あなたはタイヤワックスを利用したことがありますでしょうか。

 

使ったことがある方ならばわかってもらえるでしょうけど、説明どおりにやると思ったよりもうまくいかないことってありませんか?

 

実は説明書どおりにやるとどうしてもうまくいかないことがあります。

 

そう、うまくいかない理由は説明書どおりにやってしまうことなのです!

 

タイヤワックスはただ塗ればよいというものではありません。

 

最近は水性のものも出てきていますので、普通に使ってもそれほど悪い状態にはならないことも多いですが、もしあなたがタイヤワックスを使って満足な結果が出ないならこちらを確認して、どうすればよく使えるのかを確認してください。

タイヤワックスの悲劇とは

タイヤワックスはタイヤを痛める可能性があります。

 

そもそも、タイヤというのは車の機能的なパーツであり、ドレスアップパーツではありません。

 

そもそもタイヤというのはドレスアップするものではないことを考えると、ワックスを塗ってまできれいにするようなものではないのです。

 

ただ、近年はホイールも純正でそれなりのものを装備していることもあって、タイヤが汚いのはあまりよろしくない、ということでタイヤワックスを利用することも増えてきたのかもしれません。

 

さて、タイヤワックスには油性と水性があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

油性のタイヤワックスは、ワックスのもちがよくきれいに見える反面、タイヤ自体に害を及ぼす可能性があります。

 

長く油性のタイヤワックスを使うとタイヤが劣化してしまうために、車の機能を損ねる可能性があるわけです。

 

水性のタイヤワックスは、タイヤ自体に害を及ぼす可能性がない反面、ワックスのもちが悪く油性のものと比べてあまり見栄えがよくありません。

 

わざわざドレスアップすることを考えるとあまり良い選択ではないかもしれませんが、タイヤの劣化を最小限に抑えることができますので、車機能を損なうことが少なくなります。

 

このようにタイヤワックスの悲劇というのは、ドレスアップとタイヤの寿命についてトレードオフの関係にあり、根底にあるのはわざわざタイヤをドレスアップする必要があるのかという点であるため、なかなか解決が難しいところでもあります。

タイヤワックスの付け方

こちらではタイヤワックスの付け方を実際の写真とともに見ていきます。

 

今回選んだのは「PRO STAFF」のMr.ブラックです。

タイヤワックスMr.ブラック

こちらは、水性のタイヤワックスでクリーナーとコーティングができるようなことが記載されていますが、実際にはどうなのかわかりませんので、程よく洗ってからある程度乾いた段階で利用しています。

タイヤワックス使用例3

さらにタイヤワックスには、泡タイプとスプレータイプ、また布タイプや液体タイプがあります。

 

普通の方が使うのは、泡タイプかスプレータイプ、簡易的なもので布タイプであり、業務用では液体タイプがあるといったすみわけです。

 

泡タイプなのでまずはタイヤ全体に泡をつけていきます。

タイヤワックス使用例2

 

泡タイプとスプレータイプでは泡タイプのほうが使いやすいかと思いきや、実はスプレータイプのほうが使いやすいです。

 

特にホイールをきれいに見せたい場合には、意外に飛び散る泡が作業を増やします^^;

 

タイヤワックス使用例1

 

テカテカにならないほどの仕上がりでなかなかよいと思います。

 

最初の写真と比べてみると、タイヤの文字が良く見えていることから、タイヤワックスの効果が分かりますね。

 

泡タイプの嫌なところは使用した後にもあります。

 

タイヤワックス使用例4

 

気にする人とそうでない人で分かれますが、このように使用後に缶にたれてしまうことが多いです。

 

気にしない方は、水性のタイヤワックスなので黒い樹脂部分に塗りたくって使うなんて方もいるかもしれませんね(笑)

タイヤワックスでかっこよく見える基準

まずはどのような程度がかっこいいのか、これを確認するべきでしょう。

 

私が考える一応の基準は出来たばかりのアスファルト舗装面を例に出します。

 

それ以上にテカテカしていたらダサい可能性がありますので注意が必要です。

 

ですから、せっかくタイヤワックスをつけるのですから、つやが出すぎている状態を回避して、かっこよく見せるために調整する方法を確認してもらえたらと思います。

テカテカにならないようにする方法

タイヤワックスでダサくみえてしまうのは、はっきりいって塗りすぎなのが原因なのです。

 

タイヤがテカテカしすぎているとどうしても違和感がありませんか?

 

もしアスファルト路面がテカテカしていたら違和感を感じますよね?それと同じです。

 

ですから、塗りすぎにならないようにすれば良い、自然に見えるようにすることが大切になります。

 

その具体的な方法というのは、縫った後にスポンジで量を調整することです。

タイヤワックススポンジ

「えっ!これだけ?」と思いますが、これだけなのです。

 

無駄についている油を均等にすることで違和感の払拭することが出来るのです。

 

なお、この油取りに利用するものですが、カスが出てしまうものは望ましくないので、クロスを使う場合には注意してください。(通常クロスは白地が多いので黒地のタイヤにカスが付くとダサくなる)

そもそもなぜタイヤワックスをつけるとかっこよいのか

そもそもタイヤは光っているものではありませんので普通の状態で問題ないのですが、タイヤ自体は汚くなるもので、黒地のうえに泥が付くと若干ダサく見えてしまいます。

 

他方、新しい道のアスファルトを走って気持ちがいいと感じる人も少なく無いと思いますが、適度な黒の光沢は新しい、調整されている印象を受けます。

 

整髪していないよりも整髪しているほうが良く見えるのと同じでタイヤにもこれがいえます。

 

まあ、イメージの問題ですのでそれほど気にしないというなら全く必要のないものです。

 

タイヤワックスは元々レザー掃除用のものをタイヤにも使えるということで、拡張していった経緯がありますので、それほど積極的のものではなかったのかもしれませんね。

 

最近はツヤ消しタイプのタイヤワックスも登場

ここまで説明してきたように油量が調整されれば問題ないわけで、無駄に光っているのはあまり望ましいものではないということをいってきましたがどうでしたか。

 

レザー用の調整剤からの派生でタイヤにつけてしまったことを考えるとテカってしまうのは仕方がなかったのかもしれませんね。

 

ですが、出来れば手軽にかっこよくなればよいですよね。

 

このようなことからある意味でようやくタイヤ用のワックスが登場しました。

 

それがつや消しタイプのタイヤワックスです。

 

ということはそもそも、今までのタイヤワックスは本流ではなかったことになります^^;

 

テカテカさせるのが良いという方もいるでしょうから、これは個人の好みになりますが私は断然つや消しをオススメします。

 

あなたが持っているタイヤワックスがテカテカしてしまうならスポンジで量を調整してみてください。

 

以上、あなたのカーライフのお役立てください。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

なびくるバナー