夏場に暖房をつけるような機会というのは、オーバーヒートしそうなときだけですが、いざ冬場になって付けてみるとどうも異臭がするような気がする経験はありませんか?

 

車の機密性は年々あがってきていますから、臭うならなんとかしたいところですが、あいにく寒いから暖房をつけているので、窓を開けるという選択肢は最終手段でしょう。

 

そしてこの暖房のニオイですが、放っておくことはあまり望ましくないことをあなたはご存知でしょうか?

 

今回はこの車暖房のニオイについて、原因と対策を説明します。

車のニオイの原因は細菌の影響

これは全般的なことですが車のニオイはタバコを除けば細菌が影響していることが多いです。

 

今回の暖房についてもそうですし、シートについた人間のにおいについてもそうです。

 

ですから、車のニオイは細菌によるものですから、人間の呼吸器にとってあまり望ましくない状況となっています。

 

密室である車内ならば、出来るだけ早く対処することが望ましいといえます。

最近の車はエアコンフィルターが付いているケースが多い

嬉しいことにこの対処方法というのは、最近ではそれほど大変でもなくなりました。

 

過去の車では、掃除するのが困難だったエアコン周りでしたが現在ではフィルターを交換すればよいということになります。

 

自分で出来る方は車のグローブボックスに組み込まれているような簡単なものなら挑戦してみましょう。

 

そうでないないならば、ディーラーに相談するのが早いでしょう。

 

室内清掃をしているカー用品店でも大丈夫です。

タバコのニオイをどうにかしたいときの対処法

暖房とは関係ないでずが、夏はそれほど気にならなかったタバコのにおいが冬になったら気になるということはよくあることです。

 

タバコのにおいを根本的に解決するのは難しい問題で、布地のなかにニオイ成分が組み込んでしまっているわけですから、掃除するとなったら大変です。

 

多くの方が芳香剤でなんとかごまかすということが多いようですが、根本的のどうにかしたいならば業者に室内消臭を依頼するほうが良いでしょう。(費用は3万から5万円ほど)

 

これが高いということなら、ある意味で付け焼刃になるかもしれませんが、シートや車の内張りなど車の布地の部分について消臭クリーナーを徹底的に使いましょう。

 

間違えても芳香剤でなんとかするなんていうのはやめたほうが無難で、評判としても悪いですよ^^;

ディーラーかカー用品店に相談するのが最良

素人がDIYで出来ることは限られていますし、能力的にも限界があります。

 

ですから、重要なデートがあるなんていう状況や奥さんにどうにかしなさい!といわれているような状況なら、業者に任せてしまうのが良いでしょう。(なぜか女性がらみなのは車内が臭い苦情は女性から男性に言われるものだから)

 

途中で説明したエアコンフィルターですが、車によってはエアコン部分だけしか影響しないケースもあるので、業者に交換で効果があるのか聞いてみるのが最良です。

 

カビや細菌が関わっていることと、密室であることを考えると人体への影響を考えて異臭がしたら速やかに対処するようにしてくださいね。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】