車買い替えで得をしたいならば車が壊れるまで乗るのがよいでしょう。

 

とはいえ、それが現実的ではないこともわかっています。

 

そこで私は4.5年で車買い替えをすることをオススメしています。

 

なぜ車が壊れるまで乗ったほうがいいのか、次点で乗り換えは4.5年がよいのかを詳しく見ていきます。

車乗り換えをすればするほど基本的に損をする

車を売買するときには業者がかかわってくるわけで、買うときと売るときには業者の利益をあなたが負担しなければいけません。

 

これは回数をこなせばこなすほど損をすることになりますから、車買い替えは最小であるほうがよいということになります。

 

それが最小になるタイミングというのが車が壊れてしまうこと、もう少し具体的にいうと使えないほど故障が多くなるときや修理費用が大きくなるときに乗り換えを考えるのがよいということになります。

 

ただ、古い車をずっと乗る人というのはそれほど多くない現状があります。

 

そのような状況を考えると、買い替えを前提にして最も効果的に車を高く売ることが出来る場面、また買ったからには利用しないともったいないです。

 

そのほかの要素を考慮したうえでの車買い替えタイミングが4.5年ということになります。

なぜ4.5年がベストなのか?

多くの車を売る人がどんなときに車処分を検討するか知っていますか?

 

それは車検が迫ってきたときです。

 

新車から乗っているならば最初は車検取得から3年、次は2年後の5年目ということになります。

 

ここで注意して欲しいのが、多くの人が同じようなタイミングで車を手放すということです。

 

市場というのは、需要と供給の関係で価格設定されるという前提があります。

 

これを考えると多くの人が車を手放してしまうシーンで売却することは相場が悪くなる状態での処分ということになります。

 

車検の残りが有効に評価されてというわけではなく、もっぱら市場の都合で早めの処分を推奨しているということになります。

 

つまりは、他に人よりも少しはやめに車を売ることで有利な相場で売る抜けられるということになります。

 

これは新車から1年以内に取得した人には重要なことですが、フルモデルチェンジを発表する前に売ったほうが有利です。

 

このサイクルは6年から8年で行われているわけですが、その兆しが見える前に売ってしまうのが望ましいということになります。

車買い替えの年数の平均は8年

平均なので、5年で処分する方がいる反面、10年以上保有する方もいるから絶対的に参考になるわけではないですが、現在は8年間車保有をするということです。

 

とはいえ、それ付近の車検のタイミングは7年・9年・11年目ということを考えると8年というのはやはり平均的な数字で、5年か7年で手放す人がいる反面、壊れるまで車を保有するという人がいての平均なんじゃないかと思っています。

車検よりも少し前に処分することが大切

ここまで説明してきたように車が壊れるまで乗らないタイミングで一番買い替えで得なのはどこか?ということでいえば4.5年です。

 

その理由は次の3つになります。

 

  • 車購入したことでの利用価値を考えるといくらか使うべきであること
  • 車検付近を車を手放すと多くの方と同様の行動をとり市場的に不利であること
  • フルモデルチェンジの周期が6年から8年で大きく相場が下がるイベントを避けること

 

もちろん、どこで車を売っても高く売ることが出来るならば別によいのですが、私が推奨するのはこれら3つの理由から4.5年ということになります。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】