車を売るときはほとんどの方は業者に売りますが、一部の方は個人売買を利用します。

 

なぜこのようなことをするかといえば、車を高く売るためでしょう。

 

業者が間に入ってしまったら、その分利益が必要なので売値は低くなってしまうでしょう。

 

つまり、間に業者が入ることでかかる中間マージンをカットできるということになります。

 

そのため、個人売買なら間に業者がいないので車オーナーにとっては車を高く売ることができ、車購入者にとっては車を安く買うことが出来るという理想的な方法です。

 

ただし、個人売買は業者に売るよりもリスクが高いことについての認識が必要です。

 

ここでは個人売買、特にメジャーなネットオークションであるヤフーオークションで車を売るときのお話をしていきます。

ヤフーオークションで車の売主が気をつけないといけないこと

車が高く売れるといっても、何かトラブルには巻き込まれたくないはずです。

 

ただ、個人売買ではそのような機会がどうしても多くなります。

 

見方を変えると業者を間に挟むことで、個人が大きなリスクを負担することなく円滑に取引できるので、この取引安定性に対して業者に対してお金を出していると考えることも出来ます。

 

とはいえ、ここでは個人売買で車を高く売るためのお話をしますので、そのリスクを個別に確認すべきでしょう。

 

車を個人売買するときに認識するリスクは大きく3つで次のようになります。

 

  1. 代金の受け取り
  2. 名義変更
  3. 損害賠償をされる

 

どれも個人が負担するには大きなリスクとなり、特に損害賠償に関しては金銭的なものだけでなく手間もかかって大変困ったことになるでしょう。

 

では、次に今あげたそれぞれのリスクについての対処法を確認していきます。

代金の支払いまで書類は留保する

代金は確実に支払われる構造を利用しなければいけません。

 

個人売買でよく問題とされるのはこの代金支払いでしょう。

 

売主は物品を引き渡すまでは立場的に弱くはありませんが、物品を渡してから入金までの間にはとても弱い状態になります。

 

コレを防ぐのは段階的に物品を渡すか、金銭を段階的に受け取るかのいずれかです。

 

物品については車は名義変更をしなければいけませんし、書類がなければ運用が出来ません。(車検証などを車に載せておく義務がある)

 

そのため、取引のカードになるようなものは最後まで留保しておくべきということで、書類は全て終わってから渡すのが望ましいでしょう。

 

ただ、書類も重要な交渉材料になりますが、やはりお金が一番でしょう。

 

次ではお金を分割して支払わせる方法です。

2回に分けて前払いの支払いを受ける

支払いを分ける方法もあります。

 

まず車を引き渡したら売値の半分を、そして書類を渡すときに売値の半分と分割した支払いをする契約にすれば売却代金が回収できないリスクを小さくすることが出来るでしょう。

 

買主はこれを嫌がる方も少なくありませんが、基本的に売主不利であることや代金が回収できない事例があることを説明して了解を得るようにしてください。

 

次に名義変更関連のリスクへの対処法です。

油断してはいけない!名義変更確認で取引終了

名義変更をしないで車に乗っていることは、金銭的には自動車税について、または事故や違反があったときはあなたに連絡が行くことでしょう。

 

そのため、引渡しと同時に一刻も早く名義変更をしてもらうような構造を契約に盛り込んでください。

 

私も個人間でバイクの取引をしたことがありますが、バイクの自動車税がやはり私の元へきました。

 

知人間であったのでそれほど問題にはなりませんでしたが、名義変更をしないというのはそれほど珍しいことではありませんので、名義変更を1週間以内に行って書類のコピーを送るというような構造を作ってください。

 

最後に損害賠償請求をされるリスクです。

 

個人売買の売主が一番気をつけたいのはこのリスクになります。

 

なお、先に概要をいうとよくいう「ノンクレーム・ノンリターン」特約規定が通用しなかった判例があったことから注意が必要と考えています。

買主から損害賠償請求をされる可能性がある

私はこれが一番嫌なリスクだと思います。

 

実は車の売主には買主に対して大きな責任を負っています。

 

買主は売主に対して、売ったものの隠れた欠陥や機能不全のものについては損害賠償をすることが出来る権利があるのです。(売主の瑕疵担保責任:民法566条・570条)

 

インターネットオークションではノンクレームノンリターンなんていう特約をつけることがありますが、それすらも意味がないような強力な買主保護がされています。

 

そのため、私はノンクレームノンリターンを付ける出品者はほとんどだと思いますが、結局損害賠償請求されることもありますので、それが嫌ながら個人売買は選択しないほうが良いというこを申し上げます。

個人売買は高く売ることが出来る反面ハイリスク

以上より、車の個人売買はとてもハイリスクな取引となります。

 

ただし、構造的に考えれば業者を間に挟むよりも高く売れる可能性がありますので、説明した3つのリスクを負っても良い!という方にとっては良い取引になるのではないでしょうか。

 

反面、訴えられる可能性を持ったまま、常に生活するのは嫌だということなら業者に車を売ったほうが精神衛生上よいのではないでしょうか。

 

どちらを取るにしてもリスクを把握したうえでご選択ください。

 

もしあなたがリスクを負いたくないけれども、ほどほどで高く売りたいと考えるならば、査定をネットで依頼して複数業者と査定額を比較交渉すればほどほどに高く売ることが出来ます。

 

気になる方はネット査定詳細を確認してください。

 

⇒ネット査定サービスの詳細はこちら【利用無料】

 

以上が個人売買:特にインターネットで車を売るときのお話です。

 

お役立てください。

なんと素人でも参加可能!
あなたも業者オークションが使えることをご存知ですか?

車を高く売るならば一括査定が一般的ですが、これは業者を呼んで交渉しなければいけませんから手間がかかります。

これは交渉が好きな方ならば良いですが、電話が鳴り止まない、業者とのやり取りが面倒という方には、苦肉の選択となっていることも事実です。

しかし現在では、素人の方でも業者に対してオークションに出品することが可能になりました!

スクリーンを見ながら15分で買取金額も確定するために、面倒な業者との交渉をする必要がありません。また、関わる業者が少なくなるために、一括査定よりも車を高く売ることが期待できます!

実際のオークション状況(開始1秒だけ音が出ます)

もし、あなたが手間をかけずに車を高く売りたいと考えているならば、業者参加のオークション詳細を必ず確認するようにしてください。

⇒あなたがオークションに参加する方法【査定と出品:無料】