自動車税の納税証明書は紛失してしまうと、法的手続きをすることが難しくなります。

 

例えば車検時にも必要ですし、車を譲渡したときの名義変更手続きにも利用されます。

 

このように、納税証明書を紛失することで車関連の手続きを行うことが出来なくなるわけです。

 

とはいえ、こちらのページを見ている方は紛失してしまってどのように再発行を行うかということについて関心があるでしょうから、こちらではどのように再発行をすれば良いのかについてお話していきます。

納税証明書の再発行に必要なもの・場所

自動車税納税証明書の再発行に必要なものについては次の3点になります。

 

  • 車検証
  • 印鑑
  • 費用(神奈川県の場合では400円)

 

これらを持って地域の陸運支局にいくことで自動車税納税証明書の再発行手続きの依頼します。

軽自動車税納税証明書の場合

軽自動車税の場合には、普通車と異なり管轄が異なります。

 

軽自動車税の納税証明書の再発行手続きは、区市町村役場の納税課で行うことになります。

 

なお、持ち物については普通車同様です。

ディーラーなどで代行してくれる場合もある

現在は、一部の車好き以外は車のメンテナンスについて、業者に委託しているケースがほとんどでしょう。

 

そのような場合においては、ディーラーなどが車検を行うついでに行ってくれる場合があります。

 

もちろん、代行費用がかかったりすることもありますが、自分で行うのは平日に休みが取れなかったり、陸運支局が遠いときにおいて、代行してやってくれるという選択肢があることも知っておいてください。

いずれ必ず再発行しなければいけない

自動車の納税証明書については、車が法的に管理されている資産である以上、いつかは必要になります。

 

つまり、紛失してしまったとして、ずっとそのままに出来ることはほとんどの場合難しいでしょう。

 

そのため、自動車税や軽自動車税の納税証明書は、できる限り早い段階で再発行をしておくことが、いざ車を処分したり譲渡したり、または車検のときにあわてずに済みます。

 

あわせて、納税証明書をただの領収書ぐらいに考えるのではなく、しっかりと保管しなければいけないものであることを、覚えておくようにしましょう。

 

多くの方は、車助手席前のグローブボックス(ポケットのようなものがありますよね?)に、車検証とともに入れておくようにしていると思いますので、忘れずに入れて置くようにしましょう。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】