多くの方は自動車を買ったときには、名義変更手続きを代行すると思います。

 

販売店がやってくれるし、車を買うときには名義変更手続きの代行費用はそれほど大きな額に見えないので、任せてしまうことが多いのでしょう。

 

ただ、個人売買や親戚に車を譲るような場合には、自動車の名義変更を自分でしなければいけません。

 

自動車の名義変更というと普段やらない作業だけに、とても大変なのでは・・・なんて思いますよね?

 

実際には、それほど難しくなく、書類を集めて書類を書いて提出するだけとなっています。

 

ここでは、名義変更手続きについて、費用、時間、やり方と注意点をみていきます。

名義変更で掛かる費用

名義変更で掛かる費用は、主に次の点になります。

 

  • 自動車登録手数料:500円ほど
  • 車庫証明:地域と状況で異なるが2500円前後
  • ナンバープレート番号を変える場合:1500円から4500円
  • 自動車取得税:車体の価値による
  • 自動車重量税や自賠責保険:車検が有る場合は不要

 

古い車で車検が有る場合には、自動車の名義変更手続きは3000円前後の出費になります。

 

他方、新しい車である場合や、車検が無いときには当然に多くのお金が掛かることが予想されます。

 

このように車の状況によって、自動車の名義変更手続きの出費は変わってくるのです。

 

ただ、多くの場合には車検がある車で、それほど新しくない車について名義変更する場合がほとんどですから、こちらではその前提でお話していきます。

 

なお、自動車取得税の計算には、実際に支出した額ではなく、経年からの車価値を計算して算出されるため(取得価額)、想像とは異なる支出となる場合があります。

 

また、自動車取得税については、取得価額が50万円以下では非課税になりますので、古い車の場合には払う必要がないかもしれません。

名義変更手順と掛かる時間

自動車の名義変更手順にあわせてそれぞれの行程がどの程度時間が掛かるのかということを確認してください。

 

なお、ここでは車検がある車ということを前提にお話していますので、車検がない場合には車検を取得する必要があります。

 

この条件下で自動車の名義変更に掛かる時間は、最短で3週間ぐらい、長くて1ヶ月半ほどで、もしかするとそれ以上掛かることもあるかもしれません。

 

書類を集める:1日から1週間

自動車名義変更の必要書類については、後に詳しく解説しますが、面倒であるのは旧所有者の書類も集めないといけない点です。

 

旧所有者とは、名義変更をする前の所有者であり、この人物などが近しい関係にある場合はまだ良いですが、遠隔地であったり普段から接触していない人ならばとても大変です。

 

そのため、書類を集める場合には、旧所有者の協力が必要であり、協力を得られない場合には、上であげた1週間ほどの期間という以上に時間が必要である場合もあります。

 

幸運にも、旧所有者が名義変更手続きについて理解がある人ならば、これらの書類をある程度用意していることも少なくありませんので、そうなった場合には自分側の用意する書類を集めるということで、1日で済む場合があるでしょう。

 

車庫証明書を取得する:2週間前後

自動車の名義変更手続きをする前に車庫証明書を取得する必要があります。

 

車庫証明書を取得するということは、前に説明した書類を集めるということに含まれる概念ですが、期間が掛かることや、書類の提出などを伴うことを考えて、別に記載しています。

 

名義変更申請時に必要とされる車庫証明書は、発行日より一ヶ月以内のものが必要と定められているので、名義変更を行う前に取得するのはもちろん、取得した後も出来る限り早く行う必要があります。

 

陸運支局に書類を提出する:1日

集めた書類を持って陸運支局で自動車の名義変更手続きを行います。

 

申請書を書いたりするなど面倒はありますが、書類を集めるということに比べればそれほど大変ではありません。

 

このように、自動車の名義変更というのは書類を集めることがほとんどであり、手続き自体はただ行って処理するなのです。

 

名義変更に必要な主な書類

次に、名義変更に必要な書類を見て行きます。

 

なお、ここで確認する書類には、陸運支局で必要な自動車取得税・自動車税申告書のような申請書は記載しません。

 

あくまでも事前に用意する必要がある書類と位置づけです。

 

書類については、新所有者、旧所有者の区分で必要になるものがあるので、それについて確認してください。

 

普通車が「登録」という区分であるのに対して、軽自動車は「届出」という区分であり、地域によっては書庫証明書も必要ない場合があるなどの違いがあります。

 

印鑑証明書

自動車の名義変更を行う場合の印鑑証明書は、新所有者と旧所有者のものが必要になります。

 

これについて、発行日より三ヶ月以内のものと定められているので、旧所有者からいつ取得できるか分からない場合には、新所有者の印鑑証明書取得タイミングも考える必要があるでしょう。

