テレビショッピングでは、華麗に日常の問題を解決する魅力的なアイテムが売られています。

 

特にアメリカンな現場は私たち日本人の現実から考えると異世界のようで、そんな状況で道具ひとつで解決できるなら欲しくなってしまいのも無理はありません。

 

でも、実際の買ってみて試すとどうにも効果が無いような、もしくはあるような気がするというシーンはありますね。

 

今回、お話するのは一昔前に話題になった「ブリス」という製品です。

 

簡易的なガラスコーティングを簡単に出来るという商品で、鏡のような光沢を主な効果として紹介されていました。

 

実際に使ってみてどうなのかをレビューしていきます。

あなたが見てる中古車情報は3割だけ!
中古車を探すときはカーセンサーやGooを見ますが実はこれ、全体の3割でしかありません。
残りの7割は業者しか見ることはできないのですが、ネットを使うことでその一部を見ることが可能になりました!!
無料ということもあって多くの方に使われていますから、あなたも非公開情報から良い中古車を探しましょう!

7割の非公開情報を見たい方は今すぐ確認!【無料】

ズバット車販売バナー

ブリスは光沢面に効果があるが下地処理が重要

ブリスによって形成される光沢面はかなりの質のものでした。

 

つまり、テレビコマーシャルでいっていた効果はある程度期待できるということです。

 

ただし、これには条件があります。

 

下地処理をしっかりすること、そして光沢の効果を発揮できるボディーカラーであることです。

 

特にワックスやコーティング剤と異なり、下地処理が不十分でもとりあえずなんとかなるということが期待できないため、ある程度洗車技術がある人向けであるといえます。

ブリスがどんなものか簡単に説明

ブリスはフッ素系のポリマーをベースして、ケイ素系ポリマー、ガラス繊維素、セルロース繊維素を配合したものです。

 

最大の特徴はガラス繊維系コート剤の常温硬化を実現した商品で、20分ほどで素人でも出来る作業で驚きの光沢が得られるというものです。

 

ただ、実際は下地作りが重要になってくるので素人が扱えるようなものではないと判断しています。

ブリスの使い方手順

テレビCMのようにブリスの使用手順は超簡単!なわけですが、超難しいのは下地処理ということになります。

 

下地処理については最低限、油膜などを除去するというのが大切になってきます。

 

まあ、つまりは精密に洗車をすることといえば簡単すぎるでしょうか。

 

今回は、下地処理を出来たという前提でお話します。

 

まずは、洗車後の濡れたボディーにブリスを直接ふきつけます。

 

重要なのが濡れていることと、スプレーボトルと振りながら行うことです。

 

その後、スプレーした部分をスポンジで塗り伸ばします。

 

スポンジは目の細かいタイプを利用してください。

 

最後になんと水で洗い流します。

 

最後に高密度の繊維クロスでふきあげて作業は終了ですが、吹き後が気になる方はからぶきしてもいいかもしれません。

 

以上が作業手順になります。

 

確かにこれだけ見ると超簡単ですね^^;

 

実際は下地処理にかなりの質が求められるわけですが・・・

光沢は良いが排水性はたいしたことはない

光沢はとてもすばらしいもので、鏡面仕上げなんていっても過言ではないかもしれません。

 

それに対して撥水性といいますか排水性には難があるように思えました。

 

私の印象だと水キレはどこまでフラットに仕上げられたかというのが影響すると思っています。

 

ですから、スプレーを均等にしてスポンジでしっかりとフラットに伸ばせることが出来るなら、もう少しマシになったかもしれません。

ブリスはDIYが出来るようなちょっと玄人向け

最後に総論になりますが、ちゃんと洗車できないとブリスは効果を発揮できません。

 

ですから、洗車についてある程度の技術を持った人向くの商品なのかもしれませんね。

 

ブリスの効果自体は嘘ではなかったということをもうあげさせていただきます。

 

光沢を発揮できるようなくすんでいないような車をお持ちならぜひ試してみたいと思います。

 

反面、洗車技術が未熟だったり、くすんだようなボディーカラーでは意味がありませんので、ブリスの使用は見送ったほうが良いということになります。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】