車を売る方のために、査定に申し込む前から車を引き渡すまでの手順を説明します。

 

誰でも慣れないことには不安があるでしょう。

 

ただし、こういったときには全体像を知っておくことが大切です。

 

ここでは、「最高額を目指す!」というよりも安く売って損をしないことを前提にしています。

車を売るために必要なことはそれほど多くない

車を売るためには準備をするだけで良いのですが、なにぶん金額がそれなりの資産。

 

うっかりすると損をしてしまうので注意が必要です。

 

書き出せばきりがないのですが、特に重要だと思ったものについてお話してきます。

 

まず、一巡としてはこのようになります。

 

  1. 車出張査定の申込みサービスを利用する
  2. 電話とメールで業者から査定予約連絡を受ける
  3. 書類を用意しておく
  4. 実際に車を査定して見積もりを出してもらう
  5. 車を引き渡す
  6. 買取金額が口座に振り込まれる
  7. 名義変更をしたという通知が送られてくる

 

6番の業者によっては買取金額が即日現金でもらえたりしますが、多くの業者では引き渡しから2営業日後の振込となります。

 

7番についても大手車買取業者では行われていますが、中小の場合は電話やメールでの連絡、もしくは何も起こらない可能性があります。

 

日数をしては最短で即日から3日で車を換金できます。

 

多くの場合には1週間前後で見ればよいでしょう。

 

一巡はこのようになりますが、次に細かい注意点について特に重要だと思うものを確認していきます。

出張査定日時は申込み前に決めておくこと

出張査定の申込みサービスを利用すると、業者から電話が掛かってきますので円滑に行うために先に出張査定の日時を決めておきましょう。

 

1社当たり20分~30分ほどで査定が終わります。

 

なお、業者が帰らないなどの可能性もありますので、多くの場合には複数社からアポイントがあるでしょうから、連続して出張査定予約しておくと良いでしょう。

 

そうすることで、帰らないにしても家に居座ってもやることがないため帰ります。

「実は安く買いたい」業者の特徴を事前に知っておく

車買取業の暗い部分についてもお話しておきます。

 

まず基本的に車買取業者はあなたから車を最安値で買おうとします。

 

この最安値というのはあなたが満足して売ってくれる最低価格ということになります。

 

車買取業者は査定のプロでもありますし、あなたの最低買取価格を聞き出す心理戦のプロでもあります。

 

そのため、普通に交渉すればまずあなたは車を安く買われてしまうので、業者間の査定額の比較をして一切変な交渉に乗らないようにしてください。

 

具体的に変な交渉というのは中身が嘘のことが多いのが特徴で、目的としてはあなたが安い金額で早く契約するために行われます。

 

例を挙げておくので、このような交渉には惑わされずに一番高く査定額を付ける業者に車を売るようにしましょう。

 

  • 「今、私どものお客様でこの車を欲しがっている方がいるので、すぐにいただけるなら査定額を10万円増額します。」
  • 「この車は人気があるのですが、そろそろモデルチェンジを控えているので、明日にでも値段が下がってしまうのですが、今契約してもらったらこのままの金額で買取させていただきます。」
  • 「正直、この車は価値がなく取引もされていませんのでほとんどの業者では有料引取りになります。ただし、幸いにもちょうど引き取りのトラックがあるので、引取り費用を無料に出来ますがいかがですか?」
  • 「車自体は良いのですが、事故をしていることが確認できましたので査定額が半額になります。ただ弊社では海外での取引を行っていますので、そちらも考慮すると75%の金額になりますが契約なさいますか?」

 

このように今契約するとお得です、もしくは今契約しないと損という条件を提示して契約させるのがポイントです。

 

大体は嘘で、後から来る業者と比較すると損であることが分かるので、その場で契約しないようにしましょう。

 

なお、契約した後で後から来る業者のほうが条件がよいことを理由に解約しようとすると高額な違約金を払うような契約になっていることが多いので注意してください。

 

クーリングオフは適用されませんので無条件解約が出来ないという構造になっています。

必要な書類は先に集めておくと良い

書類は先に用意すると業者が積極的に買おうとしてくれます。

 

これによって何が嬉しいかというと、業者同士で争ってくれるのであなたは面倒な交渉をする手間が省けます。

 

正直、車を安く買うことは重要ですが、それと同じぐらい早く車を引き取ることも重要なのです。

 