 

なお、軽自動車については、印鑑証明書か住民票となっていますので、都合がよいほうを用意すれば良いでしょう。

 

車庫証明書

名義変更の書類集めで時間がかかるのがこの車庫証明書でしょう。

 

警察署に申請を行ってから、実際に車庫があって申請した大きさか確認するために時間が掛かります。

 

そのため、他の書類がすぐ集められるのであれば、最優先で進めたいのがこの車庫証明書の取得でしょう。

 

なお、軽自動車の場合には保管場所届出という手続きであり、現地調査も無いのですぐに済む場合がありますし、さらに地域によってこの手続きが必要ない場合もありまさう。

 

実印(もしくは認印)

普通車の場合には新所有者の実印が必要になります。

 

実印とは、印鑑証明書で登録されている印鑑のことで、印鑑の質は問わないので、数百円で売っている三文判などでも実印登録できます。

 

なお、軽自動車では、届出となりますので認印で問題ありません。

 

自動車検査証(車検証)

名義変更には、車検証が必要になりますが、多くの場合には車のグローブボックス(助手席前のポケット)に入っているはずです。

 

車検がない場合には、車検を取得する必要があり、そのような場合には名義変更まで、多くの時間が掛かりますね。

 

自動車税納税証明書

自動車税を納税したことの証明書、つまりは自動車税納付用紙の払ったときに残った部分をとっておく必要があります。

 

これについては、名義変更以外で車検時に必要であったり、車を売ったりしたときに必要になりますので、自動車税を払ったから捨ててしまうようなことが無いようにしてください。

 

このような状況、つまり紛失してしまったときには、再発行をしなければいけません。

 

自賠責保険証明書

自賠責保険証明書なんてあったか?と思う方は、車検証を確認してみましょう。

 

多くの場合には、車検証とともにグローブボックスの中で発見することが出来るでしょう。

 

自動車リサイクル券

リサイクル券も車検証とともに、見つけることができるはずです。

 

なお、リサイクル券については券自体に価値があるものではなく、再発行も個人がインターネットで確認した内容をプリントアウトすることで行うことが出来ます。

 

委任状

委任状は新所有者のみで自動車の名義変更をするときに必要な書類で、旧所有者が作成する書類になります。

 

そのため、新旧の所有者が同時に名義変更手続きを行う場合に必要な書類ではありません。

 

実印が必要な書類なので、旧所有者には注意して作成するようにしてもらいたい書類ですね。

 

譲渡証明書

譲渡証明書は委任状にあわせて、旧所有者の実印が必要な書類です。

 

「譲渡人印」という項目から分かるかもしれませんが、旧所有者の実印は必要ですが、新所有者の印鑑の捺印は必要ではないので、注意が必要です。

 

ある分には印鑑ぐらい押してもよいではないか!と思ってしまうのは私だけでしょうか^^;

 

心配であれば、旧所有者に2通、譲渡証明書を作ってもらえると確実でしょう。

なぜ名義変更に面倒な手続きが必要か?

名義変更手続きは相当面倒ですよね。

 

なぜ自動車については、このような面倒な手続きが必要なのでしょうか。

 

実は、税金の徴収や車利用について社会的影響が大きいので、誰が所有者なのかを明らかにしておく必要性から、このような面倒な手続きが必要であると考えています。

 

例えば、自動車税については毎年4月1日の所有者または使用者に課税する税金であり、誰に課税すればよいのか分かっておく必要があるでしょう。

 

また、車は犯罪などに利用されるケースも多く、そのとき車が起こした損害が誰に帰属するか分かっておく必要もあります。

 

このことから、車の所有には面倒な名義変更という手続きが必要であり、このような面倒がない昔の時代には他の物品と同様に、所有権があることはものの使用権や支配権があることで済んでいた状況となっています。

名義変更は書類を集めて陸運支局に行くだけ

ここまでみてきて、書類の説明でちょっと面倒かも・・・なんて思ってしまうかもしれませんね。

 

これについて、名義変更を業者に15000円から20000円ほどで代行依頼できるので、それを利用する方も多いでしょう。

 

でも、書類を集めることについては可能なことはやらされるので、何を集めればよいのかという指示が受けられるだけです。

 

そのため、少しでもお金を浮かせたいと考える方や、書類を網羅して集められるという方は業者に頼る必要はありません。

 

業者に代行させるかどうかの判断基準は、平日に半日ほど時間が取れるかどうかというところで考えるとすっきりするでしょう。

 

以上が、自動車の名義変更手続きに関するお話となります。

 

あなたのカーライフにお役立てください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】