最近、新車の値引き方法として新古車を探す動きがありますが、まだまだどこで探したらよいのか分からないことも多いです。

 

こちらでは新古車について次の3つが分かります。

 

  • 新古車の探し方
  • 新古車は値引きできるのか
  • 新古車のメリット・デメリット

 

では、さっそく新古車をどこで買えるのかをみていきましょう!

新古車探しは新古車販売専門店

新古車といえばディーラーで余った在庫のようなものを買うのが一般的でしたが、最近は新古車販売の専門店が出てきています。

 

そのため、新古車を探すときに新車の値引きで最後の一声という交渉をしなくてもよくなったのです!

 

したがって、新古車探しについては新古車販売の専門店で購入することが一番良いということになります。

 

ただし、もちろん新古車販売店では全国区での販売をしていますが、それでも新古車は数が少ないので好みの車を購入するのは大変です。

 

近所に新古車販売店があってさらに好みの車が見つかればよいのですが、そうでないならばネットの新古車探しサービスを使うことをおすすめします。

 

⇒ネットで新古車探しをする方はこちら【無料】

 

上のサービスは条件に合った中古車情報を無料であなたに届けてくれるサービスなので、その検索条件を新古車にすればよいわけです。

 

これが優れている理由はなんといっても流通前の中古車情報を教えてもらえることで中古車情報を普通に調べるよりも多く得られることです。

 

あまり知られていないことですが、中古車は流通前の情報が全体の7割、一般に出ている情報が3割と言われていますから、つまり一般の人は3割の中で車を探しているということになります。

 

このことからも数の少ない新古車を探すことに役立つ理由が分かりますよね。

 

もしあなたが新古車で車種・グレード・車体色など好みの条件であったり、少しでも条件が良い車が欲しいと思うならば、どんなサービスか今すぐ確認してみてください。

 

⇒非公開情報も含めて新古車を探してくれるサービス詳細

 

さて、ここまで新古車をどこで探すのかを見てきましたが、新古車の値引きはどうなのでしょうか?

 

次に新古車の値引きについてみていきます。

値引きは可能なのか

基本的に新古車の値引きは難しいと思ってください。

 

というのも、例えばディーラーで買おうとした場合に、新古車は新車の値引き最終段階で出てくるようなものだったわけで、すでに値引きを行った後の結果が新古車だからです。

 

ただし、全く難しいかといえばそんなことはなく、ディーラーや新古車販売店がどうしても売り上げが欲しいという時期に買うことで値引きは可能です。

 

例えば車の売れ行きが悪くなる4月・5月・12月などでは、売り上げを確保するために利益を削ってでも車を売ろうとします。

 

こういったときには新古車を売る販売店も値引きできるような車でないことはわかっているのですが、それでも売り上げが欲しいので値引きをしてくれることがあるのです。

 

基本的にどのディーラーがいつ売り上げが欲しいのかは状況によって変わるものですが、売れ行きが悪くなるのは車が良く売れる後とその前で、もちろんここで新古車を買うならば値引きも期待できるかもしれないと覚えておきましょう。

 

その時期に関して、車が売れるのは1月から3月まで、そして9月あたりに冬ほどではないですが少しだけ売れる状況になっていますので参考にしてください。

 

ちなみに当たり前ですが車が売れる時期の値引きは渋めです。

新車と新古車の違い

新車と新古車の違いは、見方によって変わってきますが、一番の違いは初年度登録できるかできないかによるところです。

 

ということは、新古車は新車ではありませんから中古車であるということになります。

 

ここで新車の価値下落について話していきたいと思いますが、新古車を選ぶ理由として大事なことなのでしっかりと聞いてください。

 

新車は見た目上、ナンバーを付けるだけで2割の価値が落ちます。

 

大事なことなので繰り返しますが、ナンバーを付けるだけで2割も価値が落ちてしまうのです!!

 

これを私は新車プレミアムと呼んでいますが、新車であるという価値は登録して中古車扱いになると、新車プレミアムがなくなって車自体の状態は変わらないのに売りに出しても8割でしか売れません。

 

これってなんだかおかしいことですよね?