というのも、車買取業者は引き取った車をすぐに業者オークションで換金します。

 

この業者オークションはほとんどの場合しっかりと換金できますので、ある程度安定した売却市場となります。

 

こういったときに重要なのが早く仕入れることで、その期間が短いほどお金の回転も早くなるので儲かるというわけです。

 

ですので、業者に積極的に査定をしてもらうためにも書類を用意してすぐに引き渡すことが出来る車オーナーであることをアピールしてください。

 

なお、用意する書類は次にあげるものですが、住民票と印鑑証明書以外は車の中か家の中にあるので、これら二つを役所に取得しにいきましょう。

 

どちらも数百円ほどですぐに取得できますが、基本的には平日の昼間しかやっていませんので、家族などに協力してもらってください。

 

これらの書類は車を売るときに確実に必要になりますので、事前にそろえておいたほうが都合がよいです。

 

車を売るときに必要な書類
  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 住所変更していたら住民票

 

どちらが有利?「個別に査定vs一緒に査定」

個別に査定とは、各業者を別々に呼んで査定を聞いてから後で車を売る方法です。

 

対して、一緒に査定とは、全ての業者を同時刻に来てもらって査定額もその場で出してもらう方法です。

 

どちらも一長一短ありますが、時間が節約できるのは当然一緒に査定してもらったほうが良いでしょう。

 

なお、査定を提示してもらう方法は、紙の裏などに査定額を書いて提示してもらう方法が簡単でしょう。

 

ただし、この方法は業者の交渉術が使えないために、安く買うことを考えている業者は来ないケースがあります。

 

「どうせ安く買うのだから良いよ」と思うかもしれませんが、やはり業者の数が多ければ多いほど査定額が上がる可能性がありますので、必ずしも悪いものではありません。

 

一緒に査定を行うのは業者が嫌がることを覚えておいてください。

 

また裏で相談などをされるとあなたが不利になる可能性があるので、必ず最低売却価格に達したときに売るということも付け加えておきましょう。

 

個別に査定を行うことについては、このような相談をされる可能性が減りますので、査定額を吟味して売る相手を決めることが出来ることが利点です。

 

ただし、それぞれで査定を行うことで時間が掛かる点や、業者の交渉のおかげで思いのほか時間と手間を食う可能性があります。

 

そして相談される可能性についても、現在はLINEなどを業者担当者間で共有している可能性もあり、絶対に談合的なものが無いとはいえません。

 

そのため、どちらを選ぶかは掛けられる手間と時間で決めたらよいでしょう。

 

ちなみに、私は「一緒に査定」の方法で行います。

洗車はしなくて良いの?間違えだらけの常識を斬る!

  • 「査定前に洗車しておきましょう」
  • 「車を大切に使っていたことをアピールすると良い」

 

ほとんどの場合には、これらで査定額が変わることはありません。

 

もちろん、話のネタとして査定士はあなたをほめることはありますが、査定額への影響は無いということです。

 

なぜこのようなことになるかといえば、業者オークションの価格が元になって業者がどのぐらい儲けるか、そして経費を差し引いてあなたの車の査定額が決定します。

 

ここで業者オークション評価に車の洗車状況やオーナーが大事に乗っていた項目があるでしょうか?

 

ネットの情報は一般論として汚いよりも綺麗なほうがいいなんていうことを言っていますが、実際のところはそれほど意味のあるものではないのです。

 

あなたがそうしたいということならまだしも、車を高く売りたいから行うというのはナンセンスなのでやらなくて良いでしょう。

 

なお、なぜこのような良く分からない不確実な情報が流通するかといえばホームページのトップで申し上げていますので気になる方は確認してください。

 

⇒車を売る.jp:トップページへ

高く売ろうと意気込まなくてよいが損をしないように気をつける

車を売るならできれば高いほうが良いと考えるのはどなたでもそうですが、それには相応の手間が掛かることが有ります。

 

ですので、どうしてもそうしたい理由がある場合を除けば程ほどの手間で車を売ることになるでしょう。

 

ただ、車というのは金額の高い資産になりますので、売るときには注意しなければいけません。

 

そのため、少なからず損をしないように気をつけることはしてください。

 

ここまで、手順を説明してきましたが車を売るときには、必ずその売値が適切なのか比較したうえで売ることを決めるようにしてください。

 

それほど、車買取店の担当者は容赦ありませんので気をつけてください。

 

以上、お役立てください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】