雨が降っているとどうしても車は視界が悪くなります。

 

特に夜間はフロントガラスに水玉が付いて乱反射するので、場合によっては見えないなんてこともあるかもしれません。

 

視界が悪い状態での車運転では事故も多くなり、死亡事故につながることもあるために、いつその状況を作らないとも限りません。

 

今回はそんな車のフロントガラスを視界良好に保つための掃除方法についてお話していきます。

油汚れが残ったフロントガラスは視界が悪い

油があれば撥水しそうですが、都合の悪い撥水になり、余計前が見えにくくなります。

 

あまりにも酷い汚れでは、ワイパーを利用しても視界不良になるために、ワイパーの効果を向上させるためにも、しっかりと汚れを落とす必要があります。

 

そして、フロントガラスで視界不良にさせる原因は油膜にあり、これを効果的に取るならば油膜鳥を利用することになります。

油膜を取ると親水でガラコは撥水

油膜を取ることで親水効果が出るので、フロントガラスに玉状の水滴がなくなります。

 

注意しないのは、フロントガラスに何かしらのコーティングをしているとこれも落としてしまうことがあるので、そういったことには注意しなければいけないでしょう。

 

もっとも、視界が悪い原因が油膜であるならば、すでにそのコーティングは有効でないと考えられるために、掃除することなるわけですが^^;

 

なお、掃除した後にガラコを塗ることで簡易的に撥水コーティングを得られるのですが、適当に汚れだけ落としてその後にガラコを利用しても油膜は取れます。

ミラーの処理はどうする?

ミラーについては基本的に親水処理がオススメで、撥水は風が当たることで玉状の水滴を弾くことが可能ですが、ミラーは風があたらないので見えにくくなるだけです。

 

そのため、ミラーの掃除やメンテナンスでは撥水処理は危険であり、親水処理が望ましいといえます。

 

さらにミラー用のガラコがあり、これは超撥水処理という状況になり、撥水であってもミラーに水が付かないという優れものなのです。

 

いずれの処理にしても、見えづらくならないように注意したいものです。

車内も拭く事が大切

車の外では汚れが付き易いのですが、車の中も油膜汚れは付いています。

 

特にタバコを車内で吸う方は、タバコ汚れがフロントガラスについているので、これもしっかり落とすようにしてください。

 

なお、ガラコは万能そうに見えますが、誤って車内のフロントガラスに塗らないように気をつけてください。

車は油汚れが付き易いの定期的に掃除

車は公道を走行していると、それだけで汚れてしまいますので、定期的に掃除が必要です。

 

特に夜走行で油膜による悪い撥水は視界が悪くなりますので、注意が必要でしょう。

 

定期的に洗車できる方は良いとして、そうでない方や面倒な方は、シートタイプのフロントガラス掃除シートのようなものがありますので、グローブボックスに入れておくと、いざというときに簡単にふき取るだけで掃除できますのでオススメです。

 

視界が悪い状態での運転は、必ず避けるようにして安全安心なドライブを心がけてください!

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー