車を買い替えるときにローンの残金が残っていたときの処理についてお話します。

 

ローンが残っていて車買い替えをするときに、例えば残クレやディーラー系のローンである方は特に見て欲しいと思うのですが、ここでの買い替えは損をしてしまう可能性があるので要注意です。

 

なぜ損をするのか、それを説明していきたいと思います。

下取からの買い替えをすると実は損をしている可能性大

ディーラー系の融資では車買い替えについて相談するのはやはりディーラーであって、同様の場所で車を売って、さらに買うという形になりますね。

 

借り換えなどの処理は一貫して行えることもあって、この面では有利なことです。

 

ただ、金銭的な面でいうとたいていはディーラーの言い値で車を処分することになりますので、かなり安い評価になりやすいのです。

なぜ下取査定だけでは損をするのか?

下取査定の評価方法などについても言及できるのですが、ここでは査定の比較対象がいないことについてお話します。

 

業者にとっては車の仕入れということになりますから、出来る限り評価は低いほうが良いというのが本音です。

 

これは商売の鉄則、安く仕入れて高く売るということを考えると当然のことですね。

 

問題はユーザーにその査定を受け入れるしか選択肢がないことで、業者の言い値によって決まってしまうことも珍しくありません。

 

一般的にどのオーナーも車について高い評価があったほうが良いに決まってますが、ローンが残っていてディーラー系であり、相談した先もディーラーでは比較なんて出来るわけないなんて思います。

 

これが損をする理由ということになります。

 

査定額は比較しなければ安いままですから必ず比較するようにしてください。

 

私ならば買取業者に対しても車査定評価をもらって、下取に出すとしても交渉をします。

 

もしくは買取業者に売ってしまってもよいのです!

他の手段で車処分をしたときのローン精算はこうなる

買取業者に車を処分したとしてもローンの残高は精算することが出来ます。

 

この場合には車買取業者が今あるローンについて一括で返済処理をして、それよりも高く売れればあなたにお金が入り、また買取金額がローンを完済できなければ残額についてローンを組むことになります。

 

ローンの契約によっては、他に売却できないなんていうものもあるかもしれませんが多くの場合には問題ないですし、売らないにしても査定評価を得るのは間違えなく問題ないでしょう。

 

さらに残額が残った際の金利についても考えないといけませんが、下取金額の評価が低いときには多くの場合に買取金額で売ったほうが得であるケースが多いです。

販売店の言いなりにはならないほうが良い

ここまで見てきたように車買い替えのときには販売店だけの下取評価に頼ってはいけません。

 

状況としてはローン残債がある状態で車を買おうとしていると、弱い立場であることも理解できますがそれと車買い替えで金銭的な損をしてしまうことは別次元で考えてください。

 

車取引は多くの人にとっと人生で2番目に高いものといわれているだけにちょっとした判断で損得の額が大きくなります。

 

そのため、確かに立場上や心理上、難しいのかもしれませんが最悪でも下取の見直しが出来るように査定額を調べておくことはオススメします。

 

なお、査定額を調べるならばネットで査定依頼すると手間が省けるので気になる方は詳細を確認してください。

 

⇒下取を見直しで便利なネット申し込み詳細【利用無料】

 

以上、あなたの車選びにお役立てください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】