車買い替えで得をしたいならば車が壊れるまで乗るのがよいでしょう。

 

とはいえ、それが現実的ではないこともわかっています。

 

そこで私は4.5年で車買い替えをすることをオススメしています。

 

なぜ車が壊れるまで乗ったほうがいいのか、また乗り替えは4.5年がよいのかを詳しく見ていきます。

車乗り替えをすればするほど基本的に損をする

車は乗り替えをするたびにかかってくるのは業者の利益分です。

 

車を売買するときには業者がかかわってくるわけで、買うときと売るときには業者の利益をあなたが負担しなければいけません。

 

これは回数をこなせばこなすほど損をすることになりますから、車買い替えは最小であるほうがよいということになります。

 

もちろん、個人売買などで車を売ったり買ったりすればこの利益分を最小化できますが、訴えられるなどのリスクを考えると現実的ではありません。

 

業者の利益が最小になる車買い替えのタイミングというのが車が壊れてしまうことなのですが、実際に壊れるまで乗ることは珍しく、壊れるまで乗る場合も壊れたから買い替える場合ごほとんどです。

 

また、別の考え方では使えないほど故障が多くなるときや修理費用が大きくなるときに乗り替えを考えるのがよいということになります。

 

修理費が大きくなるので、買い替えのほうが安くなるという考え方で、故障率などのリスクも考えると老朽化が車買い替えのタイミングなのかもしれません。

 

このようなことから、古い車をずっと乗る人というのはそれほど多くない現状があります。

 

これら状況を考えると、買い替えを前提にして最も効果的に車を高く売ることが出来る場面を探すことに加えて、車を効果的に利用できる期間というのを考えることになります。

 

以上の要素を考慮したうえでの車買い替えタイミングが4.5年ということになります。

なぜ買い替えは4.5年がベストか?

ここまでみてきたように車買い替えは車故障まで乗ることはできないことに加えて、売却の価格が安くないときに処分するのがベストということで、それが新車購入から4.5年が良いという話しをしてきました。

 

さて、次はこの4.5年というのはどういう基準での年数なのかをみていきたいと思います。

 

多くの車を売る人がどんなときに車処分を検討するか知っていますか?

 

それは車検を通すことが迫ってきたときです。

 

新車から乗っているならば最初は車検取得から3年、次は2年後の5年目ということになります。

 

ここで4.5年というのは5年目の車検が迫ってきたタイミングということになりますね。

 

ここで注目して欲しいのが、多くの人が同じようなタイミングで車を手放すということです。

 

市場というのは、需要と供給の関係で価格設定されるという前提があります。

 

多くの人が車を手放してしまうシーンで売却することは相場が悪くなる状態での処分ということになります。

 

これでは車が安くなってしまうときに売ることになりかねませんので、高く売ることに若干不利になってしまいます。

 

そこで、同じように考える人よりも少しだけ早く売ることで、市場に同じような車が出回ることを避け、多少有利な価格で売ることが可能になります

 

この少しはやめの売却は車検の残りが特別に評価されるというわけではなく、もっぱら市場の都合で早めの処分を推奨しています。

 

つまりは、他に人よりも少し早めに車を売ることで有利な相場で売る抜けられるというです。

 

また、新車から1年以内に取得した人には重要なことですが、フルモデルチェンジを発表する前に売ったほうが有利です。

 

このサイクルは6年から8年で行われているわけですが、その兆しが見える前に売ってしまうのが望ましいということになります。

車買い替えの年数の平均は8年

平均なので、5年で処分する方がいる反面、10年以上保有する方もいるから絶対的に参考になるわけではないですが、現在は8年間車保有をするということです。

 

昔は車の耐久性も低く、パーツの信頼性も低かったために、10年以上前の車といえばスクラップみたいなものでしたが、現在では故障のリスクは多少上がりますが、それでもメンテナンスをしっかりすれば特に問題なく走る場合が多いです。

 

とはいえ、それ付近の車検のタイミングは7年・9年・11年目ということを考えると8年というのはやはり平均的な数字で、5年か7年で手放す人がいる反面、壊れるまで車を保有するという人がいての平均なんじゃないかと思っています。

 

つまりは、車保有の期間は二極化しているといえ、3年や5年で手放す方も多い反面、10年以上長く乗る方も増えていることがこのような数字に落ち着いているのではないかと思います。

 

平均8年車保有をすることは、車の耐久性や信頼性の向上によるものであるとともに、それに伴うライフスタイルの変化であると判断しています。

車検よりも少し前に処分することが大切

ここまで説明してきたように車が壊れるまで乗らないタイミングで一番買い替えで得なのはどこか?ということでいえば4.5年です。

 

その理由は次の3つになります。

 

  • 車購入したことでの利用価値を考えるといくらか使うべきであること
  • 車検付近を車を手放すと多くの方と同様の行動をとり市場的に不利であること
  • フルモデルチェンジの周期が6年から8年で大きく相場が下がるイベントを避けること

 

もちろん、どこで車を売っても高く売ることが出来るならば別によいのですがそうではありません。

 

そのため、上記3つの理由より私が推奨する車買い替えのタイミングは4.5年ということになります。

 

車自体は長く乗ったほうが有利であるというのは変わりませんが、古い車はメンテナンスコストがかかることに加えて、故障のリスクが伴います。

 

エンジンが始動しなくて困るということもありますが、一番最悪なのは死亡リスクにつながるような故障で、生活に車が必要になってしまった現代ではこれも仕方が無いことですが、それでもリスクはコントロールできます。

 

リスクやメンテナンスコスト、または早期乗り換えでの業者に払う利益も考えると、ほどほどに使えてほどほどの買取査定額も期待できる4.5年という期間が、車の乗り換えタイミングとしてはちょうどよいと考えていますので、参考にしてみてください。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名ですが、この情報は全体の3割しか掲載できていません。

とはいえ、これは仕方ないことで掲載面にも限りがありますし、業界利益の保全も考えると素人の方に全てを見せるわけにはいかないのです。

ただ、希望する条件にあった情報だけであれば見せることも可能ですから、残り7割の情報も知りたいという方は続きを確認してください。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】