車を買うときには、出来れば安く購入したいものです。

 

多くの人にとって、車は不動産の次に高額な買い物ですが、高いものであるからこそ値引き交渉をして得られる対価も大きいこともあります。

 

軽自動車を安くしてほしいといっても全く取り合ってもらえなかったり、値引きはしてもらえるけど本当にこれで安くなったのか判断が難しかったりしませんか?

 

業者としても安くした分だけ利益が小さくなりますから、できれば高く売りたいので値引き交渉をのらりくらりとかわすのは当然ですから、値引きがいかに簡単ではないかが分かります。

 

とはいえ、できれば安くしたいというのは車ユーザーの願いであるはずです。

 

こちらでは軽自動車の賢い買い方についてみていきますので、あなたの購入プランで参考にしてください。

あなたが見てる中古車情報は3割だけ!
中古車を探すときはカーセンサーやGooを見ますが実はこれ、全体の3割でしかありません。
残りの7割は業者しか見ることはできないのですが、ネットを使うことでその一部を見ることが可能になりました!!
無料ということもあって多くの方に使われていますから、あなたも非公開情報から良い中古車を探しましょう!

7割の非公開情報を見たい方は今すぐ確認!【無料】

ズバット車販売バナー

メーカー車種間やディーラー間で比較する

車を安く買うためには、安く買うための理由が必要であり、何も理由なく安くしてほしいといっても、ディーラーでは取り合ってくれないのは当然です。

 

ただ逆に考えてみれば、安くしなければいけない理由を作ってあげることで、値引きを引き出すことができます。

 

そこで、ディーラー間で値引き額を比較交渉することで有利に車値引き交渉を進めることができます。

 

その場合には、各メーカーで似たような車種がありますので、それを引き合いに出して値引きを引き出す点や、同じメーカーでもディーラーによって会社が分かれる場合があります(これは少し複雑なので後に解説があります)ので、この場合も比較交渉可能です。

 

近年人気の大型軽自動車で考えれば、スズキスペーシアで値引き交渉をして、その後ダイハツタントで交渉を、またホンダでN-BOXの値引き交渉して、これを3週ほど繰り返して値引き額を大きくしてから買うということになります。

 

注意点としては、あまりしつこく交渉を行わないことや、同資本元では交渉してはいけないこと、地方と都市では都市のほうが有利なので比較しても意味がないことなどがあげられます。

 

重要なのはいかに値引きをしたら購入するということが伝えられるかということになります。

 

値引き交渉なんて嫌がられるのでは?と思いますが、現在ではこれを当たり前に行われているので、それほど気にすることはありません。

 

次に賢い買い方について詳しくみていきます。

資本元が異なるときには同ディーラー間比較も可能

基本的には同じメーカーの看板を出している販売店同士で比較すると嫌がられますが、資本元が異なるならば全然問題ありません。

 

軽自動車でいうとスズキは同じ地域でも資本元が違うことが多いのです。

 

スズキ○○アリーナ店などで資本元が違うことも確認できますがら、比較対象を増やしたいときには積極的にあたってみましょう。

 

また、うっかり間違えて同じ資本元との競合になってしまったとしても、やらないよりはやったほうがマシですから、うっかり間違えてしまったとしても金銭的な損はありません。

 

購入しようと思えば隣町などで購入してもよいわけですから、値引き交渉を恐れずに行って欲しいと思います。

金利についても比較できるので忘れずに行う

車体価格については交渉できることは当然として、金利についても交渉できることをあなたはご存知ですか?

 

ホンダのように一律で決まっているケースもありますが、それに対して販売店ごとに異なることも多いです。

 

特に5年を超えるようなローンの場合には、金利によって数万円から数十万円ほど支払い金額に差が出ることも珍しくないので、忘れずに金利についても確認するようにしましょう。

 

また、最近流行りの残価設定型クレジットは金利が低くなる反面、据え置きの金額が大きくなりますので、思ったよりも利息が大きくなる可能性があります。

 

金利にあわせて払う利息額での比較のほうが、融資間の比較がしやすいので良く分からない場合には、結局いくら払うのかということを試算してもらいましょう。

中古車の場合には比較交渉ができない

ここまで新車の値引き交渉の話をしてきましたが、中古車の場合にはこのような比較して値引き交渉は出来ません。

 

新車は同条件で、同じような車を比較するからこそできるわけで、そういった文化もあります。

 

それに対して中古車ならば、走行距離や年式など似たものはあっても違う車であって比較が難しいのいうことになります。

 

もちろん、まったく出来ないわけではありませんが、新車購入をするときのようには行えませんので気をつけてください。

 

中古車購入で交渉できるのはもっぱら諸費用などにとどまります。

雑誌などの値引き額は参考程度に利用する

雑誌などでどのぐらい値引きできるかというのは、予想であって確定している内容ではありません。

 

というのも、外部の車情報を取り扱っているライターなどが予想して掲載しているもので、大体はあっているのですが、あれを見せ付けられて交渉されるのを嫌がる販売店も多いのです。

 

ですから、ある程度の目安として雑誌の値引き情報は利用するようにしてください。

 

なお、値引きがどのように起こるかということを端的にいえば、車をより売りやすくするためで、競合との競争であったり人気がないものは値引きが大きくなる可能性があります。

 

つまり、人気があって納期遅れがあるような車では5万円ほどが限界なんていうこともありますので、それも覚悟のうえで購入や交渉するようにしてください。

価格が安めなスズキを軸に比較すると良い

値引き交渉をするならば、価格的に優位なスズキを軸に考えると交渉がスムーズに進みやすいです。

 

もちろん、値引く量で考えたらもっと高い車体価格のメーカーを軸にしたほうがいいのですが、支払い総額で比較するならばスズキがよいということになります。

 

そのため、「スズキでは○万円値引きしてくれた!」というよりも、予算がこれだけなのでどうしても値引きして欲しいという状況で交渉するほうがよいでしょう。

 

関東地方の人ほど値引きを行うことに抵抗があるかもしれませんが、車に関してはある意味で値引き込みの価格設定やマーケティングとなっていますので、気にせず話に出すようにしてみてください。

 

以上、あなたの車選びにお役立てください。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】