昔はカードで買うよりも現金で買うと安くなるといいますか優遇されそうな印象が有りました。

 

そのため、ガソリンスタンドでも現金歓迎と書いてある古い店舗は今でも見ることがあります。

 

こういったこともあるので、現金で買うほうが優遇されると思いますよね?

 

でも実際は現金で購入するよりも融資を利用したほうが値引きを引き出せます。

 

こちらでは、車を購入するときに現金で購入することが有利かどうかみていきます。

あなたが見てる中古車情報は3割だけ!
中古車を探すときはカーセンサーやGooを見ますが実はこれ、全体の3割でしかありません。
残りの7割は業者しか見ることはできないのですが、ネットを使うことでその一部を見ることが可能になりました!!
無料ということもあって多くの方に使われていますから、あなたも非公開情報から良い中古車を探しましょう!

7割の非公開情報を見たい方は今すぐ確認!【無料】

ズバット車販売バナー

現金のほうが値引きされそうな気がするが・・・実際は違う

多くの方が考えるのとは違う形になりますが、残念なことに車を買うときには現金で買うことに値引きなどの特典はありません。

 

むしろローンで購入するほうが特典がある場合があり、現金で購入しても値引きの要因にはなりません。

 

なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

 

そのことはディーラーが利益を得られるかどうかという点でみていくと分かりやすいです。

少額でも融資を組むと交渉が有利

ディーラーでは値引きが欲しいなら少しでも良いから借入をしてくれと言われます。

 

これが意味しているのは担当者に課されるノルマがあることや、融資を決めるとディーラーにインセンティブが入るのでしょう。

 

そのため、小額でもよいから融資を組んで欲しいと正直に言われることもあるかもしれません。

 

このように現金よりも融資を組んだほうが有利であるということがわかってもらえたと思います。

 

しかしながら、値引きなんて引き出しても最終的には現金のほうが購入者としてはよいのかもしれません。

 

次にその点をみていきたいと思います。

融資系の値引きは実は無くても全然問題ない?

今までの話に反して、融資系の値引きは期待しなくてもよいかもしれません。

 

というのも、融資をすれば必ず利息が掛かりますから、結局全体的に見るとお金が掛かってしまうので損になる可能性もあるということです。

 

やり方によっては得をする方法もあるでしょうけれども、その計算には複雑で条件も多数あるので無意味でしょう。

 

そのため、確実にお金が掛からないという融資無しというのはそれほど悪いものでは有りません。

 

現金購入は値引きは引き出せないけれど最終的には有利となる場合がある、ローンを使うと値引きは引き出せるけど最終的には利息分だけ多くのお金が必要になる可能性がある。

 

どちらも一長一短ですが、一番悪いのはローンを使って値引き交渉をしないことです。

 

次には一番良い方法をみてみます。

低額融資+残り現金+ディーラーオプションが最良か?

せっかく現金で用意できたのに特典がないなんて・・・と思いますが、まあ利息を払わないだけでもお得ですから値引きがない分良しとしましょう。

 

ただ、これらをミックスすると値引きをうけて出来るだけ利息を払わないというならば、一番安い額で融資をしてディーラーに利益が大きいディーラーオプションに入って、そして残りを現金で・・・なんていうことも出来なくもありません。

 

ただし、一番安い額で融資を受けるというのが、残価設定型クレジットの場合は所有権を留保されて、せっかく車を買ってもあなたのものではなくなりますので、あまり取引とはいえないでしょう。利息もかかりますしね。

 

ですので、現金一括で買えるなら値引きが特に強くなくても利息を払わなくて済むことが値引きぐらいで考えても良いのではないでしょうか。

 

途中でお話しましたが、ディーラーオプションを買うと少し値引きしてもらえるかもしれませんので、買ったときには値引きもお願いしてみてください。

 

以上、車を買うときにお役立てください。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】