなることはないので弱気にならず高く売ろう!

実は鍵がないことについてたいして価値の低下が起こらないことをお話してきましたが、やっぱり無いとしたらそれなりに減額されることは仕方ありません。

 

間違えても「あなた達には関係ないって書いてあったぞ!」なんていわないでくださいね^^;

 

それよりも、スペアキーが無いぐらいで減額されないような環境を作ってください。

 

具体的には、業者間で査定額を競争させることです。

 

こうなると査定額を減額しているような余裕はなくなりますので、多くの業者に査定をしてもらって比較してください。

 

そのときに最も大事なことが、車をすぐ手放せるならその用意をして業者に教えてあげてください。

 

すぐに売ってくれる相手からはどこの業者も車を買いたいと考えますので、多少利益が薄くなっても査定額を上げてきます。

 

こうなったらあなたが大分楽になりますよね。

 

すぐに利益を出せる車が欲しいのにいちいち「スペアキーがないから減額ですね~」なんて言っていられませんからね。

 

なお、書類を用意しておくとすぐに車を売ることについて信頼してもらえます。

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 住所が変わっていたら住民票

 

以上書類を用意すればよいのですが、多くの場合に住民票と印鑑証明書以外はあなたの家と車の中にあります。

 

住民票と印鑑証明書は役所で取得しておきましょう。

 

車を売るなら絶対に必要になりますから、先に用意しておけば車も高く売れるしよいことばかりです。

 

まとめると、スペアキーによる査定額の減額はありますけれども、業者同士の競争があるときにはそんなこと気にしなくなりますので、すぐ車を売ることが出来ると業者に買う理由を与えて競争させてください。

車を売るときには鍵は気にしなくてOK!

ここまでお話してきたようにスペアキーがないからといってそれほど困った自体になることはありません。

 

私が最初に買った車はスペアキーも本キーも無いというとんでもない旧型ホンダシビックでしたが、幸い複製した鍵があったので、それをさらに複製して使ってました。

 

ここまで孫複製までいくと、シリンダーや鍵の調子が悪いときには動きが鈍いときもあり、寒い冬や暑い夏は鍵が回りづらかったこともあります。

 

このようなケースでないならば特に問題になる場合も少なく、本キーが生きているなら車を売る上でそこまで問題にならないでしょう。

 

電子キーの場合には、電子キー作成のための費用は徴収される、つまりは査定減額になるかもしれませんが、それも限定的です。

 

現実的にはセキュリティも気にならないので、フェラーリなどの高級車を除けばその減額は限定的でしょう。

 

そのため、車買取業者の減額項目があまりにも大きいと感じたときはセカンドオピニオンを得るようにしてくださいね。

 

⇒業者間で競争させる査定方法の詳細

 

以上がスペアキーを無くした車を売るときの注意点です。

 

お役立てください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】