車の保険といえば、書面によって事前に購入することで、事故などあったときに補償が受けられるものですが、現在は一日から加入できる保険があることをご存知でしょうか?

 

このため、車を借りたときなどには当然に保険が適用されないような状況も、回避することができますので、車の利用状況を幅広くすることが可能になっています。

 

今回は、この一日から加入できる自動車保険、「ちょいのり保険」についてお話したいと思います。

スマホから500円で加入できる保険

ちょいのり保険は一日からスマホで加入できる保険であり、この商品は東京海上日動のものとなっています。

 

利用シーンについては、保険が受けられないような状況から、保険を購入していない車について、1日だけ購入する場合まで、車利用の範囲を広げてくれるものと思われます。

 

スマホから加入できるというのが利点はありますが、これが制限でもあります。

 

つまり、スマホで個人を識別できるという点においては、スマホでなければいけないということもあるのです。

 

このことによって、スマホで自動車保険を購入できる利便性と制限は表裏一体のものであるということを知っておかねばなりません。

車両補償有りプランなら1500円

500円で購入できる自動車保険には、車両補償プランは付加されていません。

 

車両補償をつけるのであれば、1500円のプランに加入する必要があります。

 

多くの場合、車を借りたときには人身については最も関心が高いですが、それにあわせて借りた車を傷つけないかという心配も大きくありませんか?

 

このような心配事も、車両補償もついている保険プランであれば、合理的に解決することが可能です。

 

ここまで、みてきたところ、ちょいのり保険は特に都市部で生活する人にとって合理的な保険購入方法といえますが、利点ばかりで欠点はあるのでしょうか。

基本的には欠点は無い

おそらく唯一の欠点については、全区間で考えると保険料が高いという点でしょう。

 

なかなかありえることではないですが、1ヶ月1500円プランを購入し続けるとしたら、45000円ほどになりますから、保険料としては高額であると考えられます。

 

つまり、日常的に保険に加入できるならば、そうしたほうが合理的であるのはいうまでもありません。

 

他方、そうでない状況であるからこそ、スポットで自動車保険を購入したいという需要があります。

 

ちょいのり保険はそのような需要を全体的に見ると高い保険料ということでうまく折り合いをつけているのでしょう。

 

ゆえに、普段から車を利用するのに、通常の自動車保険を購入しないで、ちょいのり保険を利用し続けるというようなことが無ければ、スポットで利用できること、またスポット以外にお金がかからないことから、保険販売者、保険購入者ともに合理的な保険商品であるといえるのです。

車を借りるようなときには気軽に利用したい

最後に、近年は特に都市部において車を保有しないでシェアするという状況を見受けるようになっています。

 

例えばマンション側でシェアする車を用意したり、または従来からあるレンタカーというのもありますね。

 

友人や知人から車を借りたり、車を運転することを依頼されるかもしれません。

 

そんなときに、役立つのがこの一日からでも保険購入できるちょいのり保険であり、強制保険以外の無保険状態期間を少しでも減らせることが可能になるでしょう。

 

車は時として大きな被害ももたらしますが、良くも悪くも金銭的な側面で解決することになりますので、人生を台無しにしないためにも方法の知識として一日から加入できる自動車保険があることを覚えておいて欲しいと思います。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】