 

新車を安く買うということは言葉としておかしいわけですが、この新車プレミアムを取り除いた中古車が新古車ということで、人気が出始めているわけです。

 

新車と新古車について、金額的な大きな違いとしてはこんなところです。

 

しかし、実際に買う人にとっては新古車のメリットとデメリットでみていくほうが望ましいでしょう。

新古車のメリット・デメリット

新古車を買うメリットについては、次の2つがあります。

 

  • 新車プレミアムを払う必要がない
  • すぐに納車できる

 

見てわかるようにせっかちでお金で損をしたくないという方に向いています。

 

逆に新古車のデメリットは3つあります。

 

  • 車が選べない
  • 流通数が少ない
  • 値引きをしにくい

 

車が選べないというのは、当たり前ですが車体色やグレードを選ぶことはできず、あるものを買うという状況でしかありません。

 

さらに流通数が少ないこともあって、希望の車を探すことはさらに困難な状況になるというわけです。

 

そして新古車はもともと値引きされているような車ですので、値引きを引き出すということがとても難しい車になります。

 

そもそも新古車を購入しようと考えている方は、値引き次第で買うというつもりではなく、新古車を買うつもりで来ていますので、新古車販売店としてもわざわざ値引きをする必要もないですからね。

 

ところで新古車の流通数が少ないのは想像できなくもありませんが、なぜ新古車が発生するのかを知っていますか?

新古車が出る理由

普通に考えて新車で売ればよいのに新古車が発生する理由は、ディーラー側の情報など知らないとよくわからないはずです。

 

一般に思いつくのは、新車購入のキャンセルで出る車と考えますが、実際にそのような状況もあっても絶対数としては少ないのです。

 

実は販売店には一定の数、車を売ると報奨金が出るという条件の契約がありますので、そこに到達させるために販売店が自ら車を購入しているケースがあるのです。

 

報奨金が出ないよりも出るほうがよいですし、報奨金でない場合には車の仕入れ値契約などで販売数が少ないと仕入れ値が高くなる、なんてこともあるでしょう。

 

必ずしも利益が得られるというわけではなく、契約上の問題もありますが、いずれにしても販売店には車を登録しなければいけない理由があるために、販売店自ら車を購入するということがあります。

 

これが中古車市場に流れるので新古車が発生するということになります。

 

このことを考えるとまた新古車の値引き交渉材料時点が分かりますね。

 

新車が販売されて販売台数が落ち着いたところで、販売店が自ら車を買いだした後であれば、多少の交渉余地があるということになります。

 

なお、新古車の発生理由についてはここまで話した「新車キャンセル」「販売店が自ら車を登録」以外にも、展示車や試乗車などの理由もあります。

 

ただ、やはり展示車や試乗車などは数自体も少ないですから、新古車で出会うのはそれなりに珍しいケースと言えます。

数が少ないのでネットで探すのが良い

最後に新古車を探すならばネットで見るのがおすすめです。

 

ここまで話してきたようにやはり新古車を探すのは大変で、しかもあなたの条件に合う新古車が見つけるのはほとんど運に近いものがあります。

 

これをインターネットで例えるならば、検索サービスを使わないで特定のウェブサイトを探すようなものです。

 

つまり、インターネットでも検索サービスを使ってウェブサイトを探すわけですから、新古車を探すときも当然検索サービスを使うべきなのです。

 

近所に新古車販売専門店があるとしても、そこだけで情報を仕入れても、希望のグレードはあったけど希望しない車体色であったりと、どこかしらで妥協するのが従来の新古車探しでしたが、現在はインターネットから検索できる時代になったわけです。

 

流通前の非公開情報を見ることができますから、普通の探すより有利ですし、何よりも利用料が無料なので気軽に使えます。

 

もし、あなたが希望する新古車があったり、新車の値引きに行き詰っているとしたら、今すぐネット新古車探しサービスを確認してください。

 

⇒無料で使える新古車を探すネットサービスの詳細

 

以上、「新古車はどこで買う?値引き・探し方・デメリットを解説」でした。

 

お役立ていただければ幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

なびくるバナー