車のガラスを雑巾などで拭いて綺麗にするとなると結構大変なシーンはありませよね。

 

何度拭いても汚れが伸びるだけで一向に好転しないなんてケースはよくある話です。

 

ですが、これを簡単に解決できるとしたらあなたは興味がありますか?

 

今回は車の窓ガラスをきれいにする方法を見ていきます。

ガラスがきれいにならない原因は油膜

汚れをきれいにするならその原因を知ることが大切です。

 

車の窓ガラスが汚いと感じるときの多くは油分です。

 

もちろん、外側に付いたものは泥だったりするわけですが、それは水溶性なので拭けば落ちることが多いです。

 

つまり、ここでの話しは水をしぼった雑巾を拭いても落ちないような場合についての話になります。

 

このような油分については油を溶かせる溶剤を利用するのが効果的です。

 

油性ペンを落とすときのことを考えてみてください。

 

アルコールを使って溶かして拭きますよね?それと同じです。

ガラスクリーナーを使うのが手っ取り早い

つまり、油分が溶けるようなものを使えばよいのですが、多くの場合にはガラスクリーナーを利用するのが一般的です。

 

ガラスクリーナーはガラスの油膜について解決するためにあるといっても過言ではなく、先ほどいった泥などの水溶性のものについても効果を発揮するでしょう。

 

でも、いつでもガラスクリーナーがあるとは限りませんから、ここでは家庭にあるもので代用できるという話でします。

家庭なある「酢」でも代用可能

酢を使ってガラスをきれいにすることができます。

 

ガラスクリーナーを利用するのがもっとも望ましいわけですが、いざ車のガラスを掃除するときにないとしたら、酢を使ってください。

 

ガラスクリーナーでも同様ですが、特に酢を使ったときには水拭きしてその後空拭きをするようにしてください。

酸性の溶液を使うときに注意点

最後に注意点ですが、酢は酸性の溶液ですから車の塗装に対して悪影響があります。

 

そのため、拭き残しがないように気をつけるとともに、掃除をするときのも気をつけてください。

 

水溶性の酸は、乾くと濃縮されて薄い酸であっても強酸となって塗装面を侵食してしまいます。

 

同様に、ゴムパーツも酸には弱いので、窓ガラスの下部分のゴムには十分に注意したいところです。

 

せっかく掃除した車のガラスにたいしてべったべたに指紋をつけてしまうのは子供の特権ですが、このようなときにも冷静の対処できるように、窓ガラス専用の使い捨てクロスをグローブボックスにいれておきましょう。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー