展示車といえば、車販売店に飾ってある車であり、多くの人がドアを開けたり閉めたり、運転席に座ってみたりする車のことです。

 

今回のお話は、この展示車を購入するとなれば値引きが期待できるのですが、そのメリットとデメリットはいかほどなのかということです。

 

新車の値引きは限界までいくと、規定があるのでなかなか難しいですが、それを突破することが可能である展示車は、新車を安く買いたいと考える方にとってはとても良い選択肢でしょう。

 

こちらでは、展示車を購入するときのメリットとデメリットについてお話していきます。

展示車は欠陥品ではない

まず前提ですが、展示車は欠陥品ではありません。

 

確かにいろんな人が座ったり、ハンドルを触ったり、子供にあらされてしまっている印象ですが、それでも車として機能が損なわれることはないでしょう。

 

また、酷い傷があれば、それを修理されている状態で買うことが可能であったり、また傷の分だけさらに値引きという状況を考えるとあながち悪いものではないでしょう。

 

もちろん、傷があるのに何も値引きがなされないならば、それは欠陥品とは別の問題です。

 

このように、展示車だから欠陥があってだから安いということではありません。

 

ちなみに、展示車がナンバー登録されている場合には、厳密には新車ではなくなっているので、その点は知っておくとよいでしょう。

 

新車登録されると新車として販売できないので、特に品質が落ちるわけでもないのに価値が落ちるというのは変な話ですが・・・

 

このことは、新車を安く買うときに展示車以外の選択肢について考えるときに役立ちますので、後にお話しますね。

展示車購入のメリットは値引き

展示車購入の最大のメリットは値引きでしょう。

 

新車は限界以上に値引きをすることが出来ません。

 

規定を超えて値引きを行うならば、上位の決済が必要になり、これが通常の状態ではなかなか難しいために、最後の一押しとして展示車購入を検討するというのが、新車購入で安く買うコツとなります。

 

つまり、展示車を購入するというのは、新車を購入する上で限界を突破した値引きをするための選択肢となり、これが展示車を購入する最大のメリットとなるでしょう。

展示車購入のデメリットは選べないこと

展示車はその場にあるものしか買うことが出来ません。

 

新車を購入するならば、色を選べたりグレードを選べたりと、選択の余地は多くありますが、展示車についてはそれが出来ないのは自明でしょう。

 

そのため、展示車を購入するということは、このような選択について諦めることになるので、これがデメリットとなります。

 

なお、展示車だから確かに傷などはあるでしょうけれども、それが実質的なデメリットにならないことは確認して欲しいところです。

 

なぜならば、展示車として利用されている状況があるから、傷などもついて値引きが可能なので、これは既に値引きという要素で解決されているからです。

 

もし、問題があるとしたら傷の程度が激しいので値引き額と一致していないという状況でしょう。

 

これについては、交渉でなんとかするしかないですし、無理に交渉をするようならば商談はおそらく決裂しますので、あなた側で購入を諦めるか妥協するか選択することになります。

 

いずれにしても、交渉をしないで後になって文句をいうようなことは無いようにしたいものです。

展示車以外の値引き選択肢について

新車を安く買うための方法は何も展示車だけではありません。

 

展示車の他には、新車を安く買う方法について、次の3つが代表されるでしょう。

 

  • キャンセル車
  • 試乗車
  • 未使用車

 

キャンセル車と未使用車はある意味で、同じかもしれませんがケースによっては違う状況もあるので分けて表示しています。

 

キャンセル車というのは、購入するはずだった方が、何かしらの理由でキャンセルしたことにより、登録が済んでしまっているので、新車として販売できない車です。

 

対して、未使用車として代表されるのは、販売店がインセンティブをもらうために、自己購入して中古車オークションなどに流すものです。

 

未使用車が発生する過程としては、普通のユーザーからすると不可解ではありますが、一定数の車を販売した販売店には、インセンティブが支給されるので、自分で購入しても元が取れるのです。

 

試乗車の説明は不要ですよね?

 

このような属性の車は、当然ですが厳密には新車ではありませんが、それほど気にしなければほとんど新車です。

 

試乗車は若干異なる状況もあるかもしれませんが、安く買うことが出来る選択肢としては、同様に考えても差し支えないでしょう。

展示車を安く買うなら交渉はしっかり行うこと

最後に新車を限界を突破して安く買うならば、何かしらする必要があります。

 

ただ展示車が安いから買うというようなことは避けて欲しいのです。

 

そもそも、販売店としては新車を販売したいわけで、はじめから展示車を購入したいという人には、それほど値引きをしない可能性もあります。

 

大切なのは、新車について限界すれすれまで値引きをさせたのちに、展示車ならばさらに値引きは可能か?というような交渉が妥当であるということです。

 

相手も値引きは利益を減らす行為であるために、できる限り温存したいというのは、逆の立場ならば分かってもらえることでしょう。

 

ですから、理由もなく値引きは行わないので、何とかうまく交渉する必要があるということを忘れずに考えるようにしてください。

 

そうでなければ新車を安く買うことは、適当なところで妥協すべきで、限界を突破したい方は展示車などを効果的に交渉に使ってくださいね!

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】